2013年12月23日

物は考えようだと思った


 今思うと、今年は間違いなく最大のピンチだった。しかし、上手くリカバリーできたのは、楽天的な性格が功を奏したのかもしれない。そしてまた、意外な結果も伴った。
 
 その1は、糖尿病なうだ。
 先日、保健所の担当者より糖尿病の指導があった。資料で健診経年(5年間)結果一覧を見せられ、記録してみましょうという表にHbA1c値をプロットした。
 表左は、糖尿診療ガイド2013のHbA1c値で、最も高いところにドクロマークがあった。正確には書けないが、僕の数値は一時期そのドクロを超えてしまった。そして今年の数値は、そのドクロマークよりも下がったが、間違いなく糖尿病を発症してしまった。

 意外な結果とは
 まず、のどが渇く・体がだるい・おしっこ多量・水が飲みたい・体が火照る。集中力がないなどは男性の更年期障害だと思い込んでいた。つまり時間が過ぎれば正常に戻ると。 
 ところが、始めて帯状疱疹に罹り抵抗力が落ちたことに気づき、糖尿病を自覚した。それからお薬の投与を開始、食事は糖質制限食にした。その結果、体重は25年前に戻り、中性脂肪も半分になった。

 物は考えようだ。糖尿病なうで、HbA1c値以外の数値はほとんど正常値に戻った。糖尿病の様々な症状も感じなくなった。つまり、生活習慣の改善にもつながり、以前よりも健康になったように感じる。ありがたかったのは、卓球の試合をしても足が攣らなくなったことだ。また、カロリー制限は考えていないが、同時に食事の量も少なくなり、結果的にカロリー制限も行っているのではないかと思った。
 ただし、継続できるかが問題で、最大のポイントは空腹感をどう解消できるかにかかっている。

 その2は、マックプロの購入(中古品)
 とにかく困ってしまった。PCのウォームアップって聞いたことがない。しかし現実にあった。また、作動確認に時間がかかり、それからポインターが張り付いた。そのトラブルの対応のためにメンテナンソフトを試した。それから、OSのカスタムインストール。ついには初期化もした。それでも回復しなかった。おそらくグラフィックボードに不具合が起きていたに違いない。

 実は新しいマックプロを欲しかったが考え直し、同バージョンの機種(中古品)の情報を収集・検討し購入を決断。流石にこの時は悩み、ハードやソフトのサポートや、クライアントにも相談した。 

 意外な結果とは
 まず、マックの不具合のメンテナンスや購入時期は仕事が空いている時に重なった。ほんと不幸中の幸いだった。また、購入したマックプロの元の持ち主は、僕が当時購入した同機種に、グラフィックボードを最新のものに。また、メモリーや内付けハードデスクもチューナップしていてパフォーマンスは2倍程度アップしていた。しかも価格は10分の1程度だった。ラッキーとしか言いようがなかった。

 物は考えようだ。マックプロの(中古品)購入で、こんなにパフォーマンスがアップしたり、気が晴れるとは思わなかった。もしかして、これって、都市鉱山(精製しなくても再利用の山)のリユース版?正にお宝を掘り当てた。
 ただし、問題なのはいつまで正常に作動してくれるかだ。大切に使おう。

 現在はサクサク動いている。1ヶ月前のストレス製造機のことなんか嘘みたいに忘れてしまった。こういうときも楽天的な性格は役に立つ。

 最後に、大変貴重な経験を積んだ。
 糖尿病のHbA1c値はドクロマーク越で、命の危険性があった?それほど体調が良くなかった。
 また、マックについても実は死活問題だった。
 二つのトラブルはもう思い出したくないが、忘れてしまうと何の役にも立たないことになる。

 だから、ほんとうは同じようなトラブルがあった場合、すぐにリカバリーできるように、全く楽しくない内容をブログに書いた。

 とても調子がいいような気もするが、
 バカボンパパが言うように
 「これでいいのだ」

posted by トモ兄 at 18:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック