2014年02月18日

1時間限定ブログ オリンピックには魔物が住んでいるか?


 とにかく忙しくなった。こんな日が来るとは思わなかった。しかし、正にチャンスはピンチと隣り合わせで簡単に崩れてしまう。短期と中期のサイクルの仕事が重なってきた。また、睡眠時間を削って仕事時間に充てていて、疲れがたまり自分自身が混沌とした状態にある。今から1時間限定でブログを書き、ストーンと眠りに落ちることを希望。

 できそうにない仕事でないが、重なってくると交通整理を効率的に行わないと間違いの元になる。確かにオーバーワークになっているが、自分自身で環境を整えるしかない。混沌は自分の中にある。ものは考えよう。この混沌を味方に付けある種のパワーを引きだそう(^_^)/

 日曜のテレビを見ていたら、織田信成さんのコメントになるほどと思った。オリンピックに魔物が住んでいるというが、羽生選手は魔物を自分自身で育ててしまったという主旨のことを言ったそうだ。このコメントには、大きな大会には自分自身ではコントロールできないも魔物を、羽生選手は自分自身の中に飼っていたことを発見した。

 昨日、小原庄助さんじゃないが朝の5時頃お風呂に入っていた。織田信成さんのコメントが気になっていて、魔物について考えた。

 結論は、人やことの中心には混沌が存在していて、この混沌が自分自身の中で、魔物になったり幸運の女神に変換する。つまり、魔物はオリンピックにでなく自分自身のなかで飼っている。左サイドバーに?朗読を楽しもう?がある。ここに、中島敦の『山月記』を載せた。人は猛獣使いだそうだ。猛獣は自分自身の弱い部分だったりする。自分自身を上手く使いこなすことはとても難しいようだ。

 後15分が制限時間。

 混沌には、未完成の「魅」の力と、恐怖の「魅」が存在するそうだ。魅力であれ恐怖であれ、曖昧でドロドロした状態のときが、いちばん力がある。

 自分自身の中で、恐怖の「魅」を育ててしまうと、魔物を飼ってしまうことになる。また、未完成の「魅」を育てると、女神様は微笑む。たぶん。

 そろそろ、時間切れ布団が待っている。
結論は、魔物は誰の中にも混沌として存在する。
できれば、女神様とお友達になろう。
ラベル:混沌 魔物 女神様
posted by トモ兄 at 03:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック