2014年06月09日

今日の俳句読本 蛍袋


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
蛍袋は愁ひの花か上向かず  鈴木真砂女

季題・蛍袋(ほたるぶくろ/キキョウ科の多年草、
つりがねそう、ちょうちんばな、とうろうばなとも)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/


今日の句想/旬感

 まず蛍袋(釣鐘草)をネットで調べてみる

 確かに愁いを感じるが

 きれいな花だなと思った

 また きれいな俳句だが

 センシュアルでもある

 そして 愁ひと上向かずが気になる

 どうしてって聞くと 野暮ね と言われそうだ

 いろいろあるでしょう

 そうすると また聞きたくなる

 こんなのって あり

 勝手に自由に想像してしまった
 
 どんよりとした日 可愛い花に 

 ときめいた

 あぁ 感謝

posted by トモ兄 at 12:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
LIVE 896試合ライブ配信
このサイトは Google Chrome での閲覧を推奨しています。
動画が視聴できない方は Google Chrome をお試しください。