2014年06月27日

今日の俳句読本 雲の峰


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しずかさや湖水の底の雲のみね 小林一茶

季題・雲の峰(くものみね、入道雲)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/


今日の句想/旬感

 僕は 閑さやよりもしずかさやが好きだ

 とても優しく感じる

 それにしても 湖水の底の雲のみねが

 よく見えたものだ

 俳句読本で 水ぐもりっも知った

 静的のものにダイナミックなものが映り込み

 時間が一瞬立ち止まる

 焦点距離が一瞬に移動する

 眼に映るものは 見えないことがある

 晴れた青空に星は輝いている

 湖水の底に雲のみねがあった
 
 僕の瞳には 何が映り込んでいるのだろう 

 特に集中しなくても

 心穏やかにすると 何かが見え隠れ

 そして また夏の風景に戻る

 あぁ 感謝
ラベル:雲の峰
posted by トモ兄 at 09:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
LIVE 896試合ライブ配信
このサイトは Google Chrome での閲覧を推奨しています。
動画が視聴できない方は Google Chrome をお試しください。