2015年04月14日

今日の俳句読本 春眠


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
春眠を孫にふんずけられており  小沢昭一

季題・春眠(春眠の季語は下記の詩から生まれたと
いわれています)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/


今日の句想/旬感

 にこっと 微笑でしまう 面白い

 ほんとは 迷惑だったりするが

 ほんとは そんなことない

  ほんとは どっちだろう
 
 だから 微笑でしまう

 初めてでないかな

 俳句で にこっと微笑んだことは

 あぁ 感謝


「春暁」

春眠不覺曉 處處聞啼鳥 夜来風雨聲 花落知多少 

春眠暁を覚えず  処処啼鳥を聞く 夜来風雨の声 
花落つること知んぬ多少ぞ

孟浩然(もうこうねん/中国唐時代の詩人)

 後ろの本棚で2冊をポイと取り取り出して、春眠で俳句を調べてみた。ついでではもったいないが、拾い読みもした。

 『俳句への道』 高浜虚子著

 赤いマジックが引いてあったところ

 俳句は客観写生に始まり、中頃は主観との交流が色々あって、それからまた終(しま)いには客観写生に戻るという順序を履むのである。


 『俳句はかく解しかく味う』 高浜虚子著

 春眠の俳句を探したがなくて、この句の解釈を読んだ

 ゆ く 春 や あ ま り に 短 き 返 り 事   水 巴

 行春というのは春の末のことで、春を生物に喩え、その春がもう行ってしまうこと。その残された僅かな時間の中に様々な感情が浮かぶ。

 短き返り事とは、その春の終わりの頃にある人に用事があって手紙を出した。どんな用事だったのだろうか。おそらく、つまらない用事でなく、文芸に関することとか、もしくは多少艶味を含んだ情事に関することか。
 だから、手紙には十分に意を尽くし情を籠めて長い文句を書いた。ところが、予期していことに反してあまりにも短い返事だった。

 この句のうちには、春の暮れゆく怨みの上に
 返事のあまりにも短かった怨む意が含まれている。

 達人は、この17文の世界をこん風に解釈した。
 俳句を詠む人も素晴らしいが、解釈する人も素晴らしい。

 僕なりにまとめたが、俳句はこんな風に味うものか。
 巡る巡る春の暮れであっても、切ないものだ。
 
 

posted by トモ兄 at 10:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
LIVE 896試合ライブ配信
このサイトは Google Chrome での閲覧を推奨しています。
動画が視聴できない方は Google Chrome をお試しください。