2015年05月27日

糖尿病(なう)


 昨日、保健師の訪問を受けた。

 足立区の糖尿病(なう)の現状は「23区ワースト1」だそうだ。つまり足立苦_(._.)_ 冗談はさておき、「足立区の健康寿命が都平均よりも約2歳短い」。その原因は、糖尿病(なう)が足立区民の健康寿命を短くしている最大の阻害要因で、「糖尿病に関わる医療費」も23区最多(ワースト1)だそうだ。

 足立区では、糖尿病(なう)の予防と重症化させない取り組みで、保健所による指導と野菜摂取(ベジタベライフ)と野菜を食べることを実践するための「歯と歯肉の健康」づくりを推進している。

 ということで、足立区保健所の保健師の訪問を受け、また3ヶ月後に訪問を受けることになった。この目的は、治療を受けデータと成果を確認すること。(データとは、空腹時の血糖値とHbA1cのこと)

 僕は3年前、最悪の状態で糖尿病の治療をした。その結果、血糖値とHbA1cだけでなく、同時に中性脂肪や体重も激減した。当然だが体調も改善した。
 現状は3年前の最悪の状態よりも遙かに良く健康だが、HbA1cの数値が徐々に増えつつあり、再度治療をすすめられた。

 来週日曜日の足立区春季卓球団体リーグ戦が終わり次第、治療を再開することにした。

 今も元気だが、
 足立区では、糖尿病対策を推進している。
「もっと笑顔、もっと長寿 あだち元気プロジェクト」
https://www.city.adachi.tokyo.jp/kokoro/fukushi-kenko/kenko/diabetes.html
  
 そういえば、3年前こんなことも調べていた。

 〜糖尿病の治療を放置した働き盛りの今〜
このパンフレットは、糖尿病(なう)の人におすすめします。
(恐い内容ですが、身の為になります)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001qjv4.html

糖尿病ホームページへようこそ|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/

ラベル:治療 再開
posted by トモ兄 at 17:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病なう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック