2015年12月07日

じゃあ またね_(._.)_2


 連絡が取れて、どうだったと聞いた。

 やっぱり、欠席裁判のようになって無茶苦茶なことを言われたらしい。そして、◎◎はとんずらしたよ。
 僕は犯罪を犯していないが、よかった。いちいちそんなことを聞いてられない。

 また、ブログを読むように奨めたらしい。

 そこまではよかった。


 ところが、東京で4年後に会おうと提案したが、長崎では毎年長崎で会おうとなったらしい。

 嘘でしょう。忙しいんだって、もしくは、忙しくするんだって。社会的な様々な約束事から、3年後に無罪放免になる予定。
  
 また、忙しい月にあるらしい。
 冗談だけど、仮病使おうかな。

 
 それから、もしブログを読んでくれて、僕が自分大好き人間だと思われると不本意なので、若干の言い訳を

 話しは端折るが、昔パソコン通信時代があって、そのころから通信を始めた。しかし、初心者にありがちなミスをしてしまった。通信にはネチケットがあり、不本意だがネチケットに反する人たちの共犯者になってしまったことがあった。当時全くの無意識だったが不味いことに面白さも感じていた。その反省以来例外はあるが、褒める以外はほとんど他人の事は言わなくなった。なので、自分のことでほんと半分うそ半分とになった。

 また、福岡伸一氏(「動的平衡」)は日記について面白い話しをしている。

 日記(ブログ)を書くことを細胞レベルで考えると、ぼくたちの身体は変わりつつ、かろうじて一定の状態を保っている。つまり不変ではないが、自分自身が自分としてかろうじて一貫性をもているということを記録として、外部に保存していきたいという要求だ。

 僕にとっては「まさか」の日記(ブログ)で、この考え方に納得してしまった。
 
 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
 かろうじて一定の状態を保っている。


 
posted by トモ兄 at 08:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック