2016年01月10日

平成27年度 全日本卓球選手権が明日から始まるよ


名称:天皇杯・皇后杯 平成27年度全日本選手権
  (一般・ジュニアの部)
日程:平成28年1月11日(月・祝)〜17日(日)
会場:東京・東京体育館
   東京体育館
(JR中央・総武線「千駄ヶ谷」駅 下車徒歩1分)
主催:公益財団法人日本卓球協会
主管:東京都卓球連盟

 詳しくは、日本卓球協会の特設サイトで 
全日本卓球
http://japantabletennis.com/zennihon2016/

 今度の全日本卓球選手権の情報を集め始めた。現状では卓球練習(&飲みニケーションも)や長距離移動に制限をかけていて、日常はほぼほぼ仕事のみで、運動も全くやっていない。
 悩みのタネは増え続ける脂肪の貯金をどうやって下ろそうか。それはそれとして、今度の全日本卓球選手権のみどころ情報を調(検索)べ始めた。ところが、(平成27年度 全日本卓球選手権 みどころ)で検索してもなかなかいい情報にアクセスできなかった。

 卓球界はプロ化の準備を進めているらしいが、情報発信面でも考えてもらえば。いずれ問題になってくると思うが、オリンピックイヤーなのに盛り上がりが少ないかも。
 
 所謂ファンといわれる人は、以外にもプレー楽しむ人たちよりも観戦を楽しむ人たちが多かったりする。僕もサッカーをしないが国立で何回か観戦した。昨今のラグビー事情はまさにそうだ。卓球ファンとしては、今やペンホルダーがレッドデータ化していてとても寂しい思いをしているが、それでも水谷隼のプレイには目を奪われる。
 もっと卓球の魅力を伝えるサイトが欲しいように感じることがある。




 そこで当然、卓球王国web卓レポ.comにアクセス。

 卓球王国webの「速報全日本」のコンテンツは有料で購読できることになった。卓球王国のビジネスモデルで、やっぱりな。来る者が来たと思った。

 それでも、WHAT'S NEWで、面白い情報があった。
- - - - - - - - - - - - - - - - -
●TBSラジオ AM954 FM905
●1月10日(日)番組は13:00〜
(卓球トークは14:00〜の予定)
●爆笑問題の日曜サンデー
http://www.tbsradio.jp/nichiyou/
爆笑問題のラジオ番組で卓球トーク
※午後2時から「サンデーマナブくん」テーマは、
 ピンポンイントでマナブ?『 卓球 最前線 』!
 五輪イヤー!注目の若手?世界の動向は?などなど。
 質問&疑問 募集中 ⇒ nichiyou@tbs.co.jp 
- - - - - - - - - - - - - - - - -
●NHK BS1 スポーツ追体験ドキュメント「石川佳純が語るリオへの道」(再放送)
1月10日(日)午後2時〜3時50分
番組HP↓
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2016-01-10&ch=11&eid=10427

※2時からは、石川佳純選手のインタビュー中心の
 ドキュメンタリー番組。 
 リオ五輪に向け、打倒中国を目指す日本女子の特集。
 「石川佳純が語るリオへの道」は再放送
 2時間にもおよぶロングインタビューで、
 打倒中国を目指す、石川選手の戦いの舞台裏を追体験する。
 ロンドンオリンピックの時も石川佳純選手の
 凄まじい舞台裏の話もあった。
 今や間違いなく石川佳純は日本卓球を背負っている。
 卓球ファントしてはただただ感謝と期待!
- - - - - - - - - - - - - - - - -
●NHK BS1 ザ・データマン「0.41秒の攻防“打倒中国”への道」1月10日(日)午後9時〜9時45分
番組HP↓
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2016-01-10&ch=11&eid=10448&f=2687

※9時からは、データの視点で捉えたバラエティレポート
 ザ・データマン「0.41秒の攻防“打倒中国”への道」
 世界トップ3を占める中国勢の女子選手の打った球が
 相手ラケットに到達する平均時間が「0.41秒」で
 日本女子平均より0.05秒短いそうだ。
 中国はスピード卓球で世界を席巻している。
 金メダルを取るためには、この「0.41秒」を
 打ち崩すことが絶対条件だそうだ。その攻略法とは?
- - - - - - - - - - - - - - - - -

 視聴しないと、今度の全日本卓球選手権と関連あるのか分からないが、今年はオリンピックイヤーであることもあり、盛り上がることは間違いない。全日本のみどころは、もちろん誰が優勝するかですが、新たな勢力が生まれリオにつながるかです。やはり、オリンピックイヤーは特別ですね。
 東京体育館で観戦応援できる人は、その瞬間を目撃でき、より大きなよろこびと感動を味わうことができると思います。ほんと贅沢な一瞬でもあります。

 また、卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信するそうです。

 僕は、東京体育館で●男子シングルス(準決勝〜決勝)と●女子シングルス(準決勝〜決勝)を観戦する。
 もしかすると、卓球仲間と再会することがあるかも。あと1週間後、ドキドキ。

 それまでの間の期間は、卓レポ.comのウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)での配信に期待したいと思っています。

 なお、「50歳のアフィリエイト」右サイドバーのチケットぴあをクリックして(平成27年度 全日本卓球選手権大会
icon)のチケットを購入できます。若干の手数料はありますが、クレジットカードで支払い、会場で並ばなくてもお近くのセブンイレブンでチケット(発券)が手に入ります。とても簡単便利で余裕をもって会場へ向かうことをお薦めします。 

※販売期間:2016年1月10日(日) 23:59まで

posted by トモ兄 at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック