2016年02月03日

点滴に自由奪われ開けて春


 今日も早朝出勤。コーヒーを飲みながら、内視鏡検査の案内ハガキを読んだ。
 「点滴に自由奪われ開けて春」何て思ったりもするが、3日間絶食状態になり、手術後、止血剤と栄養剤を交互に点滴される。これって、点滴は谷底に湧いて出る命の泉のようなもので、ぼくは生かされる。これから若干の準備に入る。自覚症状がないので戸惑ってしまうが、できるだけ大人しくしようと思っている。

 今日は修正したラフを朝1で提出し、別件のラフ制作がはじまる。おそらく担当者が昼間取材し、夕方から記事を書き原稿が入り始める。それまでの空き時間を利用し、また別の仕事で、ネットを活用しただひたすら情報収集する。現状5点、あと5点収集。うまくいったらお慰み。それから、役立つ情報に加工できるか検討する。


 昨日久しぶりに「SSM」を検索すると、(surface-to-surface missile)とか(Stress-Strength Model)、(Standard Solar Model)など。
 
 SSM(Soft Systems Methodology)は、検索の2ページ目の頭にあった。10数年前は検索するとトップだったと記憶している。ぼくはSSMの名称程度は知っている。SSMの提唱者はピーター・チェックランド(Peter Checkland)教授で、日本にそのSSMを紹介した人がお二人いる。後から分かることになるが、「コンセプトワーク」という講座を受講した時の教官が、「ソフト・システムズ方法論」の完訳者で日本に紹介した人だった。
 それから、講座終了後、昨日のとある大学のサイトでガイダンスをダウンロードすることになる。

 現在その先生は、AICOS2014(アキバイノベーションカレッジオープンセミナー)の校長役としてご活躍されている。ぼくは1度受講した。ご挨拶に行っときに「どう、面白かった」と聞かれた。かなり先端の話しだったが、ほんと面白かった。その時のこともこのブログにアップした。

 そして、懐かしいついでに、「コンセプトワーク」講座のアシスタント教官をなされていた、先生のお名前を覚えていたので検索。この先生のサイトも発見した。面白いことをなさっているようなので、時間をつくって読んでみようと思っている。

 まずは、仕事をしよう。


posted by トモ兄 at 11:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック