2016年02月04日

今日も早寝早起き、情報収集


 今日の予定は、いつものように印刷入稿がありほぼ整っている。また、明日も印刷入稿があり制作するが、原稿入稿が未だなので、その待ち時間を活用し情報収集する。
 明日の入稿準備にメドがついたら、コピーライターモードに。

 情報収集は、とにかくいろんなサイトに立ち寄りひたすら読み、役立つ情報になるかならないかさっさ判断する。かなり疲れるが、目的に合わないものでも面白いものがある。

 さっさ描いてご紹介(予行練習)。

 下記の図(数字の配列)を見て何だか分かりますか?

電卓とプッシュホン.jpg


 この図が分かってもそれがどうしたですが、
瞬間的に分かった人はたいしたものです。
ぼくが面白く感じたのは、分からなかったこととその理由です。またはその習慣です。

なぜ逆?


 左はプッシュホンの数字の配列
 右は電卓の数字の配列

 携帯と電卓の数字の配列は上下が逆になっています。
電卓の場合は、計算でよく使う使う0や1を手前に配置。
プッシュホンの場合は、開発したAT&T社が採用した配列が現在も慣習として残っているそうです。

 ちなみに、電卓は左手で打つように設計されているといわれていて、親指で(+)、(-)のキーを打つ。
 ではなぜパソコンのテンキーが右側に付いているかというと、キーボードを設計した人は、まさかマウスを飼う?とは思わなかったとか。もしかすると、テンキーは移動か?

 この手の話しはいろいろあり、気付くと面白いかも。


 たまに、イライラすることがある。
 待ち時間の考え方が、随分変わってきたが、
 今日入稿度というのに、明日入稿というのに
 原稿がこない。こういうときにイライラする。

 最近ブラック企業とか残業問題が社会問題化しているが、
 それどころではなくなる。

 そんなときは、気分転換に卓球したりお酒を飲んだり。
 それがいまはできない。

 面白いことがあったので、つづき

海中で、

昆布はいい味だしていますか?


 そんな疑問を持った人がいた。
 旨み成分であるグルタミン酸は、昆布が死んで、細胞膜が壊れないと外に流れでないそうだ。小魚が寄ってくるのは身を隠すために役だったりする。昆布付近にいい味がする訳ではない。たぶん。

陸上で、

昆布と鰹やにぼしはいい味だしています。


 こんな疑問はどうやると浮かぶのだろう。
 羨ましく尊敬してしまう。そして面白い。
 きっと、このひとも陸上でいい味をだしている。
 人も寄ってくる。
posted by トモ兄 at 07:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック