2016年10月01日

やっと目が覚めた


 左サイドバートップの絵をつくった。

 先日、gaccoの「俳句−十七字の世界−」と「今だからこその江戸美術 Edo Visual Culture As We Really Should Know It」の講座を無事修了し修了証をいただいた。とても面白かった。

 「俳句−十七字の世界−」では、松尾芭蕉の俳句で基礎を学んだが、左サイドバートップは小林一茶の句。芭蕉の俳句は素晴らしいと思うが、一茶の庶民的な感覚が好きだ。またなぜか女性がつくった句を好む。

 「今だからこその江戸美術 Edo Visual Culture As We Really Should Know It」は、伊藤若冲展の感想を書こうと思ったことがきっかけだったが、まだ書けていない。どうなることやら。

 この講座で学んだことをこれっきりにすることは、とてももったいな。何とかしたいと考えている。

 やっと目が覚めてきた。

posted by トモ兄 at 12:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック