2016年10月24日

団体戦は大負けしたが、「お負けが」ついた_2

 
 僕にとってすばらしい再会があった。

 試合会場の観客席通路で、マスクをした人に突然声を掛けられた。僕は全く誰だか分からなかった。
 彼が自己紹介した。えぇ!あのN君。まさかの30年ぶりの再会だった。

 在住区で、最初に入った卓球クラブのメンバーでよく練習をした。それから僕は退部し、彼もまた退部した。

 で、どうしたのと尋ねると、僕の話しを聞いてわざわざ会いに来てくれた。ビックリしてしまった。

 先週も秋季団体リーグ戦があり、昔のクラブチームからお願いされ団体戦に出場したらしい。そこで僕のことを聞き懐かしくなったらしい。そして翌週、また体育館に来て僕を探し出した。

>試合会場の観客席通路で、
>マスクをした人に突然声を掛けられた。
>僕は全く誰か分からなかった。
 
 僕らには、共通することが卓球以外にある。
 今度どこかであって、ゆっくり話してみたい。

 彼からメッセージがあり、人生の楽しみが一つ増えた。
 僕もそう感じた。 

 つづく 
 
posted by トモ兄 at 14:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック