2017年06月17日

金曜日は花金、土曜はのんびりと

 金曜日午後1に無事印刷入稿が終了した。最近は印刷入稿が水木金に集中するようになったので、この3日間は慌ただしい。だから、金曜日は何とも言えぬ開放感を味わえる。張り詰めた緊張感は溶けていく。このスケジュールに馴れていないころ、終わった瞬間は放心状態になった。今はそんな病的な症状は全くなくなり、さてこれから何を楽しもうというリラックスした気分になれる。ほんと慣れとは恐ろしいものだ。これで売上げも増えるといいのだが、世の中はそんなに甘くないようだ。
 それでも、僕にとって正に金曜日は花金と言うことになる。
 
 金曜日は、それから夫婦でロマンチック・コメディ1本とSF映画2本を見た。その中でSF映画のバトルシップ(日本公開2012年)は面白かった。後で気がついたが、この3つ作品には宇宙が共通していた。
 プライ・ムビデオで最初に見た映画は『ゴッドファーザー』(日本公開1972年)で、だんだん最近の映画に近づいてきている。また、初めての日本映画で、『60歳のラブレター』(日本公開2009年)と『天国の本屋〜恋火』(日本公開2004年)も見た。

 土曜日は、のんびりとしている。
 予定は、午前中にブログを書いて、午後から仕事。夕方からは、卓球練習&飲みニケーションとなる。

 YouTubeを見ていると、自然と「雨の日の曲」を検索してしまった。
 その結果は

Carpenters - Rainy Days And Mondays


Neil Sedaka - Laughter In The Rain [w/ lyrics]

 
We re all alone 訳詞付 Boz Scaggs

 
Jose Feliciano - Rain [Lyrics]


コ永英明 - レイニーブルー
 

雨音はショパンの調べ 小林麻美 ソニー製BDレコーダーによるハイレゾ化


最後の雨 - 中西保志


ラベル:映画 雨の日の曲
posted by トモ兄 at 13:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック