2017年07月10日

電車DEゴー、清里で卓球合宿_2(後味の良さ)

 始発電車DEゴーの予定だったが、乗り遅れた。なので次ぎの電車まで40分。自由席だったのでホームで待ち、ラッキーなことに新宿から小淵沢まで座れた。
 後で分かるが、この電車には合宿の参加者が指定席に3人いた。また流石に馴れているのか、帰りの指定席も取っていた。
 僕はのんびりしているというか、とにかく目的地に着けば良いぐらいしか思っていなかった。折角の合宿(&一人旅)、のんびりとしたかった。

 その日の朝は4:30に起きていて、普通は7時の電車には遅れない。すでに旅支度も済ませていた。しかし、ゆっくりとブログを書き始めた。朝シャンも。
 かみさんから、大丈夫と問われて「大丈夫だ〜」。着けばいいんだよ。急いでばっかりでは面白味がない。

(中略)


清里高原ロッジ.JPG 鳥のえさ箱.JPG 清泉寮.JPG

 以前、外食産業の仕事を担当していて、味には先味と中味と後味があることを教わった。
 後味とは、たとえば、食事が終わり支払うときに、美味しかったが、ちょっと高かったと思いがあるとする。
 レシートを渡されるとき、食事のときに使っていた洒落た箸置きを和紙に包み、またご縁がありますようにと手渡された。容易に想像できると思うが満足感が増幅する。
 つまり、後味とは、ある行為の最後にできる印象操作のこと。その印象操作は、意図的であっても無意識であっても関係なく、とても幸福な気分にしてくれたり、感謝の念を抱く。

 今回の合宿では、END君に感謝したい。
もしかすると、END君も喜んでくれるかもしれないので、その先を書いてみたい。

 この合宿の話は、こんな風に続く。

 僕とかみさんは、久しぶりに外食をとった。
そのときに、ちょっとだけ盛って話をつくった。お酒は飲まなかったが、メニューに楽しかったお土産話も追加。かみさんは僕の合宿様子を楽しそうに聞き喜んでくれた。

 END君、最高でしょう。
 こんな風に、幸せな気分にしてくれたのは
 きっと、君のせいなのだ(^_^)
posted by トモ兄 at 12:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイ フレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック