2017年10月23日

さて今日は… と思ったが

 忙しい時期を過ぎたので、今日はのんびりと。なので久しぶりに卓球のことを書こう。

 水谷隼の試合を久しぶりに見た。フォアのフォームはコンパクトになり、バックハンドはより強化されていた。しかし、ドイツ勢のボルやオフチャロフはそれ以上に強化されていたように感じた。次のワールドカップは団体戦だそうだ。2017卓球ワールドカップのドイツの強さは運に恵まれていたのか、それとも更なる高みに達したというのか。

 2020年には東京オリンピックが開催される。もし本当の強さだったら、日本にとって中国と供に脅威となる。単純にもっと日本選手が強くなればいいわけだが、そんないい加減なことはいえない。日本選手は見るたびに、現時点でピークのように見える。高い山に登ったが、視線の先にはまた新たな山がそびえ立った。日本選手にとって、あと3年間が光り輝くための貴重な時間となる。男女とも東京の地で日の丸が揚がることを期待したい。

 テレビ東京卓球NEWS 動画を見ながら、観察しようと思ったが、ところが、いつもより仕事の立ち上がりが早い。卓球はまたにしよう。

 当たり前だが、仕事を優先させる。

ラベル:水谷隼
posted by トモ兄 at 17:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。