2017年11月03日

昨日の俳句読本 暮の秋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
風紋をつくる風立ち暮の秋  鈴木 真砂女

風紋(ふうもん/風で砂や雪の上に出来る模様)
季題・暮の秋(くれのあき/秋の夕方ではない、
       秋の終わりの意)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/

昨日の句想/旬感

 今日の俳句読本が 昨日の俳句読本となった

 鈴木 真砂女さんの一句

 久しぶりなので 思いっきり脱線する


 まず 風立ち(ぬ)暮の秋を得たのではないか

 そして 上五で風紋をかぶせた

 おそらく 上五はイメージで中七下五は事実だ 

 イメージと事実をぶつけて

 作者は言葉の化学反応を起こさせ

 鑑賞者の想像力を刺激する


 その化学反応の被害者である ぼくは

 風紋は人のしわであり 風立ちは様々な出来事

 暮の秋は 人生の終盤にさしかかった人生模様
 
 そして 風立ち(ぬ)は

 愛した人のためにも 残りの人生を生きていく


 すると 古い記憶である写真展を思い出した

 山沿いの農家

 おじいちゃんとおばあちゃんの姿が輝いている

 しわだらけの笑顔が美しかった

 そして 意外な写真のキャプションにまいった

 正確におぼえてないが こんな風だった

 一期一会はね みえんごとなるまで

 どっちかが 最後まで見送ってやることばい 

 
 風が出てきた
 そこには 美しい秋の風景が見えた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言「駄目」
だめの一言、七十の禍(わざわい)を遠ざける。
『インドの諺』

だそうだ。ドキッ!
久しぶりなので 思いっきり脱線する
感謝


posted by トモ兄 at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。