2017年12月09日

激動の楽しい1週間かな

 月曜日は、お客さん(友人)と4人で西日暮里で飲んだ。このメンバーは昨年も飲んでいて楽しかった。

 火曜日は、久しぶりに聞く大特急の仕事を受けた。新規の仕事で金曜日が下版。ほんと時間がないが、前回のブログで実は時間があるなんてかいたものだから、大丈夫だと言い聞かせた。ところがその日、もう1本、2時間遅れで大特急の連絡があった。最初の大特急よりも規模は大きく、まずは見積もりを発行。しかし、12月は難しいとコメントも付け加えた。実は、大特急の仕事連絡が逆だったら、当然進めている仕事は逆になっていた。
 この日は、夕方からヘボコーチに行った。珍しく飲みニケーションは諦めた。

 水、木曜日は、レギュラーと大特急の仕事でほぼ貫徹に近かった。やればできるが、若干オーバーワーク気味に。

 金曜日は、午前中に大特急を印刷入稿。午後からはいつものレギュラーを印刷入稿。それから、来週用の仕事で地図を描いたりレイアウトの追加修正も行った。

 そして、夕食後はいつものシネマタイムで「オーケストラ!」を見た。この映画は大当たりでほんと面白かった。いかにも映画だからできる世界で、この映画はまた後日必ず見る。

 アマゾン プライム・ビデオの作品紹介では
 劇場清掃員として働くさえない中年男アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)は、かつてはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者だった。彼は、共産主義時代、“ユダヤ主義者と人民の敵”と称されたユダヤ系の演奏家たち全員の排斥を拒絶し、名声の絶頂期に解雇されたのだった。ある日、清掃中にアンドレイは、1枚のFAXを目にする。それは、演奏を取りやめたサンフランシスコ交響楽団の代わりに、パリのプレイエルに出演するオーケストラを2週間以内に見つけたいという内容だった。その瞬間、彼は、かつての仲間を集めて偽のオーケストラを結成、ボリショイ交響楽団代表としてパリに乗り込むことを思いつく。
 
 土曜日は、7時に地図や構成案を提出。
 今日は、3ミックスダブルス卓球団体戦。こんな忙しい12月に、試合を入れたことは余り覚えていない。とにかく楽しんでこようと思っている。
 今から支度する。

 何もしていないが、今日の幸運を祈る(^_^)
 
posted by トモ兄 at 07:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。