2017年12月17日

娘と孫3人泊まる

 急に決まり、一緒に夕方買い物に行った。帰って孫からクリスマスプレゼントのリクエスト。それからYouTubeで孫二人のリクエストに応える。夕食では娘とスパーリングワインを飲み酔っ払ってしまった。それから...

 朝は、3人目の孫に午前4時頃起こされる。
 娘は別の部屋に寝ていて、かみさんが孫の面倒を見ていた。僕は自分の部屋へ。メールを見るとAdobe Creative Stationのメールがあり、Adobe MAX Japan 2017のアーカイブ映像を見た。

 内容はADOBE VISIONとINSPIRING TALK落合 陽一氏

 ADOBE VISIONは、Adobe Creative Cloudの進化形であるAdobe Senseiの話で、人工知能(AI)と機械学習、さらにアドビの持つ膨大なコンテンツとデータアセットを使用した、デザイナーにとって次世代のデザイン環境のようだ。つまりパラダイムシフトが起こり始めていて、もしそのデザイン環境を気づくことがなかったら、とても不味い。もちろんアプリケーションはAdobeCCだが、バージョンアップするごとに悩まされる。これから起こるパラダイムシフトに対応できるだろうか。個別のバージョンアップでだけでなく、統括されたデザイン環境をデジタルエクスペリエンスとして、実感することができるだろうか。

 また、落合 陽一氏著「魔法の世紀」を購入。公演(動画)をこれまでによく見ていて、その上でINSPIRING TALKも見た。正直な話をすると、計算機自然(デジタルネイチャー)というパラダイムは、よく分かるという感覚ではなく、まだ不思議な感じがする。

 ADOBE VISIONとINSPIRING TALKの共通項は、パラダイムシフトが起こっている。僕はどこまで活用できたり対応できるのだろうか。

 3人目の孫に午前4時頃に起こされて、
 5時頃にそんなことを思った。

 いろんな、きっかけがあるもんだ。 

posted by トモ兄 at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。