2018年02月14日

2月13日、高梨沙羅の銅メダル 各新聞による見出し

 もちろん、高梨沙羅のジャンプをテレビ観戦した。昨日、新聞をネットで検索し、高梨沙羅の銅メダルの記事を読んでみると、さらに感動が大きくなったように感じた。

 高梨沙羅は周囲から絶対女王と呼ばれても、ソチ五輪では2回のジャンプで、不利な追い風に阻まれ4位に終わってしまった。それから4年。自己最長となる11戦連続未勝利の長いトンネルに突入したまま迎えた、リベンジの舞台の平昌五輪。高梨沙羅は、ルンビやアルトハウスら同世代が急成長する中、五輪にピークを持ってくることに集中した。そして、この状況を乗り越えたとき、どれくらいうれしいのかと想像した。

 各新聞社(web)の見出しで作文してみた

 「ソチの悔し涙から」、「4年間も見続けた悪夢」をバネに
 「風の神様を味方に」し、
 平昌で「最後にきて一番いいジャンプ飛べた」
 「やっと届いた日本女子初の銅」は、
 「父にメダル掛けたい」
 また、「メダル持ち恩返し旅」をすることや
 「日本チームでいられて良かった」と思った。
 そして、まだ
 「自分は金メダルを取るような器ではない」と分かった 
 高梨沙羅は、さらなる高みを目指すことを誓う。

yomiuri.co.jp
高梨沙羅「最後にきて一番いいジャンプ飛べた」 
asahi.com
高梨、4年間も見続けた悪夢 自分と向き合い手にした銅
mainichi.jp
銅の高梨さらに高みへ「金を取る器では…」
sankei.com
高梨沙羅、声援を背に雪辱の銅 メダル持ち恩返し旅 ノルディックスキージャンプ女子
hokkaido-np.co.jp
高梨、光るうれし涙 「父にメダル掛けたい」
hochi.co.jp
高梨沙羅、やっと届いた日本女子初の銅「涙止まらない」
nikkansports.com
高梨沙羅が涙の銅「日本チームでいられて良かった」
sanspo.com
沙羅、銅メダル!ソチ悔し涙から4年…歓喜の涙/ジャンプ
tokyo-sports.co.jp
【ジャンプ女子】高梨沙羅 風の神様を味方に快挙の銅メダル

 面白かった記事は、tokyo-sports.co.jp

 高梨沙羅は、昨年10月、日本で最古の風の神様として知られている、奈良・三郷町の龍田大社に参拝し、風難排除という特殊な祈願をし、五輪での風運を祈った。ソチ五輪では最も不利な追い風を受け、強風で知られる平昌のジャンプ台も早くから風の攻略がカギになると見ていた。

 日本人初のメダル獲得の快挙には  
 見えない力も後押ししてくれたのか
 風神の力も味方につけ
 最後にきて一番いいジャンプを飛べた
 ほんと、すばらしいと思った。

 ポジティブに考えると、
 世界一悔しい思いが、一番を叶えるのか。 
 オリンピック選手の凄さを感じた。
posted by トモ兄 at 16:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。