2018年06月24日

久しぶりの出来事

 木曜日、「最近、疲れ気味なぼく」をブログにアップした。内容は、スケジュール項目別時系列表や積み上げ縦棒グラフを継続することによって、何かが見えてくるかもしれないというものだった。しかし、アクセスしてくれる人にとって、あまりにも個人的で、超零細の個人事業のスケジュール項目別積み上げ縦棒グラフを見せられてもしょうがなく、何の参考にもならなくつまらないと思った。ただし、僕にとっては、とても重要でこれからも継続する。しかも、このグラフにもう少し要素を加えようと思っているが、とても面倒になる。そのうちに、できるだけ自動化したいと考えている。

 金曜日、今月の労働時間は平均で約4時間だったが、急に約12時間に跳ね上がった。木・金・土曜日に印刷入稿があり、週末の緊張感やストレスはピークに達した。だから、「今日、疲れ気味なぼく」をよく理解できたというよいも、完全にグロッキーになってしまった。そして、寝ぎわにiPhoneでブログとアクサス解析を見た。1,000を超えていた(らしいが)、100に見え、やっぱり受ける内容じゃなと思いながら、瞬間的に眠りに落ちた。

 そして土曜日、夕食後サッカーワールドカップか映画か迷った。結果的に映画鑑賞を選んだ。
 いつものように、アマゾンのプライム・ビデオにアクセス。基本的に初めて見る映画を選んでいるので、基準は評価の★の多い数を選んでいる。その日の映画は★5、インド映画で『きっと、うまくいく』(3 Idiots)。2009年の公開当時、インド映画歴代興行収入1位を記録した大ヒット映画だったらしい。

 初めてインド映画を見た。ほんと面白かった。僕は映画リストを付けていて、今年になって43本目になる。自分なりの評価も付けていて、初めての★5となった。

 ストーリーは、インドの工科大学の寮を舞台にした青春劇であり、抱腹絶倒のコメディ映画だ。しかし、学歴競争。加熱するインドの教育問題に一石を投じ、真に“今を生きる”ことを問いかける万国普遍のテーマでもあった。もう一度見ようと思っている。ラストシーンの驚きは見てのお楽しみだ。
 この映画はインドで2009年に公開されたが、僕にとっては封切りで、ほんと素晴らしい映画だった。

 「最近、疲れ気味なぼく」であるが、ファイト!なのだ。
 たまには、面白いこともあるよ。

posted by トモ兄 at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。