2018年09月01日

9月のスケジュール感

 8月の大々特訓の週が無事終わった。それだけでなく、明日、在住区の団体戦なのでスケジュール表の準備や受注リスト表もつくり、気持ち的にホットしている。ところが、これまでの5年間のスケジュール表を見るまでもなく、9月は1年間でもっとも忙しい月になる。なので、大々々特訓の月になることは間違いなく、もっと効率的にできる法方を考えた方が身のためになる。9月はほんとそんな月なのだ。

 そこで、役に立つのがスケジュール項目別時間(表)とそのグラフや健康管理表だ。このセットではまだ4ヶ月めだが、僕を客観的に数字で捉えることができる。当然だが最初の目的である「僕の時給」も分り、3ヶ月間の1日平均の制作時間も分かっていて、約4時間10分。(土曜、日曜も含む)

 忙しいと言う割りには労働時間が少ない。なので、おそらく1日平均労働時間は9月に約2時間ぐらいのプラスになると予想している。そして、ヒイ〜ヒイ〜ということになる。

 この1日平均労働時間の少なさは、幾つかの問題を含んでいる。1つ目は、スケジュール表に予定を多く書き込むことによって、安心する心境と同じで、忙しいいと思い込む心境がある種の安心感を与える。もうそろそろ開放してあげないと。
 また、2つ目は、自動化が起こり仕事が早くなっていること。1日平均労働時間は少なくなっているが、量をこなしている。だから、1つ目とは違う理由で忙しく感じている。
 しかし、この自動化は問題を孕んでいることに気付いた。

 自動化とは、仕事を行う場合、手法において様々なことを考え何度も繰り返すことによって、次第に考えなくても自動的に体が動くような状態になること。
 結果的に、リソース(時間、様々な資源)を最小限にし、パフォーマンスを最大化することに役立つが、考えないことが、たまに訳の分からない問題を起こすことがある。
 9月は最も忙しくなり、このたまに起きる問題が多発する可能性がある。この問題はヒューマンエラーで、結果的に他者によって発見され事なきを得るが、仕事の流れ上、とても無駄な工程が増えることになる。改善できれば、リソースを最小限に抑えることができる。

 そうなると、9月のスケジュール項目別時間とそのグラフで、「僕の時給」は上がり、また健康管理表の睡眠時間は、極端に少なくなることはないだろう。あぁ、素晴らしい(^_^)

 練習はできなかったが、9月の第一日曜日に団体戦がある。なんてラッキーなんだろう。

 9月は、こんなスケジュール感なのだ。
 人ごとのようだが、幸運を祈る。

posted by トモ兄 at 12:50| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。