2018年10月27日

明日は 祝笑会or祝勝会?

 明日は卓球の秋季団体戦(入替戦)がある。チームは僕を入れて4名。3名は同年で1人が30台。この4名は、全く一緒に練習したことがなく、年2回の団体戦で顔を合わせ祝笑会を行う仲。

 前回は惜しくも最終戦のラストで負け2位に終わった。今度こそは優勝し3部に昇格したい。間違いなく4人の能力は3部以上の力があるが、問題は体力が若干劣ることだ。
 加えて、年相応の卓球でなく、いい年して学生のころのような卓球をやってしまう。チームの4人は面白いぐらい同パーターンに陥る。リーグ戦の最終戦で1位.2位が決まることが多く、勝負の行方は、以外と体力が残っている方へ有利に働く。

 また、一方でこんなことも感じる。僕らの同年代の卓球仲間で、体調が優れなく試合ができなくなった人を多く知っている。そういう中で、フットワークを使って動き回ってる姿は、命あっての物種(あまり無理をしないようにね)と思ったりもするが、試合でしか経験できない、緊張感や動き回ってポイントを獲得することは醍醐味だったりする。
 また、思った以上にエネルギーを消費してしまい、最悪負けたとしても、まだ無理がきくなという、危なっかしい充実感もあったりもする。

 リソースを最小限に抑え、成果を最大化することは、練習ができていない人には矛盾極まりない。
 僕らは練習を意図的にサボっている訳ではないが、理由はともあれ、結果は練習量に反映されるかも。
 
 しかし、試合は負けるつもりで行っていなし
     何が起きるか分からない。

 さて、明日は祝笑会になるか、祝勝会になるのか 
 ( ^_^)/□★□\(^_^ ) ( ^_^)/□☆□\(^_^ )
 
posted by トモ兄 at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。