2019年02月24日

今日のスケジュールは...

 gacco: ga131
 心理学スパイラルアップー多角的な視点からの接近

 Week3:こころに寄り添う 
 ―臨床心理学からの接近で学んだこと

 人の行動の背景にどういった心理やこころがあるのだろうか。臨床心理学では重要なポイントで、自分自身のこころのあり方から、他者のこころのあり方を推測していくことをメンタライゼーションと呼ぶ。

 こころに寄り添うという講座の導入部で、私は他者の行動について理解ができると思い込んでいた。とことが、実際には自分自身の行動についてより理解ができたように感じる。
 これがメタ認知というのか。

 先ほど書いたブログの書き出しを変え、ここで書いたことをコンパクトにまとめ、この講座にお礼の投稿をしようと書き始めている。たぶん、結びの言葉は、難しかったが「面白かった」と。また、こころによく効く、「読む薬」だったとなる予定だ。

 今日のスケジュールは、「心理学スパイラルアップー多角的な視点からの接近」のディスカッションに投稿。

 それから、かみさんに付き合って地元で買い物。糖尿のくせにといわれながらも、生ワインを必ず買いに行く予定だ。
 前倒しで見積もりの事務仕事。実は文章を書くよりも疲れる。今月はいつもの月末の特訓を前倒しで行うので、若干楽かもしれない。
 あとは、のんびり...

 おそらく、今日も間違いなく早寝する。まだ影響している。
 つくづく、徹夜はもう無理(-_-)zzZ 



こころに寄り添う

こころの友人の気づき


 人の行動の背景にどういった心理やこころがあるのだろうか。臨床心理学では重要なポイントで、自分自身のこころのあり方から、他者のこころのあり方を推測していくことをメンタライゼーションと呼ぶ。だから、私は他者のこころや行動について、理解が深まると思い込んでいたのですが、実際には、私についてより理解ができたように感じます。

 それは、これまで日記を書いたこともなく、文章を書くこともなかった私が、なぜブログを始めてから約10年も継続できたのか。もしかすると、病的なナルシストではないかと疑うこともありました。

 この問題を解くには、アンネ・フランクリンの事例が参考になります。アンネ・フランクリンが置かれた過酷な状況とはほど遠いですが、共通する部分もあります。フリーランスで仕事をしていて、忙しくなると引き籠もり状態になり、極端に会話がなくなります。ストレッサーは、タイトなスケジュールや重なってしまった仕事で、誰にも相談できず、黙々と24時間体制で独り仕事をこなし、とても不安定なストレス状態に定期的に陥ります。
 そこで、ブログ(日記)は、コーピング(ストレスの対処)だと考えました。

 その理由は、ブログにタイトルを付け、しかも本名ではなくハンドル名です。ブログがイマジナリーフレンドになる準備は整っています。想像上の友人は僕のグチをよく聞いてくれます。そして、タイトな仕事が終わるころには、いつの間にか姿を消します。ブログでそんな現象はごく一部の出来事ですが、ブログはコーピングであり、機能的にはイマジナリーフレンドとの通信方法だとも考えるようになりました。

 こころに寄り添う ―臨床心理学からの接近で学んだことは、大人になってもイマジナリーフレンドが存在し、助けられているという気づきです。そして、もう1ついえることは、この問題が解けたときにホットし、私にとって臨床心理学を学ぶことが、こころの「読む薬」だと実感したことです。

 ありがとうございました。とても有意義な学びに感謝いたします。 


posted by トモ兄 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。