2019年03月03日

ウイークエンドは真逆の出来事

 昨日はほんといい卓球練習ができた。火曜日は、自分の練習をほとんどしなくヘボコーチしている。ところが、金曜日は、その真逆で自分自身の練習ができる。飲みニケーションもできる。また、メンバーが変わると話題も変わり面白い。

 練習では、在住区・同年代で最も強いカットマンがいてカット打ちを練習した。とにかくよく切れたカットで、腰と肩が痛くなってしまった。だから、今朝は、腰にシップを貼ることからスタートとなった。彼のカットボールを普通に打てるようになるためには、体全体の強化が必要で、このままだと体が壊れそうだ。スポーツは健康の象徴のようにいわれているが、実は真逆の側面も存在し、注意しないと実はとても危ない。

 やはり強い人と練習すると、様々なことに気付かされる。
 また、ヘボコーチをしていると自分自身のラケットやラバーは気にならないが、自分自身の練習をすると、用具に関してとても繊細になる。問題多発。まずはラバーのROZENAからQ3に貼り替えようと思っている。なので、明日早稲田へ行く予定。

 飲みニケーションでは、意外だったが「村上春樹」と「VLOOKUP 関数」の話がでたことだった。

 「村上春樹」の話題はランニングからだった。その人は、小説を読むことが嫌いだそうだ。「村上春樹」をいいだしながらそれはないどろう。しかし、その感覚はとても分かる。20代後半、デザインスタジオにいたころ、通勤時間が毎日の読書タイムで、なぜだか電車の中で「村上春樹」「村上龍」「沢木耕太郎」を読んでいた。僕も小説を読むことが余り好きでない。しかし、この人たちの小説やルポルタージュは例外で、とても面白かったことを覚えている。現在は通勤時間がないので、読書は気が向けば程度になってしまった。それでも、今日2冊をオーダーする予定。

 まさかExcelの「VLOOKUP 関数」がでるとは思わなかった。前回のブログで1日のスケジュール表を載せたが、この図表はExcelでつくっている。
 ベースは24時間の30分おきに仕切られた表組み。そこにLifeworkとJobのスケジュールを大別しプロットすると、時間が自動的に積算され、右の2つの円グラフに連動している。円グラフは今日のスケジュールの見える化で、感覚的にもチェックすることができる。
 このスケジュールの目的は、もちろんスケジュール管理だが、リソース達成率が重要で、24時間で10%の時間(学習などの時間)を達成できると◎、できない場合は×がでる。「IF関数」はパズルで情報活用の講座で覚えた。

 独立すると、極端なまでの忙しさと暇な時間が共存する。僕にとって、この極端な暇な時間に何をするかが最大の問題点だった。一時期は何もする気がおこらない、忌々しい待ち時間に悩まされた。それが変われば変わるのもで、今は待ち時間をリソースと捉え貴重な時間になっている。何とかして楽しもうと作戦を練っている。

 今から早くも明日のスケジュール表に予定をプロットする。
 平日はほぼ時間をコントロールできないから、各スケジュールが終わる度に、内容とスタートと終了時間をプロットする。ところが、ウイークエンドは真逆で、時間を自分自身で自由にコントロールできる。正にウイークエンドは真逆の出来事となる。
 
posted by トモ兄 at 09:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。