2019年05月18日

一か八かの結果_2

 今朝は5時半に起床した。肩を回すと痛い。ところが、いわゆる五十肩の痛みではなかった。誰もが感じる、久しぶりに練習したときに感じる痛みだ。もう少し肩を回してみて、その痛みにホッとした。

 シップはすぐに貼らないで、朝食後に貼った。現在の時刻は13:30。もう痛みはほとんどない。

 試合までに、ヘボコーチを含んであと4回練習ができる。そんな試合までのスケジュールを考えて、思い切って一か八かの行動に出た。もしまた肩が壊れても、ぎっくり腰のような痛さでないので日常生活には困らない。また、最悪の場合でも5番にエントリーし棄権。最低限の参加人数を満たすので試合を成立させることができる。もしかすると、五十肩が改善するかも。

 次回はシングルスの試合練習をしないと、団体戦では話にならない。情けない話になるが、まずサーブができなく、レシーブもできない。つまり最低限のことができない。そんなことを、一夜漬けのような練習でなんとかする。

 肩の調子は、病院で左右の肩の可動域を計っていて、1回目は左肩に較べて開きが20゜あった。5回目には5゜程度に右肩の可動域が改善した。ただし僕の肩の痛みは、レントゲン写真を見ての説明で、50肩の症状と肩関節の上腕骨の上腕骨頭が少し削れていて、そこが肩甲骨とこすれてしまう症状が重なり痛みがあるそうだ。2回目の五十肩の治療時、1回のヒアルロン酸注射を打ち嘘みたいに痛みはなくなったが、3回目の五十肩の場合は、5回のヒアルロン酸注射を打ったが痛みはなくならなかった。

 つまり、上腕骨頭の削られら部分は改善するのか分からない。だから、いずれまた痛くなる可能性が高い。

 なので、これから何が起こるか分からないので、少ないチャンスを生かしていくしかない。
posted by トモ兄 at 14:25| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。