2019年08月03日

今日も遅番出社

 3:00起床、仕事部屋のすぐ側で仮眠していてほぼそのまま出社。まずは昨日のブログを読んだ。何だが数字に違和感。大雑把だがエクセルでつくっている自分史を覗いて確認すると、(1977年から約10年間、)は、1997年からだった。目を覚ますために書いたつもりのブログは、まだまだ目が覚めていなかった。今日も目覚ましブログを書こうと思ったが、戦意喪失。大人しく、仕事を始めることに。

 まずは15点のカラー写真をモノクロに変換し、トーンやシャープネスを掛け調整。それから制作を始めた。
 
 といいながら、
 4:00には予定通り、ラジオ深夜便で【わが心の人】森瑤子を聴いた。僕は森瑤子さんの小説を読んだことがないが、なぜか、彼女の行きつけのクリニックの話を聞いたことを思いだした。ぼくとは何にも関係ないが。

 ほんと余計な話だが、麻布十番の近くのデザイン事務所に勤めていた頃があって、まだ六本木ヒルズはなかった。
 六本木駅を降りてから、旧テレ朝通りへ。テレ朝を通り過ぎてから左へ曲ると坂がある。先ず右手に録音スタジオがあり、ここから六本木らしくなくなる。すぐ左には、信じられないが金魚の養殖場があった。そして、坂の道なりに小川が流れていた。

 僕が務めていたデザイン事務所は、そこから麻布十番温泉迄の中間アタリに位置し、地下にはカメラマンのスタジオ。1階はヘアーサロン。2階にデザイン事務所があった。

 うろ覚えだが、その途中にいつも白い大型のベンツが駐車してある建物があった。そこはロシア人の先生らしいのだが、クリニックがあった。誰から聞いたのか全く覚えていないが、森瑤子さんの行きつけのクリニックだったらしい。

 僕は約3年間、その坂道を毎日何回も上ったり下ったりを繰り返した。しかし、黒い大きな帽子の女性を見かけた覚えはなかった。単にガセネタだったのだろうか。

 約1時間、そんなことをぼ〜っと思いだしていた。

 そのラジオ番組が終わり次第、仕事を急いだ。

 予定通り朝1?(7時の予定だったが9時)に、ラフ初稿をメールで送った。

 実は、いまブログを書きながら大変な睡魔と戦っている。
 もうすぐ印刷入稿だ。あぁ(-_-)zz☆
 もうひと頑張り。(^_-)-☆ファイト!
posted by トモ兄 at 13:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。