2019年10月21日

耳を傾けてくれた50人を意識して...

 >また、「60歳のファイト」の在り方も考えたい。
 ということで考えている。

 まずはアクセス数の基礎データから。2013年の調査で、ブログの1日平均アクセス数は78%が「50アクセス未満」。アクセス数が500以上あればトップ3%に入るそうだ。僕の今月のアクセス数(seesaaブログのアクセス解析)は、200〜800ぐらい。今月の平均は約300で、トップ6%に入るのだろうか。今度アナリティクスを学習しながら、様々なデータを調べてみようと思っている。おそらく、間違いなくこんなに多くない。

 「60歳のファイト」は、日記で自分のために書いている。これまでにも何回か書いているが、テーマは「サバイバル」で「生き残ること」。ブログは借金返済のための精神安定剤だった。これが本音だ。しかし、いまは少しずつ、ポジティブに考えられるようになってたきた。勿論努力もしたが、ラッキーとしかいいようがないと思っている。

 当初のブログタイトルは「50歳のアフィリエイト」で、
 現在は「60歳のファイト」に変更した。

 「60歳のファイト」で検索すると、約1,000万ページのトップに表示される。「ザ・おやじファイト」が遙かに面白そうだが、

 こんな風に考えるようになった。
 もしも、僕の身勝手な話に、耳を傾けてくれた50人がいたならば、自分のためにだけではなく、少しは彼らを意識して書いてはどうだろう。そんなことを考えるようになった。ブログを書いている人は分かると思うが、嘘でも冗談でも、アクセス数が1,000ページを超えると、驚くとともにとても幸せな気分になる。つまり、実はアクセス数という無言の人たちに支えられていた。

 現在思案中(^_^;)
 いま分かっていることは、そう簡単なことではないことだ。
 さてどうなることやら ファイト(^_^)/

posted by トモ兄 at 22:26| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。