2019年11月20日

今日の俳句読本 湯豆腐


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
湯豆腐や男の嘆ききくことも  鈴木真砂女

季題・湯豆腐(寒くなると湯豆腐。そういえば
日曜日に?)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/


久々の 今日の句想/旬感

  鈴木真砂女さんは銀座の小料理屋『卯波』の女将さん

  湯豆腐を注文した客が1人一杯やりながら

  目の前に もやもやと白い湯気のスクリーンが見えたのか

  この客は借金を残し 突然会社を無断で蒸発

  ところが 3年後に請求書通りの金額を払いにやってきた
 
  奥さんとも別れたらしいのだが

  湯気の向こうに どんなことを思い浮かべたのだろう

  働きながら 句が浮かぶとすぐにメモを取るそうだ

  湯豆腐や男の嘆ききくことも

  調べてみると フ〜っとため息をついた

  似たようなことは僕にもあった

  温かい湯豆腐が きくことものもに  

  希望も感じ取れた


 そういえば日曜日、卓球練習帰りに寄った飲み屋さんでの出来事。誰かが湯豆腐も注文したらしいが、卓球談義に夢中になり、いつの間にか湯豆腐は、跡形もなく消えていた。先日のブログでちょっと憂鬱になったと書いたが、湯豆腐は僕の嘆きをきくことはなかった。そんなことよりも、いよいよ冬だなぁ〜

posted by トモ兄 at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。