2020年01月22日

今日の俳句読本 鍋料理、ちり鍋


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
娘の一家来るとの電話ちり鍋に  渡辺 伸子

季題・鍋料理、ちり鍋(冬は鍋ものが最高ですね )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/


久々の 今日の句想/旬感

 洗面台に置いてあるものが気になった(写真)


 石けんがクリーム状になり そのため受け皿がお役御免に

 ところが そこには小さな可愛いキャラクターたちが

 お風呂での遊び相手として待っていた


 娘の一家来るとの電話

 冬になると身体も心も温まる鍋料理 なるほど会話も弾む 


 俳句の魅力は いいきっかけになり物語がつながったりする

 家ではどうだろうと想像した 


 最近になって もんじゃのリクエストが

 他にも 会話も弾み身体も心ももっと温まるところがある

 新年も春も夏も秋も冬も ババの孫のための風呂支度

 その名残なのか 

 いつでも スタンバっているよっとでもいっているようだ

風呂支度.jpg


 1日のスケジュール表に 今日の俳句読本の1句を毎日コピペ
 
 それから、どこか一カ所を変えて遊んでいる

 風呂支度は季語にないのかルール違反

 しかし 僕にとっては 

 オールシーズンのローカルルールの季語なのだ

 先日婿さんから 商売繁盛家内安全のお守りが届いた

 その中に 孫から「だいすき」のメッセージも

 やっぱり電話があったらこれでしょう 風呂支度ともんじゃ

 これは

 公園からはじまる 下町極楽コースのひとつの楽しみ方

 今度はいつ来るのだろう

 小さな可愛いキャラクターたちが

 いつでもスタンバっている 

 
posted by トモ兄 at 18:07| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。