2020年02月09日

先週は忙しかった?

 例えば、金曜日の1日のスケジュール表にレイアウトされている円グラフを見ると、僕の現状がよく分かる。

 円グラフの左側にある24時間のタイムスケジュール(表組)があり、かなりシビアにスケジュールをプロットしていて、各項目が自動的に掛かった時間が積算される。その結果を円グラフで見える化する。また、エクセルのIF関数を使って、それぞれの項目の達成率を◎×で表示する。

1日の円グラフ_3.jpg

 金曜日のスケジュールはちょっと異常だが、先週のスケジュールは似たり寄ったりだった。土曜日(昨日)は、円グラフの黄色(アプリケーションの講座を受講)の項目が7時間で、jobは0(ゼロ)だった。
 睡眠時間は前日の睡眠時間で、金曜日と土曜日は、疲れ果てて、21:00に就寝。体力というのか脳力というのか、ほとんど底を突いてしまった。たまに卓球の試合をすると、体力のなさを猛烈に感じるが、脳力のなさも同様で、元々ないので仕方ない。

 さて、タイトルの先週は忙しかった?は、円グラフを見ると、あることに気付く。Lifework+job=20:00。シビアに付けた24時間のタイムスケジュールだが、4時間足りない。この時間は間違いなくボ〜っとしている。また、休息時間は3時間。学習時間は2時間で「gacco: ga143 SDGs 表現論」を受講している。つまり、この自由で暇な時間を合計すると、9時間。

 僕にとって、確かにjob=11時間は多い。24時間で観察すると、睡眠時間は少なかったが、本当に忙しいのか。イメージ的にはほんとに忙しい。ところが、1日のスケジュール表や円グラフをみると、1日中働きづめでないことが明確に分かる。24時間中に、自由(暇)な時間が9時間。忙しかった?の問いに対して、すぐに話が大袈裟になってしまうが、冷静に判断すると実際には、「ちょっとだけ忙しい」かった。
 また、こんな仕事に掛かる時間は2月までで、長く続く訳がない。つまり、それ以降は自由(暇)な時間が増えてくる。3月以降はどうなることやら?


 だから、
 今は、「ちょっとだけ忙しい」ことなどに捕らわれず、
 面白ければ
 安全に健康的に、この流れに乗ることを
 考えることが得策のように思える。

 ということで、ファイト(^_^)/なのだ!

posted by トモ兄 at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。