2020年02月10日

先週面白かったことは_3(伊藤美誠を見つけた)

 待てよ、ブログで『バックキャスティング』の考え方と全く同じようなことを書いたような記憶がある。

 思い出しました。それは、

 2015年08月06日
 体育館で、伊藤美誠を見つけた

 ヘボコーチに行くと、体育館の入り口付近で「Smile Sports 62」という冊子の表紙に伊藤美誠を発見。卓球&飲みニケーションから家に戻り、さっそく読み始めた。その時の内容をまとめたのが、「体育館で、伊藤美誠を見つけた」だった。

 その内容の1つに、■伊藤美誠選手の目標と夢は?
 ■■一番の夢は東京オリンピック優勝。
 目標を立てるときは、まず大きな目標を立てる。そこから、
 逆算しそこに辿り着くための目標を立てる。
 一番の夢は東京オリンピックでの優勝で達成できるように 
 する。また、次に向けてもやりたい。

 伊藤美誠の2015年の戦績を調べてみると
 ◎1月、全日本選手権女子シングルスでベスト8に入り
  ジュニア女子シングルスで優勝
  (中学生での全日本ジュニア優勝は加藤美優に
   次いで6人目)
 ◎3月、ワールドツアー・スーパーシリーズの
  ドイツオープンでは女子シングルスで
  ワールドツアーシングルス初優勝(史上最年少記録)
 ◎4月、世界選手権では、14歳192日での日本選手
  歴代最年少ベスト8入り
 ◎5月、ベラルーシオープンでツアーシングルス2勝目
 ◎6月発表の世界ランキングでは14歳7カ月での
  トップ10入りを果たし、自己最高位の9位まで浮上した。
 ◎9月発表の世界ランキングで日本人3番手の10位となり、
  2016年リオデジャネイロ五輪女子団体戦代表候補に
  選出された。等など

 伊藤美誠は、2015年(14歳)で、2020東京オリンピックシングルス優勝を設定し、大きな目標を立てる。そこから、逆算しそこに辿り着くための目標を立てる。

 2020年2月度 伊藤 美誠の
 女子世界ランキングは3位。
 もちろん、東京オリンピック女子シングルスで、間違いなく優勝を狙える位置にある。中国選手が最も恐れている選手の1人に成長した。既に夢の段階はすぎ、如何にして実現するか。

 伊藤 美誠は僕が紹介しなくても、いまや誰もが知っているのでこれぐらいにするが、発想的にもとても優れている。『バックキャスティング』の考え方で、東京オリンピック女子シングルス優勝という夢を叶えようとしている。また、『バックキャスティング』とは、「改善」から「変革」へ、トランスフォームするようなアプローチで、こんな時に創発的でイノベーティブな発想がどうしても必要で、イノベーションが生まれる瞬間だ。おそらく創出された技術は、彼女の名前で呼ばれている「美誠パンチ」などが典型的な例だ。伊藤 美誠及び周りの協力者にとって、2020オリンピック東京大会の外圧をチャンスと捉え、夢を実現しようとしている。

 卓球ファンは、もうすぐ、伊藤 美誠が国旗をマントにし翻しながら、アリーナを飛び回る姿を目撃することになる。

 そして、次に向けてもやりたいそうだ。
 もう最高!素晴らしすぎ。
 伊藤 美誠ファイト(^_^)/なのだ!

posted by トモ兄 at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。