2020年02月16日

今日はのんびりとブログを_3

 土曜日も映画を2本を見た。
 午前中に仕事が終わった頃、宅配でバリスタ用のコーヒーと日本酒。娘と孫からチョコレートが届いた。午後からのんびりブログを書く予定だったが、その前にホワイトデーのプレゼントを検索した。そうこうしている内に、みさんが仕事からか帰ってきた。いつも15:00頃からテレビで映画をよく見ているが、土曜はプライム・ビデオで映画を見ることになった。
 午後から、3.ジョーカー
 (監督 トッド・フィリップス 2時間1分 2019)
 夕食後、4.グリーンブック
 (監督 ピーター・ファレリー 2時間9分 2018)
...今年9本目

 最近難しい映画が多く、今年はコメディ映画中心に見ようと決めウォッチリストを作成していたが、なぜか午後から、3.ジョーカーを見た。今年のアカデミー作品賞にノミネートされていた。受賞を逃したが、ホアキン・フェニックスは主演男優賞を受賞した。

 この映画は、狂気のジョーカーができあがるまでの物語。舞台はゴッサムシティ。つまり、あのバットマンと戦う究極の悪の、ちょっと悲しいジョーカーのバイオグラフィー。

 そして、夕食後やっとコメディ&ヒューマンドラマの4.グリーンブックの映画を見ることができた。この作品は2019年(第91回)アカデミー作品賞受賞作品で、ライブツアーをする黒人ピアニストと白人運転手のロードムービーで友情物語。ラストシーンには感動的なシーンが用意されていた。心が温まるいい作品だと思った。

 変な感想になるが、3.4.の映画を見る順序が逆でなくて良かった。また、1.2.3.4.の映画は、貧困と裕福の分断が物語のベースにあるようだ。今年のアカデミー作品賞受賞作品で、韓国映画「パラサイト 半地下の家族の」は典型的な例に思える。半地下とは韓国が北朝鮮と戦争状態にあるときに、防空壕を兼ねた半地下のとても住み辛い住居を多くつくった。その半地下に生活に困窮している人たちが住むようになった。このように、様々な貧困問題のひとつである住環境もパラサイトするこの物語の背景になっている。

 SDGs 表現論の話に戻るが、この最終課題は興味や関心があることに基づいて、マイプロジェクトを立ち上げことになる。しかも、時限的ではなく自らの「ライフロング・プロジェクト」とし、人生をかけて取り組むプロジェクトと定義づけされている。また、ゲームで熱中する仕組みも取り込み、結果的にもしくは副産物的に、SDGsに関連するこを理想とする。
 さて、これからどうなることやら。

 「ライフロング・プロジェクト」とは違うが、1日のスケジュール表で、2つのIF関数を構文し◎×を表示する。その中の1つが◎(達成すると)になると、先ほど書いたように、日本酒を飲めることにした。実は、大吟醸酒を3種類用意している。熱中とまではいかないが、一踏ん張りできる。

 問題の「ライフロング・プロジェクト」は、まだ想像できないが、おそらく1日のスケジュール表の中に、発見やもしくは拡張できるものがあると考えている。

 ブログが今日やっと書けた。あぁ スッキリした。

posted by トモ兄 at 17:23| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。