2020年03月03日

いよいよ3月がスタートした

 ブログを書き始めると、突然睡魔が襲ってきた。なので素直にしたがった。今朝また書き始めた。

 昨年の12月にいくつかのプランを練ったり申し込んだり。ところが、1月・2月の講座で2本中止。イベントは2本不参加。絵画展は臨時休館し延期になった。映画も落語も中止した。2本は返金があり、1本は超早割だったので低額の支払いで済んだが、ネットでの動画配信があったので楽しんだ。最近は2年に1回になった手術も行った。
 ものは考えようで不幸中の幸い。1月・2月の受講や参加は時間が取れそうになく厳しかった。3月はレポート作成ともっとも重要な講座も始まる。また制限時間は設けていないが、資料をどんどん収集して何らかの答えを得るためのプランも同時進行している。よくもま昨年の12月、無謀にも考えたものだと思ったりもするが、ダメもとでやってみる。

 ところが、信じられない想定外の出来事が起こった。

 オリンピックを目前に控え、日本は新型コロナウイルスの感染拡大?でとんでもないことになっている。これから1〜2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となるそうだ。安倍晋三首相は感染拡大防止策として、「大規模イベントの中止等」と「全国の小中高校などの臨時休校」というかつてない2つの“要請”に踏み切った。この要請はおそらく国民にとって劇薬で、多くの副作用を伴うと思うが政治は結果だ。

 この劇薬のポイントは1カ月間限定で私たちがどう過ごすかに掛かっている。その回答は1カ月後、感染は収束できたか。その結果は大きくオリンピック開催に影を落とす。札幌はマラソン競技が予定されているからだろうか、それとも想定外の感染拡大のスピードのためなのか。北海道知事は、首相よりも速やかに「臨時休校」や「緊急事態宣言」を出して週末の外出を控えるよう呼び掛けた。
 ただでさえオリンピック後の経済は厳しくなると予想されているが、1カ月後の目標はもちろん感染の収束と経済の回復。しかし、何が起こるか分からない。

 日曜日は、かみさんと週1回、食料品をスーパーで購入する。3月はいつものような引き籠もり状態の生活に戻るが、それでもマスクは欲しい。無理だろうと思ったが、1家族に一袋という条件で購入できた。ところがトイレットペーパー全くなかった。ある説によると、品薄はデマであると分かっていた人たちも、誤った情報で購入する人がいて品薄になるだろうと予測し、情報がデマだと分かっている人たちも、同様の購買行動に走るらしい。ほんと困ったものだ。

 1カ月後、いい教訓になったと思うのか。
      それともとんでもないことになっているのか。

 いずれにしても、何もやらないことを含め
 今できることをやりたい。

 現状では「SDGs」を調べている。そして、人生のメタ物語「ライフロング・プロジェクト」を立ち上げるために、2週間は日常の仕事をこなしながら行う。「SDGs」と「ライフロング・プロジェクト」をどうアクセスさせるか。ほとんど想像がつかない。何となくだが、今は「SDGs」の高邁な精神(「SDGs」は3つの階層になっていて、テーマとターゲットと指標があり、しかも進行状況を評価されている)よりも、その重要なコンセプトである、「バックキャスティング」の方法論を活用しようと考えている。そして、最もやっかいなのは、時限的ではなく人生を賭けて取り組むプランを構想することだ。しかし、この課題のレポートは、構想だけでは全く興味を示さない。そのプロジェクトを初段階でも具体的に立ち上げる必要がある。もしくは、ゴール決め、達成するための中間地点や逆算的に行程を示さなければならない。また、この課題がちょっと嫌らしいのは、文字数制限がない、しかも、書き方の方法論などのマニュアルもない。つまり、オールフリーなのだ。そんなのできるかと言っても仕方がない。結論は、人生を賭けた「ライフロング・プロジェクト」を立ち上げるために、約2週間、悶々とした日々を覚悟するしかない。

 ちょっと弱々しいが、ファイト(^_^)/1発!
posted by トモ兄 at 12:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。