2020年03月28日

人ごと「自分ごと」 

 今日のテレビでの、街頭インタビュー

 渋谷で、母親の一言。
 「人が少ないと思って、子どもと出かけた」

 パチンコ屋さんで一言。
 人が並んでいて驚いた。「空いてると思ったのに」

 つまり、新型コロナウイルス感染症は人ごとで
 どこ吹く風。 
 なかなか、「自分ごと」にならないようだ。

 ネットで検索すると
 人ごとから「自分ごと」に捉えることができれば
 意欲も能力も向上するそうだ。

 ところが、「自分ごと」とは
 「他人だけの問題ではなく、自分自身の問題でもある」
 「自分自身だけの問題で、他人の問題ではない」
 の2つの解釈があり、その都度使い分ける。

 さて、新型コロナウイルス感染症対策は
 「自分ごと」での解釈は、どっち?

 そんな解釈論よりも、母親の一言は想像力に欠ける。
 もしかして、いつも人の往来が激しすぎる渋谷の街を
 親子でゆっくりと歩ける、チャンスだと思ったのか。
 つまり、人混みを避ける。
 新型コロナウイルスなんて、どこ吹く風だ。

 人ごとではない。他山の石として「自分ごと」とし
 誤った行動を取らぬための一助とする。
 感染しない。感染させない。

 何のための
 「最悪の事態も想定」 首相、国民に警戒呼びかけなのか

 それにしても 呆れた!

posted by トモ兄 at 23:45| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。