2020年03月31日

昨日、マスクがやっと届いた

 ネットでマスクを注文したのは3月4日。届いたのは3月30日。パッケージを見ると、国際郵便物で差出国は中国だった。
 あまりにも遅いので3回催促メールを書き、変な日本語で返信。怪しいと思ったが、キャンセルはしなかった。たとえ返金があっても、マスクはどこにもなく手に入らない。だから、ひたすら待つことにした。

 昨日のお昼、マスクがやっと届いた。ネットで配送状況を確認すると、いまだに「ご不在のため配達できませんでした」が可笑しい。ネットでクレームを見ると、商品が違ったり変な匂いがするものがあったらしい。

 そこで、まず注文したものか確認。鼻を近づけて匂いを嗅いだ。問題がなさそうなので、やっと安心した。

 かみさんに、孫3人いる娘に連絡を取るようにいった。マスクが手に入っていないようだったら、分けることにした。
 
 実は娘の誕生日。プレゼントはまさかの「マスク」
 なんと、タイムリーなプレゼントなのか。
 なんとか当座は凌げるだろう。
 僕らも、ひとまず何とかなった。
 
 それにしても
 本当に恐ろしい「チャイナリスク」
 コロナウイルス、マスクだけじゃ、ないでしょう?
 
posted by トモ兄 at 02:28| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。