2020年06月01日

六月になった。あした天気になあれ


 六月の異名は水無月。梅雨が始まるが、猛暑もそろそろ始まる気配を感じる。湿度は高くなるがなぜか喉は乾く。酒徒の独り言。

 独立し仕事を始めてずいぶん経つと、ひきこもりの生活も板に付き、雨を楽しむ余裕もできたりする。六月は上半期の最後の月で、下半期の調整期間と捉えているが、今度ばっかりはそうもいかない。あまりにも想定外の6カ月間で混沌としている。

 今年の六月は酒徒を悩ませる。こんなときこそ「涼一味」でクールダウンでしょうと思ったりもするが、同時に、熱い気持ちも必要だ。この2020年を何とかして生き残れれば、間違いなく今年のことは記憶に深く刻まれ、またとんでもない酒の肴になる。

 日本酒を飲みながらブログを書いていると、沢木耕太郎著『敗れざる者たち』やヘミングウェイの『敗れざる者』を思い出した。

 六月が始まる。ファイト これしかない!
 (^_^)/o\(^_^) ( ^^)/□☆□\(^^ )
 
posted by トモ兄 at 01:57| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。