2020年07月11日

蒸気でホットアイマスクをしながら寝てしまった

 昨日のスケジュール表を見ると、活動時間(仕事)12時間。必需時間(睡眠時間)3時間半。自由時間(卓球・ブログ等)4時間。謎の時間4時間半だった。

0710スケジュール.jpg

 流石に、活動時間(仕事)12時間にはバテてしまったが、いつものようにプライム・ビデオで映画を見た。途中寝てしまい後半で起きた。だから一部分しか分からない。

 たぶん物語は、考古学者が遺跡を発掘していて、理由は分からないが、ある会社を訪ね帰ってこない。心配した息子や研究者たちは、発掘に何らかの原因があるのではないかと思い、発掘したノートを探ると、なぜか考古学者本人の筆跡でHelp me!を発見。つまり、タイムマシンでその発掘していた時代にタイムスリップしたらしいことが分かった。

 そこから、タイムマシンを使って考古学者を助け出しに行く。そして、現在に戻る人とその時代に残る研究者がいた。その残った研究者は、現在にいた頃、ある墓で片耳がない騎士に女性が寄り沿うように石に彫られていたことに興味を待った。不思議な話だが、その騎士は研究者で、女性はタイムスリップした時代で知り合った人だった。つまり、研究者は可笑しな話だが、騎士が自分であることに気付き史実を変えなかったことになる。
 タイムスリップする物語にはよくある話なのか。

 変な時間に起きてしまった。

 気付くと目が痛かったので、目を休めようと思い、蒸気でホットアイマスクを付け10分ほどしばしの休憩を取った。ところが、気付くと朝だった。昨日は活動時間(仕事)12時間と自由時間(ブログ)3時間は、ほとんどコンピューターを見ている。つまり、昨日は15時間コンピューターを見続けていた。当たり前だと思うが、目に負荷が掛かりすぎで目が痛くなった。

 だから、今日はコンピューターをそんなに見ないでノンビリしていた。これから、またプライム・ビデオで映画を見る。

 
posted by トモ兄 at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。