2008年04月18日

■廊下でケラケラ笑う娘

娘の帰りが遅い日は、何だか眠れない。というのは半分嘘で半分本当。さっき帰ってきてた。ドアがゴトンとなった。そしてバタ。今の音は何だ?娘が廊下でうつ伏せに転んでいた。そしてケラケラ笑っている。箸が転んでも自分が転んでも可笑しいらしい。

飲み会がとても楽しかったらしく、とてもご機嫌。
馬鹿な娘と思いつつ、明るい酔っぱらいの娘が、何だか分からないが、とても愛おしくなった。

早く寝ろ!明日は会社だろう。
娘は立てなくて、ベットへほふく前進を始めた。まだ笑っている。

ほんと、明るい馬鹿な娘だ。
僕も酒を飲みたくなった。娘が買ったワインが冷蔵庫にある。
あとは、しらばっくれる。

ラベル:娘の帰り
posted by トモ兄 at 03:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック