2008年04月21日

■変な縁の仲間たち

今日は、マンション住民による自主的な掃除があり、壁の側面や廊下等の汚れをきれいに洗い流しました。
普通は、管理費で業者に頼むと思うのですが、当マンションにはコストを掛けられない事情があって、そのことを理解しているいつものメンバーが集まった。

その事情とは、8年前の忌々しい出来事に遡る。


マンションは、東海建設と日本建設のJVで建てられた。管理会社は東海不動産管理。東海建設の社長は、元オリンピックのメダリストで、8年前亡くなった。また時を同じくして、東海建設と管理会社は倒産。
信じられなかったが、倒産をきっかけとしてある事実が発覚した。管理会社の部長が、修繕積立金を使い込んでいたのだ。しかも同じ手口で計4件も被害に。しだいに金の使い道が明らかになった。ほんと頭にきたのだが、湯河原の芸者の遊興費に使っていたのだ。

東海建設の社長が亡くなってから、2〜3日して使い込みの噂が立ち、僕たちは確かめるために東海建設へ。
ドアには、1週間喪に服すと張り紙があり、営業活動を停止していた。しかし、社内に人がいるようだったので、何とかして乗り込み、そこで話し合いをもった。

分かったことは、1週間喪に服す期間、実は会社倒産の手はずを話し合われていた。その足で、東海建設の役員が相談している顧問弁護士事務所へ、そこから警察署に… とにかく、僕らは毎日夕方から会議を開き、いろいろな方法を検討した。役割を分担し、修繕積立金回収にできる限りの手を尽くした。その結果は、金を使い込んだ犯人に支払い能力がなく、ほとんど回収できなかった。

その時の仲間が、マンションの自主的な活動とか会議になるといまだに集まる。回収を達成できなかったが、苦労を共にした大切な仲間だ。僕らが歳を重ねるたびに、より関係が深まって行く感じがする。たとえば、マンションが老人ホームのようになったとしても、いっしょにいましょう、とかなんとか話題が出たりする。


banner2.gif

posted by トモ兄 at 01:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック