2016年08月22日

今日は日曜日、ゆっくりと_3


 当初のタイトルは、「強者たちの夢のあと」か「祭りのあとの寂しさは」だった。もちろんリオ五輪のこと。

 ところが、まとめられなかった。
 そこで、ついアクセス解析を見てしまって、そちらの方へ引っ張られてしまった。

 リオ五輪でもっとも感動したのは、当然水谷隼です。しかし、ここで余りも褒めすぎると不味いのではないか。まさに賞賛に値しますが、達成や完成でなく、彼はまだ「夢の途中」です。

 彼はまさかヒンギス症候群に陥る訳がないと思いますが、間違いなくスポーツ界のスターの仲間入りを果たし、これから4年間、集中の継続はとても難しくなるだろうと想像できます。

 そこで、集中状態に入りやすい方法で、「ツァイガルニク効果」の応用という方法があるらしいです。この方法は、作業をやめるとき、あえて「キリの悪いところで」でやめること。やり切ったことよりも、達成できてないことの方が、より印象として残るという現象を「ツァイガルニク効果」と呼び、作業の中断中も意識のバックグランドで動いていて、作業を始めるとき中断前の集中状態にすんなり入れる。

 つまり、水谷隼にとって、シングルスの銅メダルや団体戦の銀メダルの獲得は、結果的に「キリの悪いところ」や、達成できなかったことの強烈な印象を残した。その印象が、これから4年間の継続的な集中に役立ち、ポジティブスパイラルが回り始める可能性が高い。その状態が、「夢の途中」です。
 水谷隼には、日本卓球のために東京五輪のために、もう一踏ん張りしてもらおう。


 もう一つの印象的だったのが、重量挙げの三宅宏実でした。
彼女は、絶望と希望の4年間を過ごしたそうです。
 リオに入ってから持病のヘルニアが悪化し、痛み止めを打って競技に臨んだ。スナッチで81キロを2本続けて失敗。残る1本を失敗するとメダル獲得がなくなってしまう。ところが、そんなギリギリの追い詰められた3本目で、満身創痍の三宅宏実は奇跡的に成功させ、女子48キロ級で銅メダルを獲得。
 三宅宏実は、日本女子初となる2大会連続メダルの偉業を成し遂げた。

 感動したのはバーベルを挙げたそのあとで、三宅宏実はバーベルを優しくなでた。そこには、今まで散々苦しめ続けた重さはなかった。そこにあったイメージは、きっと三宅宏実の絶望と希望を共に4年間も見続けた、同志ともいえそうな存在だったのだろう。だから彼女は優しく労った。

 アスリートと道具の、こんな美しシーンを見たのは初めての経験だった。戦う男性的な姿と女性の優しい姿が際立った瞬間だった。

 「1日一生」の言葉をモットーに励んだ4年間。同じ日は2度とないそうだ。きっとバーベルを挙げた「一瞬も一生」に違いなかった。
 
 水谷隼と三宅宏実の輝く姿に感動を覚えました。
 ありがとうございました(^_^)

posted by トモ兄 at 16:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京五輪エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする