2018年06月17日

なかなかできないこと

 なかなかできないこととは、
(仮)「とっておきのコース」と「もうそろそろ来るころだ」

というタイトルのブログを書くこと。
 このタイトルは、ジャパンオープン、張本智和vs張継科の男子決勝戦で、フルセットジュースの11-11からの出来事だ。

ジャパンOP 男子シングルス決勝 張本智和vs張継科 第7ゲーム


 僕は、張継科のサーブが「とっておきのコース」で、
    張本智和が「もうそろそろ来るころだ」と予想。

 
 こんなストーリーを直感や経験で考えた。

 こんなストーリーをつくることは簡単だ。しかし、なぜ張継科はバックからの長いナックルサーブを、卓球台の対角線上でなく、ややセンター寄りのミドルに出したのか。
 張本智和にとって、体のミドル寄りにきた、深いナックルサーブをバックハンドでレシーブするとき、バックハンドスイングに制限がかかり、パフォーマンスは最小化される。ところが、深いボールはファアハンドでレシーブされるとき、ドライブスイングされることによって、パフォーマンスは最大化される。しかも、張本智和の体のミドル気味に配球されたサーブは、回り込みの距離も最小限の移動で済む。
 なぜ、張継科はこの球種とコースを選択したのか。

 そして、次ぎに張本智和は張継科と同様のサーブを出す。
 結果は、タイミングが合わずに
 張継科は空振りしたように見えた。
 これで、張本智和は連続して2ポイントを取り競り勝った。
 このフルセットの最後の攻防はドラマチックだった。
 
 現在、張本智和vs張継科の動画を見ながら、スコア表をつくっている。もう少し時間がかかる予定だ。それから、
(仮)「とっておきのコース」と「もうそろそろ来るころだ」
というタイトルでブログにアップしたいと考えている。

 今日の予定は、gaccoのWeek 2統計学の基礎 課題. 確認テストを受ける。僕にとってこれがかなり難しい。得点率60%以上が終了条件だ。1回目の受講では無事終了したが、一部しか覚えてい。つまり、知識だけでは無意味で実践しないとこの講座は何の役にも立たいないことになる。だから、まずは、興味がある卓球の試合で問題点を発見し、基礎的な情報を収集・分析し、何らかの結論を得たい。それを(仮)「とっておきのコース」と「もうそろそろ来るころ」にまとめる。しかし、このやり方がいいのか悪いのか、まだよく分かっていない。

 午後からは、かみさんのリクエストで買い物に行く。

 それから、ほんと久しぶりにソフトアプローチが必要な広告制作が重なっている。若干の情報収集しラフをつくりたいと思っている。

 なので、当然(仮)ブログは後回しになる。

 忙しくすることはいいことだ。ファイト(^_^)!

posted by トモ兄 at 11:53| 東京 ☁| Comment(0) | 60歳のファイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

仕事と趣味にファイト!

 前回のタイトルは、桜モードから仕事&卓球モードに。
ところが、思った以上に忙しくなって焦っている。たまにはこういこともある。「そだね〜」

 実は今日も午前中、西新井大師のぼたん園を下見に行こうと思っていた。ここも自転車で行ける距離だが、それどころではなくなってきた。ブログを読んでくれている人は、バカバカしいと思うかもしれないが、最近、忙しくなくても忙しくてもストレスが溜まったり、疲れる。何をやってもやらなくても同様なことが起こる。つまり、大袈裟だが生きること自体が疲れる。だったら、できるだけ好きなことを行って、ストレスが溜まったり、疲れるほうがよい。
 もう少し早く気付きたかった。

 今日は36回目の結婚記念日で、ヘボコーチ&飲みニケーションの日。当然だが、仕事と趣味にファイト!
 

posted by トモ兄 at 12:03| 東京 ☁| Comment(0) | 60歳のファイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

なぜか、突然思い立って「60歳のファイト」に


何をどうするのかまだよく分からないが

ブログタイトルを50歳のアフィリエイトから

60歳のアフィリエイトに

そして その約5分後に

「60歳のファイト」に変更した

何かを変えてみよう

そう思った。

posted by トモ兄 at 02:13| 東京 ☔| Comment(0) | 60歳のファイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする