2018年09月19日

平凡リーマンさんのデジブック「 手紙 」です



平凡リーマンさんのデジブック「 手紙 」


ある方から教えていただいた、

 ある方の生きざまを表した言葉。

 そのお言葉をお借りして、

 自分に宛てた手紙としてしたためてみました。



ということだそうです。

感心したり癒やされたり、こころに染みたり。
素晴らしいでのご紹介します。

誰かさんの、自分に宛てた大袈裟な手紙とは大違いです。
僕と違って、
平凡リーマンさんにセンスを感じます。

2008年01月07日■50歳の心と健康
http://50blog.seesaa.net/article/76887255.html

このブログを立ち上げた頃に書いたものです。
今や人生100年で計画しないとね。

きっと、60歳から人生の黄金期なのだ(^_^)/



posted by トモ兄 at 16:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これでいいのだ、それとも...

 昨日は夕方から激しい雨が降り始めたので、ヘボコーチは休みにした。また、夕方から原稿が出そうだったので、ちょうど良かった。ところがその原稿の出稿はなかった。

 待ち時間で、最初は「4時間半でいいのかも」を書き始めたが、気になって仕方なかったので、途中で「累積医療費の返納金の電話が掛かってきた」に変更した。

 昨日は、午前に「リーフレット」を印刷入稿し、新聞広告のラフも提出。それから、クリニックには毎月通っていて、3ヶ月に1回程度定期検診を行う。ちょうどその定期検診の月だったので、累積医療費に反応し書いてっしまった。

 なので、これから「4時間半でいいのかも」を書こうと思っている。

9月項目別グラフ.jpg


 同じことを何回も繰り返すことになるが、「6時間」は働いていたと思っていた。ところが、スケジュール項目別グラフは4ヶ月目になるが、ジョブの1日平均時間は「4時間半」しかなかった。感覚でなく具体的な数字が分かると、当初はこの「4時間」に不満を持った。ちょっと早い判断かもしれないが、最近は全く逆で『どこが悪いの』と思うようになる。

 何かができなくなる理由は、仕事が忙しいという思い込みだった。どう考えても「4時間半」は忙しくない。しかし、超零細の経済活動が「4時間半」で問題なく回るのであれば、『これでいいのだ』と思い始める。

 また、アフィリエイトを考えている中で、goodkeywordやGoogleキーワードプランナーの関連キーワードを選定するツールを調べてみると、このツールの目的でない部分で「60歳のファイト」の目的がよく分かった。

 ネットビジネスを行う上でとても役立つツールだが、たとえば、ツール使用の目的や僕の属性を書くところがあて、目的は日記、職種の属性はグラフィックデザイナー。それでは、もうお話にならない。それ以前の問題だ。つまり、「60歳のファイト」は精神安定剤の単なる日記のブログだった。

 それこそ、「4時間半」の以外の時間を使って、このブログは再度方向性を考えてみたい。つまり、この問題は私自身のこれからの方向性でもある。超零細の経済活動は何となく上手く回っているので、余計なことを考えないでも『これでいいのだ』。それとも、『これでいいのか』。

 眠いし、頭が痛い(-_-;)
posted by トモ兄 at 02:57| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

累積医療費の返納金の電話が掛かってきた

 今日初めて電話による詐欺を経験した。感心してもしょうがないが、丁寧な口調だし何回も説明してくれるし、ほんと巧みだ。テレビ等でこの手の電話による詐欺の注意喚起が行われていたので、騙されずにすんだ。

 うろ覚えで、若干違うかもしれないが書いてみたい。

 在住区の国民健康保険課の職員からの電話だった(もちろん嘘だ)。何でも政府の方針で、東日本大地震の復興にあてた復興特別税を負担してくれた人たちに対して、小額であるが返納することになった。
 
 国民健康保険課からグリーン色の封筒で、累積医療費のご案内を郵送しましたが、お宅様からは、その返納金の申請がありませんでしたので、ご連絡を差し上げています。

 話がさっぱり見えない。(嘘なので当たり前)
 復興特別税と累積医療費の返納金がどう関係しているのか?
  
 で、結局どうすればいいのか?

 その申請の期限は8月末日までなので、
 すでに期限は切れていますが、
 明日、通帳を持って銀行へ行き、
 手続きをしてもらえば、  
 00,000円の返納金が戻る可能性があります。
 明日、銀行へ行けますか。
 その返納金を断ることもできます。

 これは可笑しいと思ったので、断った。

 すぐに、国民健康保険課の電話番号を調べ問い合わせた。
 やっぱり、電話による詐欺だった。
 それから、最寄りの警察署を紹介され連絡をとった。

 ネットでも調べてみると、僕の場合は「累積医療費の返納金」だったが、「医療費の還付金がある」という手口の詐欺電話が多発しているそうだ。
 もし電話を受けてしまった時は即決しないで、とにかく誰かに相談することをお薦めする。

 電話による詐欺には注意しよう。

 
posted by トモ兄 at 00:36| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

「チョウトンボ」を写真で確認

 今日は敬老の日でお休みだが、朝9時半頃に、カレンダーの初稿と、地図の初稿をメールしホットした。

 これから自由な時間になるので、まずは舎人公園に出かけ、それからブログを書くことにした。

 
舎人マップ_2.jpg


 自宅から舎人公園まで早足で約20分で着く。舎人公園は「大池・お花見広場周回コース」があり、1週約2,000mのコースになっている。このコースを時計の反対回りで100mごとに歩いたりジョギングを繰り返す。ちょうど、300m付近のフィットネス広場から緩やかな上り坂になる。足立区に住んでいると、坂道を上がるという経験が少ないためか、坂かを走ることはけっこうキツい。
 1,100m付近の夕日が丘広場に売店があり、そこでお茶のボトルを買い少し休憩。ここからコースは下り坂になる。


 1,600m地点に噴水があり、そのすぐ側に舎人公園で見られる、生き物たちの写真の掲示板がある。その中のトンボの写真にチョウがいたことに違和感も持ち、その写真を詳しく見ることにした。
  
 掲示板.jpg

 絵では見たことがあったが、 
 初めて写真で「チョウトンボ」を見た。実物はやはり絵とは違う感動があった。

 
チョウトンボ.jpg


 6年前頃、糖尿病で最悪な頃があって、自転車置き場でトンボを見た。そのとき、胴体はトンボで羽はチョウだった。まさか糖尿病の合併症でそんなふうに見えたのかと思い、ショックを隠せなかった。目の調子も落ち始めたかと思ったが、大袈裟にいうと、人工物ではないと思ったが、正にUFOで、未確認飛行物体の第一種接近遭遇に驚いた。すぐに、その場から離れた。

 
20170627-chotombo.jpg


 それから1年後に、絵で「チョウトンボ」を見て安堵した。病気によるものでなかった。まだ糖尿病には違いないが、糖尿病で最悪の頃を感覚的に覚えていて、最近はコントロールされていてとても調子がいい。

 前ブログに書いたが、銀行やカード関係のローンは完済したが、それまでの間、仕事はなく多重債務者になるわ、糖尿病を発症するわ、内視鏡で3回手術するわ、踏んだり蹴ったりだった。我ながら、よく挽回ができたなと思う。

 現在、日常生活で問題ないが、仕事が忙しくなりほとんど引き籠もり状態の生活をしている。そのためか、卓球の試合をすると体力がなく、すぐに電池が切れてしまう。体に充電できないものだろうか。最近少しずつ走り始めている。

 舎人公園に「チョウトンボ」を見た。美しいと思った。

posted by トモ兄 at 15:42| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50歳のアフィリから60歳のファイトへ

 ある人が、ホームページを僕の庭だと言った。ここで様々な花を育て咲かすそうだ。つまり、ネットビジネスおいて、目的を達成させるための「フィールド オブ ドリーム」だという。

 僕には、ブログが『お百度参り』のように思えた。お百度参りをする理由は、病が原因で願掛けをすることが多く、回数を重ねることによって、神様と顔なじみになりご加護を得る。ビジネスシーンでもこの考え方から発展し、成果を得るために、客先へ「お百度参り」とか「お百度を踏む」とかいうそうだ。時代の変遷で、その使い方も多様化する。

 また、継続することによて、その方法も無駄がなくなり洗練され、何かを気づいたり、発見もあるらしい。
 
 ただし、時代劇で見るようなお百度は、人に見られると効果が薄れるという風習があり、早朝や夜間に行う人もいた。
 ところが、僕のブログの『お百度参り』は、時間に制限がなく、人に見られることが前提なので、そこが全く違う。

 不真面目に書くと、病気は「金欠病」で、お百度参りは神社仏閣ではなくブログということになる。
 10年間3650日毎日通った。1日では10回ぐらい通い、2445のお参りというか様々なのことを書いた。

 ところが、最近突然ブログの名称を変更をした。
 
 コンセプトワークという講座で、最初に教わったことは、人は意図的な動物であることだった。ある考えや行動は、突然の出来事や無意識に行われることがあってっも、実は意図がある。インプットがなければアウトプットがないことと同様で、その意図がなかなか言葉にできず朦朧とするときがある。そいうときは、時間が必要になる。

 それがやっと分かってきた。
 つまり、
 『50歳のアフィリエイト』の役割が終わって、
 『60歳のファイト』が新たに幕を開けた。
続きを読む
posted by トモ兄 at 00:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

たまにアフィリエイト_3

 思ったように忙しくなってきたが、平均労働時間を見るとそうでもない。忙しく感じているのは、日によって労働時間が偏っているからだ。

 従来だと、パニックになるようなオーバーワークになったが、事前に準備ができたりすると、上手くコントロールができる。ポイントは、スケジュールに沿って行うこと。今日やらなくていいことは行わない。つまり、以前はそれをやっていてパニクっていた。

 だからといって余裕はないが、気分転換で、アフィリエイトを10年ぶりに調べている。そこで、自己アフィリエイト、信頼残高、ブログ・メルマガアフィリエイト(DRM)、顧客者リストの収集。ローコスト、継続性、自動化などのキーワードを再認識した。初めてPPCもクリックして、無料の書籍をダウンロードし、ポイントサイトにも登録。YouTubeで、何人かのアフィリエーターの動画も見た。

 アフィリエーターが推薦していたのが、ブログ・メルマガアフィリエイト(DRM)のビジネスモデルだった。SNSなどでアフィリエイトの概要・メリットなどを紹介し、信頼残高を増やす。また無料のプレゼントも用意し顧客者リストを収集。ところが、アフィリエイト活動の基本定義である、目的と手法・手段と活動で、目的と活動である目標を詳しく説明し、高収入を得ることによって、自由で豊かな生活スタイルを紹介するが、肝心の具体的な手法・手段はない。つまり、このビジネスモデルのポイントは、信頼残高を増やすことによって、アフィリエイト活動の見込み客に対して自己投資を促し、教科書(具体的な手法・手段)などを販売するための、コーチングのオーソドックスな方法らしい。

 アフィリエーターのブログや動画の内容をまとめ紹介したが、ネットビジネス業界には、多くの『ウソ』が蔓延していると注意喚起もしている。

 僕には『ホント』も『ウソ』も判断できないが、
 アフィリエイトは、自己責任で行うしかないと思っている。
 最終判断は相手に預けず、自分自身で行うこと。

posted by トモ兄 at 14:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

だらだらと...つづく

 カレンダーの玉組みをするために、資料を準備し制作方法も検討し、やっと制作を始めたが、だんだん辛くなってきて制作することを中断した。こういうときにふと思い出すことがある。以前、ノイローゼになりそうな、カレンダーの版下制作を何本もしていた頃があった。
 
 今は版下マンとかフニッシュという言葉は、ほとんど死語になっていると思うが、この業界でのスタートは版下マンからだった。正確に覚えていないが6月頃になると、毎年カレンダーの版下制作が始まる。当時は、モンセンという書体帳で、印刷されているフォントを紙焼きし、台紙に数字を1個1個ノリで貼り、2ヶ月間の(万年)カレンダーの元原をつくる。

 それから、昔々築地D通の地下にD通製版という会社があり、カレンダーの制作の時だけ、その2ヶ月間の玉組みの紙焼きを12点頼んで、版下を制作した。その時に知り合った人がD通製版の課長だった。彼は欧文電算写植のIBMのオペレーターであったが、紙焼きの担当者でもあった。その縁で欧文のパンプレットの版下制作があるときには、彼にIBMを頼んだ。ただし、彼に頼んだ仕事のほとんどがD通関連だった。

 それから、彼は独立したが上手くいかなかった。
 30年たってから、その彼と友人の事務所で再会する。
 
 当時、今からは想像できないが、制作を受注すると必ず打ち合わせがあった。またどこにでも営業に出かけていた。今はほとんど事務所に引き籠もり状態で仕事をしているが、そんなことは、信じられないほどなかった。

 そして、彼から相談(問い合わせ)があった。
 現状の仕事で、制作するソフトが変更され、対応できなくなったので、その仕事を受けてくれないか。僕のこれまでの制作する内容とは全く違っていたが、そのソフトは普段から使っていた。
 当時、仕事を選べるような状態でなかったので、その仕事を受けることにした。現在もその仕事は継続していて、とてもありがたい。

 最近、中野信子さんの本を購入して読んだり、YouTubeの動画を見たりしている。ほんと面白くためになる。

 人生の意味とは、生きてる事で丸儲け!で、人生のベースは生きていることなので、その上にある様々な価値はボーナスだそうだ。
 また、嫌な過去を忘れたいと言う相談には、忘れようと思えば余計に思い出してしまう。だから、その思い出に新たな意味付けをすることによって、貴重な経験に変換すること。まるで、コンセプトワークだ。
 
 たまにアフィリエイト_2 だらだらと...
 だらだらと...つづく
 と書いてしまったが、10年前のことは、最悪で忘れたいことだった。
 しかし、中野信子さんが言うように新たな意味付けをすることによって(そんな簡単なことではない)、とても貴重な経験に変換できた。

 だから、生き残れたとも言える。
 ファイト!

posted by トモ兄 at 00:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

たまにアフィリエイト_2 だらだらと...

 このブログは、2008年1月5日「50歳のアフィリエイト」から始めた。だから、10年になる。
 仕事がゼロになったのが2007年。生活は瀕死の状態にあったが、嫌みなほど時間だけはたっぷりあった。2007年からまさにサバイバル状態に。収入の多角化ということで、12月にアフィリエイト本を何冊か購入し読みあさった。その結果、年が明けてからすぐに「50歳のアフィリエイト」を立ち上げた。

 そのアフィリエイトの本によると、
「商品を紹介するアフィリエイト」と
「広告をクリックしてもらうアフィリエイト」があって
 収入を獲得するためには、ブログで「アフィリエイト」をする場合、1日最低限でも3000アクセスがないと、収入を得ることは難しいと書いてあった。なので、まず「アフィリエイト」でなく、ブログのアクセス数を増やそうと考えた。

 その結果、4年ほど前「50歳の」で検索すると、約1億ページのトップに表示されるようになった。たまに1,000アクセスもあるようになったが、たとえばSEOのテクニック面などの訓練をまったく怠ったためか、約10年間で「アフィリエイト」の収入は約1万。つまり、1年間で1,000円ということになる。情けない話だが、その半分は自分で購入したものだった。

 ところが、「アフィリエイト」はお寒い限りだが、以前のようにはいかないが「本業」が回復しつつある。「アフィリエイト」と「本業」はゼロからのスタートだったが、流石に「本業」はリスタートなので、これまでの蓄積が強みになったのか。こんなただし書きをする必要はないが、人に自慢できるほどの才能なんてない。つまり、サバイバルすることによって、何とかなった。
 だから、その繰り返しが今日につながっている。

 昨日も、新聞広告とリーフレットの初稿を制作した。また、クライアントはとても忙しく、事前に別件の相談があった。こういう相談があると、スケジュール管理がスムースにできるので、とてもありがたくやる気も起きる。

 また今日は、午後から年に一度の大玉組(カレンダーのアイディアは提出済みで、各月のカレンダーを制作する)大会を行う。玉組36セットをつくるが、この作業は骨が折れる。今日だけではできない。

 最近、ブログを「50歳のアフィリエイト」から、「60歳のファイト」に突然変更した。

 内容的に基本は日記なので変わらないが、ブログの名称を変更したことで、意外なことが起きた。

 「60歳のファイト」のブログは1つなので、とあるサイトで検索すると、現状で約720万ページのトップに表示される。ところが、名称を変更する前、約1億ページのトップであった時にでさえもBingではヒット(埋もれていた)しなかった。
 現在は、不思議にトップに表示されるようになった。

 たまにアフィリエイトを考える上では、とてもいい現象だ。
 現状のアクセス数は約200程度なので、
 もう少し増やすように、努力しようと思っている。

 また、別のアイディアも浮かびつつある。


 
posted by トモ兄 at 12:21| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

たまにアフィリエイト


 忙しくなるとゆっくりするのが、一方で不思議に何かが動き出す。10年ぶりだろうか、「たまにアフィリエイト」を考え始めている。
 
 何かプランを立てて、成果を目指すことはいいことだ。

 
posted by トモ兄 at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

久々の、深夜のコンビニへ


 すぐ近くに、コンビニがオープンした。
今日は深夜営業なので、腹ごしらえのために
何か買ってこよう。
それから、オープン記念がもらえるようだ。

 結局、それから2時間ほどして爆睡。
 何のための深夜のコンビニだったのか。

 それにしても、歩いて行ける距離に
 同じコンビニが4店舗。
 不思議な感じがする。


posted by トモ兄 at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

23:00から家飲み(焼酎を牛乳で割る)

 今日の仕事は終了。久しぶりに家飲みしている。
家では普段ノンアルコール飲料を飲んでいるが、焼酎を牛乳で割ると美味しいと教わったので、一度試してみたかった。

 僕のお気に入りは、牛乳をカルピスのメロンで割ることだが、焼酎もなかなかいい。何だか健康的な感じもする。

 
ラベル:家飲み
posted by トモ兄 at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

突然ですが、「ギグ・エコノミー」っ何?

 9月が忙しくなると勝手に思い込んでいる。あくまでも見込みで実は約束されていないし、様々な事情が影響する。それでも、準備をおこたらないで、スムーズに対応できる(1人)体制をつくっておきたい。

 そんな厳しい現実を考え始めると、特に検索した訳ではないが、不思議に関連する情報にアクセスするのはなぜだろう。

 「ギグ・エコノミー」とは、インターネットを通じて単発の仕事を請け負う仕事のスタイルで、働き方が自由な半面、非正規労働のため有給休暇や保健医療といった福利厚生が提供されていなく、自営業者のためか最低賃金も保障されていない。

 たとえばイギリスでは、オンラインの出前サービスを展開している会社がある。レストランに料理の注文があると、ドライバーが自転車やバイクで、オフィスや自宅まで運んでくれるデリバリーシステムだ。ドライバーは、携帯にダウンロードしたデリバリー会社のアプリを通じて出前の依頼を受ける。ドライバーは、レストランで料理を受取り、顧客の元へ届ける。

 アマゾンの配達は日本の場合、運送会社に委託されているが、ロンドンでは同様のアプリで依頼を受けた自営業者が運ぶこともあるそうだ。

 とても便利なシステムだ。ドライバーにとって働く時間をコントロールできるが、その半面、仕事は早い者勝ちで収入については不安定だそうだ。その上、繰り返しになるが有給休暇や保健医療といった福利厚生はない。ケガをしてしまうと身も蓋もない。

 検索サイトで「ギグ・エコノミー」を調べると、成功することを前提に「最強の働き方」だという書籍があった。ほんとうだろうか?

 イギリスでは、「ギグ・エコノミー」による、新たな貧困が社会問題になっているそうだ。

 この問題は、間違いなく日本にも上陸する。
 たとえば、インターネットを通じて請け負う「クラウドワーカー」は、おそらく「ギグ・エコノミー」と同様の問題を抱えている。

 あるサイトを読むと、政府の働き方改革によって、日本では正規と非正規の「同一労働同一賃金」で、待遇格差を縮小しようとしている。そうなると、企業は労働コスト増が予想され、コストが割安な「クラウドワーカー」に仕事の発注を広げることが見込まれている。

 短絡的に将来、「クラウドワーカー」が忙しく働く風景が見えて来る。しかし、残念ながら「ギグ・エコノミー」と同様に、有給休暇も保健医療といった福利厚生も、最低賃金も保障されていない。

 仕事の現状は、ほぼレギュラーで、努力をするがいつまでも続くとは思っていない。だから、週末企業として「クラウドワーカー」の二足の草鞋をはくことはどうだろうと考えている。とても難しいことだが、座して死を待てる?

 どうなることやら、あぁ先が思いやられる。
 ファイト!(-_-;)!
 
 
posted by トモ兄 at 18:28| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

昨日の団体戦は

 昨日の団体リーグ戦は2位抜けで、上位トーナメントに進み、1回戦で惜しくも負けた。ラストは僕で、フルセットジュースで惜敗。しかも2ポイント連続でネットインだった。こういう負け方は珍しい。勝利の女神は、対戦相手に微笑んだ。

 対戦相手は知り合の中国人で丸ペン。表面はイボ高ラバー、裏面は裏ラバー。サーブは裏ラバーを使い、よくきれた下回転の短いサーブから入り、すぐにイボ高ラバー面にひっくり返す。攻撃は、ほぼイボ高ラバーでナックルプッシュショート。

 僕は、サーブをほとんどナックルサーブで入った。つまり、いろいろなサーブを使い、いろいろな変化でレシーブされるのを嫌った。
 とにかく、そのナックルプッシュショートを動き回ってフォアドライブでつなぎ、上がったボールをスマッシュしたが、ミスが多かった。その上がったボールは、出合い頭の事故のようなもので、たぶんコントロールされていなく、極端に切れたりノー回転の軽いボールになっていて、見分けが付かなかった。
 このことが最大の負けた原因だった。そしていつものように、電池切れだった。

 しかし、負けはしたがよく動いた。足が可笑しくなると思っうぐらいよく動いた。
 試合後のいつものパーターンは、飲み屋さんで足が痙攣する。今回はこの痙攣がなかった。また、両足の指が最も疲労していることが感覚的によく分かった。だからだろうか、足裏の土踏まずやふくらはぎや太もももが痙攣することはなかった。 

 また、そのせいだろうか、珍しく飲み屋さんをハシゴした。
 勝利の女神は微笑んでくれることはなかったが、それなりにいい汗をかいた楽しい1日だった。

 活動計で昨日のデータを見ると、歩数は22,029、距離は18.7Km、カロリーは1,225Kcal。血圧は119/79mmhg、心拍は71bpm。歩数は若干だがこれまでの記録を更新し、自分新記録を達成。間違いなく2軒目の飲み屋さんで記録は更新された。
 この活動計のデータは1時間おきに記録されるが、上記のデータは昨日の平均値で、激しいスポーツをした割りには、いつもの1日と大きく変わることはなかった。

 今日の目覚めは、中途半端な夢で起こされることなく、5時30分に気持ちよく起床。体は全く痛くない。
 ラッキー!(^_^)
 
 
ラベル:ラッキー!
posted by トモ兄 at 07:41| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

今日は団体戦

 9月1日土曜日は完全オフ。ブログを書いてから、YouTubeで、卓球、蒋澎龍と金擇洙と柳承敏を検索。まるでハリウッド映画の往年の大スターを見るような感覚で見た。昔ペンドラ全盛の時代があって、何回見てもそのプレイはハンサムで、うっとりしてしまう。

 就寝は普通ありえない20時頃に。起床は5時半で、中途半端な夢で目が覚めた。

 卓球の試合が終わって2人の友人と飲んだ。その友人は全く名前が分からなく、飲みながら卓球や仕事のことを話そうと思っていた。夢は不思議なもので、名前も知らないのに昔からの友人で一緒に飲んでいる。僕が中座していたときに1人の友人が突然いなくなった。もう1人の友人が言うには、彼は会社役員で、緊急の会議が招集されすぐに席を立った。
 えぇ、久しぶりに会ったのに、しかも今日は日曜日。
嘘でしょう。そんなことを言った瞬間に目が覚めた。
 この中途半端な夢は、いったいなんなんだろう。
 
 さて、今日は夢でなく団体戦。8:30に迎えに来てくれる。
 クラブメンバーだが、ダブルスは初めて組むことになる。
 若手選手のデビュー戦でもある。
 どうなることやら。
posted by トモ兄 at 07:37| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

9月のスケジュール感

 8月の大々特訓の週が無事終わった。それだけでなく、明日、在住区の団体戦なのでスケジュール表の準備や受注リスト表もつくり、気持ち的にホットしている。ところが、これまでの5年間のスケジュール表を見るまでもなく、9月は1年間でもっとも忙しい月になる。なので、大々々特訓の月になることは間違いなく、もっと効率的にできる法方を考えた方が身のためになる。9月はほんとそんな月なのだ。

 そこで、役に立つのがスケジュール項目別時間(表)とそのグラフや健康管理表だ。このセットではまだ4ヶ月めだが、僕を客観的に数字で捉えることができる。当然だが最初の目的である「僕の時給」も分り、3ヶ月間の1日平均の制作時間も分かっていて、約4時間10分。(土曜、日曜も含む)

 忙しいと言う割りには労働時間が少ない。なので、おそらく1日平均労働時間は9月に約2時間ぐらいのプラスになると予想している。そして、ヒイ〜ヒイ〜ということになる。

 この1日平均労働時間の少なさは、幾つかの問題を含んでいる。1つ目は、スケジュール表に予定を多く書き込むことによって、安心する心境と同じで、忙しいいと思い込む心境がある種の安心感を与える。もうそろそろ開放してあげないと。
 また、2つ目は、自動化が起こり仕事が早くなっていること。1日平均労働時間は少なくなっているが、量をこなしている。だから、1つ目とは違う理由で忙しく感じている。
 しかし、この自動化は問題を孕んでいることに気付いた。

 自動化とは、仕事を行う場合、手法において様々なことを考え何度も繰り返すことによって、次第に考えなくても自動的に体が動くような状態になること。
 結果的に、リソース(時間、様々な資源)を最小限にし、パフォーマンスを最大化することに役立つが、考えないことが、たまに訳の分からない問題を起こすことがある。
 9月は最も忙しくなり、このたまに起きる問題が多発する可能性がある。この問題はヒューマンエラーで、結果的に他者によって発見され事なきを得るが、仕事の流れ上、とても無駄な工程が増えることになる。改善できれば、リソースを最小限に抑えることができる。

 そうなると、9月のスケジュール項目別時間とそのグラフで、「僕の時給」は上がり、また健康管理表の睡眠時間は、極端に少なくなることはないだろう。あぁ、素晴らしい(^_^)

 練習はできなかったが、9月の第一日曜日に団体戦がある。なんてラッキーなんだろう。

 9月は、こんなスケジュール感なのだ。
 人ごとのようだが、幸運を祈る。

posted by トモ兄 at 12:50| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

大々特訓の週が始まる_4

 深夜久しぶりに卓球の動画を見ようと思った。僕のラケットはすでに廃盤になっている蒋澎龍タイプをいまだに使っていて、YouTubeで「ペンホルダー」「蒋澎龍」を検索してみた。すると、2本の動画を発見。昨日検索し今日見たいと思っている。

 また、団体戦のオーダーでダブルスやシングルスのベストな順番や組み合わせを考えた。特にダブルスのオーダーが重要。しかし、メンバー4名がダブルスの練習したことはない。これは難題で、相性も分からない。しかも、この4人で団体戦を戦うのは初めてだ。イメージ的に、プレイスタイルで卓球台からの距離間だけが分かっているのみ。

 中陣と前陣を組み合わせる法方もあると思うが、そう単純な話ではなさそうだ。若いふたりで1勝を確実に獲り、その若い2人でシングルスを2勝する。おぉ何と完璧な他力本願。しかし、前回の団体戦の経験から難しそうだ。
 理想的には、60歳台のふたりと若い2人を組み合わせし、2勝を狙う。ただしこれもまた組み合わせに迷う。

 上位を狙おうとする場合と楽しもうとする場合では、オーダーが全く変わってくる。

 1試合目の勝敗で、その日のオーダーの考え方が決まりそうな気がする。よく練習している人もいれば、全く練習ができない人もいる。
 
 戦う前に、こんな可笑しな話をすることは滑稽だが、それでも、体調を崩し出場できない仲間が多い中で、ほんとよく頑張っていて上出来だと思っている。

 しかしそれでも、贅沢に何とかして勝ちたい。
 また、ケガがないようにと思っている。

 今日のスケジュールは、これから見積もりをメールし請求書の発行。それから、明日の印刷入稿のために制作。

 
posted by トモ兄 at 14:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

大々特訓の週が始まる_3

 昨日もよく働いた

 土曜日は卓球練習できないので、強引にヘボコーチ&飲みニケーション。今日は印刷入稿が3本あり、金曜日にも印刷入稿が数本ある。また土曜日は見積もりと請求書発行で、それどころではない。ところが、今日練習しないと日曜日の団体戦はぶっつけ本番になる。これはあまりにも危険なのだ。
 思ったように、上手くいかないものだ。

 ぶっつけ本番は何が危険か?たとえば、体が危険

 昨日のヘボコーチは通常1人10分だが6分にし、自分の試合練習(ダブルス)2ゲームを行った。たったそれだけなのに、家に帰ると足の土踏まずが痙攣した。
 今回の団体戦の試合形式は、W.W.S.S.S.なので、1試合で2ゲームとなる。おそらくグループリーグ戦は5〜4チーム。なので、多くて8ゲームになる。その後、トーナメント戦があり、合計すると約10ゲームするかもしれない。
 その中に普段全く練習していないシングルスもある。
 たかが練習2試合で足が攣るとは、全く話にならない。

 ぶっつけ本番は何が危険か?たとえば、サーブができない

 また、最も不安なのは試合の最初のサーブが上手くできない。たとえば、以前は普通にできていた投げ上げサーブができない。冗談半分でいうと、投げ上げたピンポンは顔のギリギリを落下通過するが、いまはヘッディングしそうになる。なので、サーブは1本目の攻撃にも関わらず、大人しいサーブから始めるしかない。つまり、体力もなく攻撃力も半減するプレースタイルでは、団体戦出場の場合、戦力外通知をすることになる。
 ところが、団体戦は最小限の4人で参加するので、例え戦力外通知であっても試合に参加する。希望は持てないが、みすみす負ける訳にはいかない。何とかして勝ちたい。
 その後、祝勝会となるのか祝笑会となるのか。

 ただし、今回初めて若いふたりの最強のメンバー参加する。他力本願になってしまうが、ここに団体戦の良さもある。

 そして、全くレベルの違う話
 なぜ、アジア競技大会に2020年東京五輪で
 優勝を目指すメンバーが出場しなかったのか


 飲みニケーションで、こんな話題があった。僕も不思議だったので調べてみると、とてもタイムリーな記事があった。この記事を読むとなるほどと思った。
 
 卓球王国
 アジア大会に張本・伊藤・石川が出ない理由
 
posted by トモ兄 at 12:29| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

大々特訓の週が始まる_2


 今週は、たまたまレギュラーの仕事3本の印刷入稿が重なった。同時に、別件の準備を進めている。加えて今週は、見積もりと請求書の発行がある。いつも月末の週は忙しくなるが、こんなに重なることは滅多にない。
 たとえば、今日迄(今月)の仕事の平均時間は約3時間30分だったが、昨日はいきなり11時間30分になった。

 また、日曜日は団体戦があり楽しみにしているが、練習できる状態にはなく、戦力外で参加するのみになりそうだ。今日は何とかしてヘボコーチには行くが土曜日の練習は難しい。

 大袈裟にいうと、今週は大々特訓の週。
 とにかく何とか今週を乗り切ろう。ファイト!

posted by トモ兄 at 09:13| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

大特訓の週が始まる


 間違いなく、大特訓の週になる。

 どうすれば効率よく仕事ができるか、スケジュール表を見て作戦を立てている。どうしよう。
 フリーで仕事をしていると、大袈裟だがチャンスだと思われる状況は、間違いなくピンチと同義語なのだ。

 予想は付いていたが、
 体力と知恵を絞ってなんとかしよう。ファイト!

ラベル:大特訓
posted by トモ兄 at 09:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

夏本番から、仕事本番へ


 孫たちが帰ってから夏の終わりを感じた。つまり、気温などのスペックの変化だけでなく、エモーショナルなことでも終わりは感じる。
 また、祭りの後を楽しむ余裕はなく、今度は仕事本番(予定)で、新たな祭りへ突入する。ただし、今週は前夜祭というイメージだ。

 来週は在住区の体育大会で団体戦がある。この大会で、初めて20代と30代位の強力なメンバーと、弱小な60代の我々とチームを組む。彼らの活躍ぶりで、10月の秋季団体戦(入れ替え戦)の昇降が占える。そういった意味でとても楽しみにしている。

 昨日(土曜日)、楽しみにしている卓球練習&飲みニケーションは難しかった。

 今日も仕事中...ファイトなのだ。 

ラベル:夏本番 仕事本番
posted by トモ兄 at 09:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする