2017年10月18日

今日のメーンイベントは、ミニ同窓会

 今日から日常業務にもどる。
 レギュラーの仕事で、まずエリアマップをつくり組版を始める。また午後には別件で印刷入稿がある。

 もし今日の仕事がスムースに運び時間的に余裕ができれば、メーンイベントへ行く途中で上野に寄り、特別展「運慶」を見ようと思っている。しかしそれどころでなくなる場合もある。

 友達から誘いを受けることがあるが、ウィークデーはほとんど無理で約束できない。だから不義理をしてしまう。そんなことを重ねると友達がいなくなってしまう。なので、優先はあくまでも仕事だが、それでも強引にプライベートを入れることにした。だめだったらしょうがない。

 実は特別展「運慶」を昨日見ようと思っていた。帰り道の途中にある上野で下車しよう。しかし、不動産ソリューションフェアで収集したカタログが重かった。なので、真っ直ぐ帰ることにした。
 自宅に戻り思わず体重計で収集したパンフレットを測ってみた。5sあった。普通は何社で何冊だろうが、その確認は目方でドンとなった。
 それから、興味あるパンフレットを読み始め、またサイトもチェックし「今日はどこに出社しよう。」を書いた。

 今日もし余裕ができれば、上野に立ち寄る前に事務所で、
 【朗読】夢十夜 夏目漱石 第六夜 運慶の情熱と明治の魂を視聴して行こうと思っている。
 
 さて、今日はどうなることやら...

posted by トモ兄 at 10:39| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

午前中はビッグサイトへ

 お客さんが主催している不動産ソリューションフェアを見学した。5回目ぐらいだろうか。国内の大手不動産会社はほぼ出展していて、ワンフロアで様々な企業の担当者から説明を受けた。こんな効率的な情報収集をできることはないだろう。だから展示会は面白い。

 また、新たな動きにも気づいたりする。具体的な説明は受けなかったが、パンフレットがあり読んでみた。

 キャッチコピーが、今日はどこに出社しよう。
 タイトルはWORKSTYLING。

 シェアーオフィスやレンタルオフィスとの違いが今ひとつ分かりづらいが、要はオフィスという場所主体から、自分で創る働き方が主体で、そんな新しい働き方に対応する、ワークスタイリングオフィスということらしい。 
 パンフレットには、SYSTEMとSERVICEとWORKSTYLING MAPがあった。

 このスタイルの新しさは、いわゆるスペースという視点から、新しい働き方を指向する人たちの視座で捉えられている。視野で捉えてみると、企業と社員が、ベストな働き方を追求することによって、企業を未来に進める力になっていくこと。

 こんなことが、いずれ常識になるのだろうか?
 いやいや、もうすでに始まっている!

posted by トモ兄 at 00:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

目が覚めた...


 昨日は疲れてしまって早めの就寝。
 朝が早いなと思いながら目が覚めた。
 時間を見ると、なんと午前1時半。冗談でしょう。

 どうしようと思うがやることがない。なので、
 しばらく布団の中でメールやブログを見る。
 
 地元卓球クラブのブログも見た。
 http://ariestakkyuu.seesaa.net
 写真を撮られることをとても嫌う人がいる。
 ほんとはよく分かる。しかし強引に撮りまくった。
 
 その中で、「32名の笑顔」が
 今回のテーマでなんとかできた。(自画自賛!)
 最後にこの写真で合宿の模様を結んだ。
 文句が出ないことを祈る。
 気が弱い僕だが
 「何か文句あっか」といいたい(^_^)
 
 これから、また寝る(-_-)zzz

ラベル:また寝る
posted by トモ兄 at 03:19| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

僕の合宿がやっと終わった。明日からは…

 地元卓球クラブのブログを勝手に運営していて、合宿の様子をアップした。思ったよりも時間がかかってしまった。クレームが来ないことを祈りながら、少しの間、卓球ブログはほったらかしにする。

 先週は忙しかったが、今週までかかりたくなかったので頑張ったというよりも必死になった。楽しいことは何とかなるものだ。

 明日は、ビッグサイトへ出かける。
 明後日は、3人でミニ同窓会を新橋で開く。

 一人は、孫会社の常務取締役になった。リタイアすることは先延ばしになったようだ。ミニ同窓会はそのお祝いも兼ねている。もう一人は、同窓会を取り仕切ってくれている女性で、これまた先端企業の執行役員。
 実はこれまた卓球関係で、東京在住の(長崎)卓球部同窓生。

 東京に来たとき、卓球をやるつもりはなかった。
 今となっては、なんてもったいないことを思ったのだろう。
 これからも、卓球の友人が増えそうな予感。
 とても、いいことだ(^_^)

ラベル:卓球
posted by トモ兄 at 15:44| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

忙しかった3週間がやっと…

 …終わろうとしている。そんなときに癒やされた。

 昨日は、10本印刷入稿し3本ラフも提出した。こんな忙しさは滅多にない。しかもその最中に仕事が流れた。この仕事はコンセプトワークが必要で、貫徹してできるような仕事ではなかった。不覚にも僕の中で、アンラッキーとラッキーが共存した。

 また同時に、卓球合宿で撮影した460カットの編集作業も行っている。表紙(コンテンツ)ページをつくり、それぞれの画像をクリックすると、各カテゴリーのトップページへジャンプできるようにする。そして最後のページは、32人の笑顔でまとめる。メッセージは、「笑顔に勝るものはない。また一緒に卓球ができますように」というような結びにしたい。

 待っている人がいると思うので、今日明日でその作業を行い、卓球クラブのブログにアップする予定。



 今日朝メールチェックすると、風空(kazesora)さんから、
「WorksU この街に僕は佇む..」をアップした連絡があった。
 

WorksU この街に僕は佇む..

パリの街の香り、雑踏など

届くことを願いながら..



 僕が解説する必要はないのですが、余計なお節介で。
 風空(kazesora)さんのphotograph is my life..は
 実は、ポジティブには、DISCOVER FRANCE(やJAPAN)
    ネガティブには、自分再発見だと思います。

 風空(kazesora)の解釈でフランス・パリの街を
 切り取ったそうです。
 さて何を再発見したのでしょうか?
 そこに閲覧者もつながっていく。
 具体的な言葉にならない、感謝の念。
 
 2017年09月20日
 風空さんの眼差し(Works)もいいですよ!

posted by トモ兄 at 13:07| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

まさか、こんな時に役立つとは

 ある集合写真を卓球クラブのブログに掲載したい。とてもいい思い出になるので、慎重を期すために、全く位置を変えずに3回連続して撮影した。この画像を全員にプリントする。

 その3点の連続した集合写真で、目をつぶっていないとか笑顔が多い表情豊かな1点を選んだ。そして再度確認すると2人の表情に問題があった。折角なのでちょっと修正する。

 まず、他の2点の集合写真を確認すると、いい表情をしたものがあったので、笑顔をぼかしたマスク版で切り抜き、コピーし、掲載したい集合写真の2人の顔に移植する。以前「フェイク」という映画があったが、そんなことをPCの中で行う。
 掲載した集合写真を確認すると、全く問題ない。いい仕上がりだ。自然なので、おそらく誰も気づかない。

 このテクニックは、卒業写真アルバム制作会社でアルバイトをしていた頃に覚えた。思い出しながら同じ手順で行った。若干心配していたが、まだ記憶力は大丈夫のようだ。

 大切な(集合)写真のカットだったら、何枚も撮る。
 そして、もし修正が必要になったとき
 サブカットが修正用の素材になる。

 同じカットは二度と撮れない。
 人との出会いにもたとえられるように、
 このことを、一期一絵という(^_^)/
  
 おぉ、こんな時に役立つとは

posted by トモ兄 at 10:12| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと、バテ気味なので


YouTubeをウロウロしていたら

山下達郎につながった。

パレード
スパークル
RIDE ON TIME 
Your Eyes
クリスマス・イブ

ちょっとバテ気味な人、元気がでるかも。

ラベル:山下達郎
posted by トモ兄 at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

2:00無事終了

終わった。寝れる。

posted by トモ兄 at 02:10| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

ところが、😌💤と寝てしまった

原稿を待っていたが、来なかったので寝てしまった。

今日の印刷入稿は、大丈夫だろうか。

最悪の場合、キャンセルしかない。

だから、約束ができない。
ラベル:約束
posted by トモ兄 at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

これから仕事


 目を覚ますためにブログを書く。

 今日明日が最大のピークで、ここを頑張らないと何にもならない。担当者も同様に頑張っている。

 明後日は朝からでかける。それからコンペの制作にかかる。

 再来週明け早々にビックサイトへ見学に。そして次の日は、久しぶりのミニミニ同窓会がある。

 22日は団体戦だったが、選挙のため来年の2月に延期。
 ちょうどいいかも。もう少し練習しないと勝てない。

 コーヒーを飲んで、これから仕事
 
posted by トモ兄 at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月がでた

 昨夜22時ぐらいだろうか、雲の切れ間にやっと中秋の名月が顔をだしくれた。これはチャンスだと思い、久しぶりにデジタルカメラを持ちだした。ファインダーを覗くと電線が邪魔して台無しだ。そこで、電線と電線の隙間に見えるアングルを探しだし、カメラの設定をいくつも変えながら手持ちで撮った。

 勝手な想像だが、雲の切れ間から顔を出してくれた瞬間、ウインクをされたように感じた。きれいに撮ってね!そんな技術はないが、できるだけ美人に。

 それからすぐに、コンピューターに取り込んで見た。引いた画像を見るとそんなに電線は気にならなかった。若干の画像処理し、ブログにアップすることにした。思ってたよりも電線も雲も写っていなかった。

201710042.jpg


 当然、月見で一杯でしょう
 酒の肴は、中秋の名月
 酒は、下町のナポレオン

 今日は5時起床
 月がよく見えた日は、朝が冷える。
 ちょうどいい、気持ちがシャキッとする。
 これから、仕事。
ラベル:中秋の名月
posted by トモ兄 at 06:33| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

中秋の名月


12017104月.jpg


名月を酒の肴にひとり酒 


ラベル:中秋の名月
posted by トモ兄 at 22:34| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いやはや 大変だ(^_^)

 昨日は22時に就寝。
 睡眠時間はもう少し欲しかったが、
 今日は午前4時に起床。ノンビリと仕事を始める。

 昨日は夕食を終え、すぐに「ラスト・タイクーン」シーズン9(最終回)を見た。
 
 感想は、夢の実現を達成できるが、結果的に大切のものを同時に失うことに。なんて皮肉だろう。

 スコット・F・フィッツジェラルドは、ヘミングウェイとともに「失われた世代」の作家だそうだ。そういえば、「老人と海」を思い出した。大激闘のすえ釣った魚は大きかったが、漁港にたどりついたとき巨大な骸骨になっていた。

 しかし、それでも人はまた夢を見るようだ。
 そこに、人の逞しさや希望が...
 
 今日は午前4時に起きて、いつものようにベランダに出た。そういえば、今日は中秋の名月。思わず月はどこだ。それって夜じゃない。見えたのは、とあるマンションの明かりだった。なぜいつも明かりは消えないのか不思議だが、それ以上は想像しないことにしている。

 月はなかったが、メールチェックをすると原稿があった。イベント用の告知を制作している。とりあえず現状で制作できたラフをメールする。目標は6日金曜日に印刷入稿すること。

土曜日は別件がある。

 先ほど、カレンダーの印刷入稿を終えてホットした。

 あとはいつものレギュラーと、何本かの新聞広告を仕上げる。この忙しさは、今週で山を越える。

 火曜日は、久しぶりにお客さんと打ち合わせをする。
 この仕事はコンペで、すでにサイトで検索し僕なりに準備を進めている。なんとなくアイディアが浮かんだ。ただし、まだ打ち合わせをしていないので、どうなることやら。
 
posted by トモ兄 at 13:04| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

10月が始まった

 最近のマイブームが二つある
 
 一つ目は、卓球でシングルスの練習を始めた。理由は単純で、団体戦はダブルスとシングルスの組み合わせで行われ、ダブルスはパートナーが強くて勝てるが、シングルスは勝ったためしがない。このことがとても気分が悪い。実は70歳のへんてこな変則(変態)親父がいて、彼に歯が立たない。このことがもっとも腹が立つ。

 気分が悪いだけでは勝てるようにならない。何十年ぶりだろうか真面目にシングルスの練習を始めた。体がぼろぼろになり、病気になりそうだった。その日、その変則(変態)親父がいて、その練習会場が終わると、休みもせずに次の練習会場へ向かった。信じられない。

 その時、僕に「先輩練習へ行ってきます」
 この野郎「ふざけるな」ほんとムカつく!
 僕は彼から、その日1ゲームも取れなかった。

 

 二つ目は、プライム・ビデオでアメリカのTVドラマ「ラスト・タイクーン」にはまってしまった。

 原作はスコット・F・フィッツジェラルドの遺作で未完の大作。「ラスト・タイクーン」は、大恐慌やドイツナチス政権の影響力が増す時代において、天才映画プロデューサー モンロー・スターと彼の父親的存在であり、上司である映画スタジオ経営者パット・ブレディとの対立を中心に、映画製作、愛憎、野心を通して1930年代のハリウッドを描くTVドラマ。

 ハリウッドの黄金期がまもなく訪れようとする時代
 彼らがつくり出したのはハリウッドの夢
 しかし、「夢の実現には常に犠牲が伴う」


 だそうだ。


 最近、お昼に見ていた倉本聰脚本「やすらぎの郷」が終了した。僕は、「やすらぎの郷」の最終回を見終わって、偶然にアメリカのTVドラマ「ラスト・タイクーン」を見ている。テレビと映画の黄金期のはじまりを比較検討するために、「ラスト・タイクーン」を探し出したわけではないが、強引に関連づけようとした。

 もしかすると、

 テレビの黄金期がまもなく訪れようとする昭和の時代
 彼らがつくり出したのはテレビドラマの夢
 しかし、「夢の実現には常に犠牲が伴う」


 と、捉えることもできるのか。

 倉本聰脚本「やすらぎの郷」では、
 この「夢の実現には常に犠牲が伴う」に
 手をさしのべている。

 物語は真実を語る必要はない。つくられた世界。

 主人公が、こんな台詞をいったのか覚えていないが、

 さいごは笑って、
 いきましょう。


 10月は、こんな感じで始まった。
 
posted by トモ兄 at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

できる限りのことを行う

 とはいっても、できるだろうと思うことを行っている。

 先週・今週・来週は1年間で最も忙しい週のひとつだろうか。今週は月末の週で特訓も重なる。なので、見積もりや請求書等の発行が済むといつも以上にホットした。

 ある担当者から、今週はそんなに忙しくないと聞いていて、その理由は理解できた。しかし、まさかその人が、こんな忙しいときに退社するとは思ってもいなかった。

 ほんと何が起こるか分からない。しかも考えが甘かった。

 今週は映画をすでに3本見ている。いつものように、プライム・ビデオにアクセスし、見ていない映画を見る。この日は、たまたま最初に目に入ったのが「ハムレット」だった。

 見はじめたのが、22時ごろ。
 しかし、まさか再生時間が4時間2分とは。
 
 最後まで見るべきか、見ないべきか。

 眠ってしまえば、心配ごとも疲れも忘れることができる
 これこそ 願ってもないことだ
 結局は面白かったので、最後まで見てしまった。

 オフィーリアの姿も思い浮かんだ。

 その数時間後起床、目元にはクマを飼っていた。


 また、予定していた明治座で「藤あやこ特別公演」
明治一代女を鑑賞した。

 実際にあった事件らしいが、史実とは違うらしい。
 つくられた物語。

語り継がれる せつなく美しい想い。
雪の浜町川岸に
一途な女の愛が 燃えて、散る。

 だそうだ(チラシより)

 感想を書きたい気持ちはあるが止めておく。
 一言でいうと意外にも面白かった。

 ほんと考えが甘い。
 なので、余計忙しくしてしまった。 
 しかし、結局はできるだろうと思うことを行っている。
 
 今日の夕方からの卓球練習はお休みにする。
 一日中、仕事の予定。
ラベル:考えが甘い
posted by トモ兄 at 11:56| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

5時起床、まずはメールとブログチェック


 昨日はいつものように卓球ヘボコーチにいった。
 24時就寝。5時起床。

 間違いなく「50歳のアフィリエイト」55歳の日記、たまにアフィリエイトの最大の読者は自分自身で

 読み直すと、思わぬ誤植。
 今日もまたせっせと修正する。
 一瞬肝を冷やすが、すぐ忘れることにする。
  
 メールをチェックすると、思わぬ誤算。
 今週はゆっくりのはずだったが、エンジンをかけ直す。
 いまから、仕事を始める。

 感謝(^_^)

ラベル:誤植 誤算
posted by トモ兄 at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

ブルーマンデーを「スローマンデー」へ、ところが..

 月曜日、朝日新聞の天声人語は興味深い内容だった。書き出しは「月曜日は嫌い」から始まる。ブルーマンデーは説明しなくても理解できるが、医療の世界でも、月曜日の午前中に心筋梗塞など心疾患事故の多いことが知られているそうだ。そこで、まず基礎的なデータの収集を始めた医師がいる。

 対象者は、平日に務めを持つ207人。月曜日と金曜日と休日に、1日数回決められた時間に血圧と心拍数を計測。その積を記録することによって、心臓にかかる負荷を調べた。
 
 血圧×心拍数=心臓にかかる負荷…だそうだ。
 積の数値が高いほど、心臓に負荷がかかっている。

 その結果、やはり、月曜日の朝10時が際立って高かった。なぜそうなるのか。土・日曜日はリラックス、月曜日は1週刊のスタートで「一気にストレスがかかる」ということらしい。

 つまり、急に仕事モードに入るのは心臓には悪い。
 だから、ブルーマンデーから「スローマンデー」へ。
 とある病院の医師(研究班)は「スローマンデー」を提唱した。月曜日の朝、職場に着いてもいきなりギアを高速に入れないよう勧める。月曜日は特別に心臓をいたわってあげる。

 最近サボりがちだが、今年の1月から血圧と脈拍数、体重や基礎代謝や体脂肪率などを測って、Office テンプレート(健康管理表)で管理している。感覚でなく、数字で正常域血圧と比べると健康により注意するようになった。また、健康管理表に起床・就寝時間、体重・BMI、基礎代謝・体脂肪・骨格筋率・内蔵脂肪率等も付け加えた。各項目も、同年齢の男性平均値と比べている。
 
 タイトルは、ブルーマンデーを「スローマンデー」へ、ところが.. 僕はフリーランスになって25年。曜日の区別がプロダクションにいたころと比べると曖昧になった。
 ところが、「ハナキン」が気になっている。

 納品の最終日が毎週金曜にある。なので、メールのボタンを押す瞬間の前後は、集中力やストレスが最高潮になる。たまに心臓の鼓動が聞こえてくることがある。
 それが一瞬にして解放される。感覚的だが体の中で何かスーと引いていくのが分かる。ただし、疲れだけはしっかりと居残る。以前は正に「ハナキン」だったが、今はその役目を土曜日に譲る。

 現在の「新しいハナキン」は、大人しくのんびりすると過ごす。夕食が終わってから映画を見ることは、習慣化している。
posted by トモ兄 at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

ノンアルコールとトイレットペーパー

 昨日は信じられないように疲れてしまった。体力が落ちたことを書いたが、そんなことでは済まなかった。練習が終わりすぐに帰り、シャワーを浴び1時間仮眠をとった。

 病気し回復した経験のある人は分かると思うが、体が調子を崩すと体のどこかにサインを送る。まるで信号機のような機能があって注意を促す。僕の場合は疲れが溜まってくると、赤い小さなランプが発光する。

 昨日は、あまりにも短時間でその現象が現れた。そんなに激しい運動をしたのかといえば、全くそんなことはなく、そこの練習会場では普通なのだ。全く迷惑な話だと思うが、最低限の準備を怠った人には、スポーツ〔特に試合〕は危険きまわりない。昨日は思い知らせれた。

 1時間後に目を覚ますと、まだ若干赤い発光現象は残っていたが疲れは取れていた。そんなことを感じた瞬間、飲むんだったら今でしょう!ビールを飲みたくなった。

 そんなことを独り言のようにいうと、だったらトイレットパーパーも買ってきて。そういうときのフットワークの素早はない。卓球に生かせないものだろうか。さっそくディスカウントストアで、ノンアルコールビールと天然水とトイレットペーパーを買った。
 
 その日はいつものように大河ドラマを見た。日曜日には珍しいが、その後すぐに映画を見た。
 それから1:00まで仕事をした。最後に明日のスケジュールを確認した後、瞬間的に眠りに落ちる。
 昨日は、いい一日だった。

posted by トモ兄 at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

今日はのんびりと_レンブラント

 レンブラントについての2つの疑問で、カラヴァッジョからの影響や自画像の多さについては、「レンブラント(光と影のリアリティ)」[熊澤弘]の第一章 才能ある若き天才のデビュー(〜1631)に、その疑問に答えるヒントがあった。まさかこんなにも早く分かるとは思ってなかった。

 このような疑問は誰にでも浮かび、レンブラントに興味を持ち読み進めていくための導入部になっているのか。まずはこの疑問に軽く答えて、画家の生涯に分け入っていく。

 たとえば、師匠であるラストマンからの飛躍では、『バラムとロバ』というエピソードの絵画が紹介されている。

ラストマン『バラムとロバ』

Balaam_i_osioł.jpg


レンブラント『バラムとロバ』1626年

No.002.jpg

『バラムとロバ』のエピソードとは、イスラエル人に恐れをなした、モアブの王バラクは預言者バラムに彼らを呪うように依頼した。その途上、剣を抜いた天使がバラム一行の行く手を遮る。恐怖でへたり込んでしまったロバは、突然言葉を話だし、やがてバラムにも天使の姿が見えるようになった。

 ラストマンの『バラムとロバ』は横位置で描かれている。
レンブラントはこのエピソードを縦位置の画面で構成したが、師匠からの影響は明白だ。しかし、迫力については一目瞭然だ。レンブラントはバラムとロバを重なるように天使を描き、ロバの抗議の様子がこの物語の中心として際立たせた。
 ここに先人の作品を参考にながら、物語の絵画化や表情と質感表現も徹底、大胆な画面構成しさらなる革新性を展開した。


レンブラント『愚かな金持ち』1627年

No.009.jpg


 『バラムとロバ』で明暗法はみられないが、レンブラントの作品で『愚かな金持ち』1627年では、ラストマンから学び、ユトレヒト・カラヴァッジェンスキーといわれる画家に影響されと思われる明暗表現を用いた。光と影でドラマチックなシーンと感情などを巧みに表現。まだ21歳の頃の作品で、すでに光と影の画家としての片鱗を見せる。

 自画像の多さについては、また後日
 
posted by トモ兄 at 17:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週は忙しかったので、今日はのんびりと

 今週は実働4日間だったが、大小取り混ぜて12案件の印刷入稿や同時にラフ提出もあった。また最大の懸案事項である客単価のアップも考えている。
 レギュラーの仕事はそのままにし、週末起業という働き方はあるか。僕にはどんなことができるだろう。

 たとえば、今週は祝日が2日間あり実働4日間だったが、実は実働4日間が日常になりつつある。

 この仕事環境は、僕が積極的に取り組んだことではなく、クライアントの都合だった。当初は厳しかったが、僕の制作能力がよりスピードアップし、安定供給の対応ができれば、新たな時間が生まれることになる。

 もう一踏ん張りといいながら、今日はのんびり
 
ラベル:のんびり
posted by トモ兄 at 11:26| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする