2018年05月27日

今日は、春季団体リーグ戦


 大阪出身でないけれど、なんでやねん!
 4:30に目が覚めてしまった。
 それから2度寝て6時に起きた。

 まるで、小さい頃の遠足の日の朝のようだ。

 天気は晴れ。現在、気温は21°。26°まで上がりそうだ。
 給水に注意!

 今日は新しいユニフォームに袖を通す。

 さて、どうなることやら。

posted by トモ兄 at 08:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

金曜日は、映画を見て、ブログを書いて

 起きてから、昨日と今日のスケジュール表を確認する。
やっと仕事が忙しくなってきて、一昨日と昨日で10本の印刷入稿があった。なので無事終了するとホットする。金曜日は夕食が終わると映画を楽しむことが習慣化されている。そして翌日スケジュール表に書き込む。

 ところが、映画の内容は覚えているがタイトルを覚えていない。原因は、見ていない10タイトルを候補に選び、内容の紹介文を読む。迷ったときは☆(映画の評価)の数の多い映画を見ることにしている。その時点で、ひどい話だが映画のタイトルはほとんど関係なくなっている。もしくはタイトルに思い込みがない。今回見た映画のタイトルは全く思い出せなく困ってしまった。
 そんなことがほんと多くなってきたが、ちょっとしたきっかけで思い出すことがある。

 たとえば今回は、映画のタイトルがシンディ・ローパーの曲名と同じだったことを何となく不思議に感じていた。

 検索を見ていたら、トゥルーに反応してシンディ・ローパーを突然思い出し、そうだ「トゥルー・カラーズ 」だ!となった。
 記憶ってどこかにあり検索できないだけなのか。いつもだが結局は何とかして思い出した。

 それから忘れないようにメモする。
 【特別展】琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―を書いたが、この展覧会で、琳派の特徴を4つの視点で展示してあってとても分かりやすかった。その視点(どこに焦点を当てたり、着目するか)とは、

 「構図の継承」、「モティーフの図様の継承」、「トリミング」、「装飾性とデザイン性」があり、ゆっくり調べてみたい。その中でも日本美術における『装飾性』が重要なキーに感じる。

 今日はここまで、これから仕事。

posted by トモ兄 at 13:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

先週は大変だったが、ほんと面白かった

 先週、毎日が印刷入稿日と書いた。加えてSP広告が4本重なっていて、混乱してしまった。その時、本棚にある古い本で、坂井田稲之著『SPプランナー入門』という本を覗いた。約30年前だと思うが、目的はプランナーになることではなかったが、広告デザインをする上でどうしても必要な知識で、宣伝会議のSPプランナー講座に通った。途中で頓挫してしまったが、その時のテキストだったのか?『SPプランナー入門』を読みながら、何を強調すれば良いかを考えラフを制作した。何とかできたのでホッとした。

 そして、やはり面白かったのは、山種美術館の【特別展】琳派−俵屋宗達から田中一光へ―と、『デザイナー・田中一光にとっての琳派』講師:山下祐二氏による講演会だった。

 この展覧会と講演会では、面白いことや発見が沢山あった。いずれ、自分のためにもメモ書きとして、「60歳のファイト」に残しておきたい思っている。

 たとえば、講演会で山下祐二氏よりこんな質問があった。
 
 俵屋宗達、尾形光琳が描いた『風神雷神図屏風』で、最も違うところは?
 その流れで、酒井抱一の『夏秋草図屏風』につながる。
 その答えに、なるほどと思った。

 月曜日は忙しくないと思ったが、早くも仕事が動きだした。なのでこんなに遅くなってしまった。
posted by トモ兄 at 02:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

続編『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』って何?

 昨日、『マンマ・ミーア!』を見た。翌日、続編『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』を知った。

 『マンマ・ミーア!』の予告編をブログに貼ろうと思い、検索すると、寝ぼけたような動画とクリアな動画があった。なのでクリアな動画と思い、一応内容を見た。すると覚えがないシーンがある。昨日見たのに、なぜ思い出せないのか。ほんとに心配になった。その時は、まさか続編があるとは知らなかった。





 調べてみると、10年ぶりの続編であることが分かり、『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』は8月24日に日本公開だそうだ。

 続編は、前作のその後&ドナの青春時代を描く。
物語は、妊娠したソフィが島に戻り、ロージーやターニャと再会するところから始まる。出産を不安がるソフィに、女手一つでソフィを育て上げたドナの昔話を始めるロージー&ターニャ。 
 若きドナとサム・ビル・ハリーそれぞれの出会いが描かれ、ソフィの祖母も登場する。前回と同様にコメディータッチのドタバタがあるのかな。

 そして、最後にはきっと、幸せにしてくれる。

posted by トモ兄 at 15:18| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日は、いつものように映画を見た。

 今年になって37本目は『マンマ・ミーア!』。もしかして、ドナ・シェリダン(母親役)ってメリル・ストリープって思いながら見ていた。映画のジャンルは、ロマンティック・コメディ・ミュージカル映画で、ソフィ(娘)の結婚式のドタバタを描いている。
 ラストは、意外な展開になる。
 これが面白く、幸せな気分にしてくれる。

 ドナはひとりでソフィを育てたが、ソフィは父親が誰であか知りたかった。そこで、ドナの日記を盗み見て「・・・」、自分の父親候補が3人いることに気づき結婚式に招待する。できれば、ヴァージン・ロードを父親と歩きたいと願った。

 ドナに、ソフィの計画は知らされてなく
 ドナは、3人の父親候補と20年ぶりに再会する。

 ストーリーも面白いが、舞台がいい。ギリシャ・エーゲ海の架空の島にあるホテル。ドナはホテルのオーナーで娘と仲良く暮らしていた。このロケーションも最高にいい。

 娘役のソフィもどこかで見たような。調べて見ると、アマンダ・サイフリッドで『レ・ミゼラブル』のコゼット役でした。
レ・ミゼラブル』の感想も書いています。
 アマンダ・サイフリッドが歌う、Thank You For The Musicも素晴らしいです。

 マンマ・ミーアと聞くとABBAを思い出しますが、この曲をベースにブロードウェイで公開されたミュージカル『マンマ・ミーア』を映画化したそうだ。

 ちなみにAbbaの、
Mamma Miaは、視聴回数 1.3億 回
Dancing Queenは、視聴回数 2.5億 回
Thank You For The Musicは、視聴回数 1,854万 回
 凄い視聴回数だ!

 ミュージカルにはそんなに興味なかったが、
キャッツ(Memory)』『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』と見て、『マンマ・ミーア』とつながった。

 見るジャンルはバラバラだ。面白いと思うとそのジャンルを続けてみる傾向がある。たぶんそろそろ変わる。
 今年なって★★★★★は、『Disney's クリスマス・キャロル』だった。実は昨年も1回見ていて、2回目は、アドラーの心理学のからみだった。
posted by トモ兄 at 12:54| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

今週、毎日が印刷入稿日

 先週の土曜日、卓球練習の中止がラインであり、時間に余裕ができた。そのためか、仕事の前にブログを書き始める。それが良くなかった。タイトルの『継続すると、何が分かるかも』もちょっと変だけど、とにかく本文を何度も書き直した。ばかげているがそんな理由で、日曜日に仕事をする羽目になった。

 ところが、日曜日も修正した。何のメリットがあるのだろう?結局、仕事のラフ制作は午前4:00まで掛かり、朝起きてメールのボタンを押すと、ラフが提出できる状態に。

 その朝うなされて起きる。今度は夢の中で、ラフにもっと手を加えろという、うるさい声が聞こえた。3時間の睡眠でむりやり起こされ、クライアントの修正指示でもないのに、提出予定のラフ初稿に手を加えた。

 ところが、なるほどいいね!

 メールボタンを押す。その2時間後にクライアントから追加修正が来た。ゲ!「なるほどいいね!」の部分がトルツメ!
 嘘でしょう。

 この仕事は14時に印刷入稿し、無事終了。
 昨日と今日はもっとも厳しい印刷入稿になるが、今週はこんな調子で毎日印刷入稿が続き、感謝すべきことだが軽い分裂症に?もしくは軽躁に?

 加えて、久しぶりにソフトアプローチの仕事も何件か同時に制作。こんがらかっていて、整理整頓をしっかりしないと。
 ほんとにファイト!なのだ。

 また、『継続すると,何が分かるかも』のベースになっている、スケジュール項目別時間の統計表と複合グラフも繰り返し手直ししていて、最新バージョンでは、項目別時間の項目に「謎の時間?」も加えた。

 今週は、事務仕事と重なっていないが、正に特訓になってしまった。それでも、金曜日中に全ての予定が終了する。そのことを想像すると、まだ終わってもないのにホッとした。

 土曜日は何年ぶりだろうか?昔の卓球仲間の定期練習会に参加する。それから飲みニケーション予定。ただし深酒は要注意。
 日曜日は美術館へ。鑑賞後、その関連講演を受講する予定だ。

 こんなこともないとね
 楽しいウィークエンドが待っている(^。^)

posted by トモ兄 at 08:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

継続すると,何が分かるかも

 大型連休が終わると仕事が動きだし、同時に自分の中で懸案事項だった『僕の時給』の検討も始めた。

 現状では、制作時間のカウントを行っていて、当月の売上が分かるとその月の時給が計算できる。しかし、それだけではつまないので、今月からそれ以外の要素も付け加え、時間軸ベースに積み上げ縦棒と折れ線の複合グラフをつくっている。

スケジュール表*.jpg  項目別時間.jpg

 すぐに見えてきたことがあった。忙しく働いていると思っていたが、実態はそれ以外の時間が多いことが分かった。1日単位のスケジュールの積み上げ縦棒グラフなので、合計は24時間になるはずだがそうはならない。なぜならば、仕事とプライベートのスケジュールを8分類し、折れ線グラフはその8分類の合計時間として表示している。ところが、8分類に含まれない時間がある。これをインターバルとし、それぞれのスケジュールとの間の時間で、寛いだり準備したりしている時間だ。なかなかすぐには、次のスケジュールに切り替えられない。

 『僕の時給』には、仕事の進め方でハードアプローチとソフトアプローチが大きく影響を及ぼす。僕の場合、極論だがハード&ソフトアプローチの単価はそれほど大きく変わらない。ハードアプローチとは、できるだけ時間の効率性を優先させ量をこなす方法。ソフトアプローチとは、効率性を優先させる検索型でなく、探索型の方法で遠回りをするが、品質を優先させるために時間を掛ける。また、コンペはソフトアプローチの典型的な事例だ。時間を掛けても通らないと、売上は上がらなく時間だけは加算される。結果的に『僕の時給』に最も大きく影響を及ぼす。だから、『僕の時給』を上げるためには、ハードアプローチのさらなるスピードアップと、ソフトアプローチやコンペは要注意で覚悟が必要だ。ただし、挑戦することはいいことだと思っているし、面白味がある。

 きっかけは『僕の時給』を把握することだったが、スケジュール項目別時間は、まだ明確にいえないが自分自身の問題点を発見できるツールになりそうだ。そして改善できるといい。
 たとえば、僕にとって1ヶ月間の仕事で、3種類のアプローチの適正な割合がありそうだ。また、継続なのか新規獲得なのかの問題も含め、次の課題としたい。10年前に、仕事がゼロでリスタートした頃とは随分取りまく環境が変わったが、基本的に「サバイバルすべし」は全く変わっていない。

 それから、確かに忙しくてもそうでなくても同様に疲れやストレスは溜まる。だったら忙しい方がいいに決まっている。ただし、疲れやストレスは、仕事とプライベートとの合計時間とインターバルの時間との関係に、重要な意味がありそうだ。つまり、この関係は僕の『健康のバロメータ』になるのでは。もちろん、睡眠時間も影響する。

 課題だらけだが、普段からつくっている売上表とスケジュール表は、スケジュール項目別時間とセットになっているので、容易に継続ができる。

 「分ける」ことは「分かる」ことだそうだ。もう少し時間を置いてから、課題に取り組みたいと思っている。

 まずは、継続することだ。ファイト(^_^)/
posted by トモ兄 at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

世界卓球2018団体戦観戦_7 雑感

 世界卓球2018団体戦を観戦した。その時、瞬間的に足の動きが映し出された。

 昔々、荻村伊智朗さんの本を読んだとき、たまには上半身の動きだけでなく、足の動き(フットワーク)を見てみよう。また違ったことが見えてくる。とおっしゃっていた。
 それにしてもあの細かいステップで、遠くに動かされた場合によく距離がで間に合うものだ。関心してしまう。

 このフットワークが、世界一早い伊藤美誠と平野美宇の戦術を支え、伊藤美誠の場合は手首の強力な回転がこれに加わり、平野美宇の場合は腰のシャープな回転が加わる。これまでの世界選手権を観戦すると、日本の選手は体が小さいので、左右を狙われ動かされていた。

 ところが時代は変わった。それは逆になったように思える。日本選手が両サイドのラインを切るような位置とストレートを狙い、中国選手は日本人選手のミドルとファア側を狙いミスを誘う。深いフォア側の打球は、卓球台の位置どりを膨らませようとする意図が見える。つまり、卓球台から下げさせることによって、世界一早いバックハンドの精度に制限を掛けようとしている。また仮に中陣に下がってしまうと、中国選手に較べ日本選手はまだ力不足のように感じる。

 今回の世界選手権では中国に軍配が上がったが、ミドルとファア側を狙うことは危険きわまりない戦略で、日本選手の打ちミスを誘うためには、完璧なほどの戦術であるブロック技術が支えている。つまり、意図的に打たせていた。

 今回は難しかったが、早い打球点のライジング打法は必然的にハイリスクハイリターンの技術であるが、より精度の高い打法を身に付けることによって、万里の長城を決壊させることはきっと可能だ。実は一部決壊が始まっている。

 また、時代は変わったと前述したが、これまでは中国選手のスピードやパワーに対応することが重要だったが、追っかけただけでは置いてけぼりを食らう。今は、中国が伊藤美誠と平野美宇の早い卓球の対応策に捕らわれている。大袈裟かもしれないが、時代は変わった。現実に、伊藤美誠と平野美宇が中国選手に勝てるようになった。このことがシニアのクラスでも、一部決壊が始まっていることを意味する。

 伊藤美誠と平野美宇の戦術の精度がより高まると、今度は中国が置いてけぼりを食らう番となる。

 そんなことを、深夜酒を飲みながらボ〜と考え床についた。しょうもないヤツといわれそうだが、心地いい未来に思いを馳せることはいいことだ。
 今朝も6時に起床し、ジョギングはしなかったが舎人山へ散歩に出かけた。

 ゴールデンウイークは、卓球をサイトスポーツとして楽しんだり映画を見たり、若干の読書。旅行には行けなかったが、それでもこんなことは今までになく、非日常の生活を妻と一緒に楽しんだ。

 明日から、また日常は始まる。ファイト(^_^)/


posted by トモ兄 at 12:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

5月の予定は

 5月は、楽しみにしていることがある。

 一つは、春季団体リーグ戦(入れ替え戦)
 春季団体リーグ戦では3部を目指す。今季から、メンバーが入れ替わりより強いチームになった。5部から4部になったばかりだが、いきなり3部への昇格を目指す。だから、他のメンバーに頼ってばかりでなく、チームの勝利に少しでも貢献したいので練習量を増やしている。今度の団体戦では、昇格することを楽しみにしたい。またタイミングがよく、土曜日の練習日に強い練習仲間が集まりだし、とてもいい練習ができるようになった。


 もう一つは、琳派の鑑賞
 山種美術館で【特別展】琳派-俵屋宗達から田中一光へ-を見ること。また、関連イベントの講演会『デザイナー・田中一光にとっての琳派』を受講をする。

 日本の美術ファンは、日本絵画では琳派、西洋絵画では印象派が多いそうだが、僕もその部類に間違いなく当てはまる。
 また、琳派は俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一が挙げられるが、現代ではその継承が会田誠と田中一光が候補に挙げられている。そういう意味でも、山種美術館での「【特別展】琳派 」や関連イベントの講演会は大変興味がある。

 10年前に、琳派の俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一を同じ会場内で「風神雷神図屏風」を鑑賞したことがあって、感動した。このときは、出光美術館で『国宝 風神雷神図屏風』展。 
 このときの感想をまとめたのが、「■風神雷神」、「隠れファンとして、次回は?_2」だ。

■風神雷神
隠れファンとして、次回は?_2
 
 あれから10年経つ。また俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一と再会できる。そして、大変著名なデザイナー・田中一光と琳派との関係も知ることができる。

 そして、読書
 5月ももちろん仕事を優先するが、連休中は積ん読だった、川本皓嗣著『日本詩歌の伝統』-七と五の詩学-を読もうと思っている。また、できれば高山宏著『江戸の切口』も。こんな長期の休みは滅多にないのでチャレンジしてみたい。

 この二人の先生には、gaccoで学んだ。
俳句−十七字の世界− 担当講師:川本皓嗣
今だからこその江戸美術 Edo Visual Culture As We Really Should Know It 担当講師:高山宏

 僕にとって、この講座はほんと面白かったので、
 その続きとなる

ラベル:読書 俳句 美術 卓球
posted by トモ兄 at 18:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずは、4月を振り返ってみると...桜モード

 今月の目標は仕事モードへのスイッチ。ところが、同時に桜モードでもあった。しかも、いつのように映画を今月も6本見ていて、「ラ・ラ・ランド」は面白かった。また、ブログもアップ。卓球の練習では珍しくお隣の県へ遠征した。もちろんヘボ卓球も。だから今月は忙しかったはず。

 たとえば、さくらモードは
 都市農業公園、二人だけの花見、美術館でお花見!で、桜を愛でた。

 桜モードは、3月25日近くの公園からスタート
 実は5、6年前から『都市農業公園の桜を愛でる』。ということを計画していたがやっと実行に移せた。約4週間(月曜日)にわたり都市農業公園へ通った。
 春になると桜の開花宣言が気になるところだが、こんなにも開花する時期が違っていることを初めて知り、様々な品種の桜を愛でることができた。
元気なことはいいことだ
都市農業公園の下見
都市農業公園桜リスト●一重咲_1
都市農業公園桜リスト●一重咲_2
都市農業公園で桜を愛でる
都市農業公園桜リスト●八重咲_1
都市農業公園桜リスト●八重咲_2
都市農業公園桜リスト●八重咲_3
4月10日、兄と弟の花見

 みんなのデジブック広場というサイトがあり、作品を紹介
 静かな静かな『二人だけの花見』の物語。新しい花見の経験をさせていただいた。静謐で愛情に満ち満ちた作品は、素晴らしかった。
二人だけの花見

 山種美術館で桜を愛でる
 山種美術館の企画展で、おそらくテーマ(課題)は、日本の春を象徴する桜を様々な時代やジャンルの表現形式で、日本人としての美意識を満喫させる。だから、コンセプトは山種コレクションの中から、桜が描かれた作品を厳選し、一堂に公開することによって『美術館でお花見!』を
 山種美術館では桜の絵画で満開となり、会場でお花見を楽しんだ。
 ここでも、新しい花見の経験をさせていただいた。素晴らしいの一言につきる。
昨日も広尾でお花見
昨日も広尾でお花見_2

 ああ 楽しかった(^_^)

 
posted by トモ兄 at 12:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

今日はノンビリと(-_-)zzZ


 午前中にクリニックへお薬をもらいに行った。土曜日の診療時間は午前中のみ。しかも連休前なので満員だった。それから、請求書を函投し、今月の仕事が無事終了。ホットしている。

 月末の週は、レギュラーの印刷入稿と見積もりや請求書の発行が重なり、特訓のような日々になる。しかも、今月から別件のレギュラーも始まり、加えてクライアントのイベントも重なった。また大型連休も。

 なので、今月末は特訓どころの騒ぎでなく、大袈裟だが大特訓になってしまった。しかし、忙しさも終わってみると、この静けさはなんだろう。気が抜けたのか眠たくなった。

 5月も忙しく、だから事前にできることは準備を怠らない。それから、連休のことを考えたい。

 どこへ行こうか?やりたいことは沢山ある!

 そんなことを考えながら、久しぶりに昼寝(-_-)zzZ...zZを

 あぁ とても☀がいいし、♥地いい。

 起きてから、何をするか...(-_-)zzZzZ

 さて、何やろう(^_-)-☆

 まずは、5月の予定表をつくる(-。-;)…>_<…

 これから、卓球練習(^-^)ρ┳┷┳゜σ(^o^)
 
 それから、^-^)ρ∫”・・)ρ┳┻┳°σ(・・”∫σ(^-^

 ( ^^)/C□☆□D\(^^ ) は×

 練習後すぐに帰宅(^_^)

ラベル:昼寝
posted by トモ兄 at 13:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

今日の俳句読本 暮春


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余命とは暮春に似たり遠眼鏡  中村 苑子

季題・暮春(ぼしゅん/春の終わり。遠眼鏡は
過去を振り返るの意でしょう。良い句ですね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 発行人:西国山人
 発行所:「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/


今日の句想/旬感

 2010年08月04日に

 残念なこと「俳句読本」をアップした

 そのときの句が

 わが墓を止まり木とせよ春の鳥 中村 苑子

 この句で 

 中村苑子さんの俳句が好きになってしまった


 2018年04月27日

 今日の俳句読本には

 余命とは暮春に似たり遠眼鏡 中村 苑子 

 やはり 男性の句と違う

 余命とは 春の終わりに似ている
  
 そんな風に感じられたら

 また 名残惜しい春に

 遠眼鏡で

 遠い記憶を辿っているのか 新たなビジョンなのか

 老いとは 魂とは

 想像力をより掻かき立てられる


 あぁ 感謝 


ラベル:暮春 中村 苑子
posted by トモ兄 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

西新井大師 ぼたん園にて

 昨日、10時頃に西新井大師のぼたん園へでかけ、牡丹を楽しんだ。その時の写真です。

 一時期、最寄りの駅で大師前駅を利用し、西新井大師を通り自宅まで歩いていた。その頃、たまに道すがらぼたん園を覗いていたが、園内に入ることはなかった。それから、約30年。僕はそんな性格でなかったが、最近、花を愛でるようになった。もしかして、年相応?

牡丹1.jpg 牡丹2.jpg

牡丹3.jpg 牡丹4.jpg

牡丹5.jpg 牡丹7.jpg

花1.jpg 花2.jpg
 

 
 西新井大師(五智山 遍照院 總持寺)は、ぼたんの名所を表す言葉で、「西の長谷寺・東の西新井」と言われているそうだ。灯台下暗しとはこういうことを言うのか、気付かなかった。

 その昔、ぼたんは奈良の総本山長谷寺から移植され、西新井大師では、文化・文政(1804-30)の頃よりぼたん園が展開されました。(西新井大師サイトより) 

 ついでに、西新井大師の境内も散策し、参道で草団子と手焼き煎餅を買って帰った。

 さっき、花を愛でるようになったと書いたばかりだが、やっぱり、花より団子なのか?

posted by トモ兄 at 10:28| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

兄からの『長崎便り』...帆船まつり

 長崎では春の風物詩になっている帆船まつりだそうです。

 2018長崎帆船まつりは4月19日(木)〜223日(月)で、港町長崎に国内外から大型を含む数々の帆船が集結する日本で随一の帆船イベント。期間中は帆船が真っ白な帆を広げる「セイルドリル(操帆訓練)」、船内を見学できる「船内一般公開」、帆船に乗って長崎港内をクルーズする「体験クルーズ」などの帆船をメインとしたイベントや、ヨットやカヌー、ロープワーク(縄結び)教室などの体験しながら楽しめるイベントがいっぱいだそうだ。
 写真は、ロシアの帆船。

帆船1.jpg

帆船2.jpg

帆船3.jpg


ラベル:帆船まつり 長崎
posted by トモ兄 at 21:44| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うなされて起きる

 今日3時頃、うなされて起きた。

 仕事を受けていないのに、カタログの仕事をしている。
 まずカタログに掲載する商品を整理している。その商品は何だか覚えていないが、スタンダードルールとローカルルールのどちらを優先するかを決め、また幾つかのカテゴリーも決め整理し商品リストにまとめた。ところが、新商品がルールに従うとその表示順に問題があり、コンセプト商品とかなんとかいう仮のテゴリーも追加した。ここでは分類するだけでなく、ある条件で重要な商品を拾い上げた。

 次ぎに、コピーライターとカメラマンに連絡を取った。
 とても懐かしい人の顔を思い出した。

 しかし、コンセプトやフォーマットデザインとか柱のデザイン、ページネーション。また撮影のデレクションもまだだったが、よくよく考えてみると、仕事もまだ受けていない。
 ところが、なぜか急かす人がいて、頭が痛くなってきた。
 ちょうどその頃、プールの水面から息継ぎをするような感じで目が覚めた。

 昨日はほんと楽しかったのに、どうしてこんな夢を見たのだろう。現状はカタログの仕事を行っていないが、昨日、同じ業界の同年代の人と話しをして、思い出したのだろうか。
 卓球練習を再開していない頃、決まって酒の席は仕事の打ち合わせが済んでからで、ワイワイガヤガヤやっていた。
 もう同じようなことはできない。そんなに浮かれるなと警告があったのだろうか。

 起きてから、「初めての会場で練習」を1時間ぐらいで書き、また寝てしまった。朝食後ブログにアップした。

 それから、「うなされて起きる」もアップした。

 今日はフォントの再契約を行う。

ラベル:浮かれるな
posted by トモ兄 at 11:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めての会場で練習

 時間が来たので、まずは卓球の短パンをはいた。
それから、Yahoo!で地図を見て場所を確認。谷塚は初めて行く場所でしかも結構な距離がある。自宅からその場所までの範囲をプリントし、蛇腹折りにしてバッグのサイドポケットにしまい、その都度出しては確認しながら谷塚へ。自転車で約30分かかった。

 練習の目的は明確で、カット打ちを練習したかった。
加入しているクラブには、同年代の強いカットマンが2人いるが、体調不良で現在は練習が難しくなっている。また、同年代のカットマンが少なく、カット打ちの練習ができない状態にあった。そこで、同年の卓球仲間が練習している谷塚小学校で、カット打ちをさせてもらいダブルスの試合もでき、いい汗をかかせてもらった。

 それから当然、飲みニケーション。
 1件目は居酒屋で楽しみ、2件目のラーメン屋でしめた。

 ちょっとビックリしたことは、友人のカットマンのクラブチームも秋季団体戦で、うちのチームと同様に5部から4部に昇格し、しかも5月の春季団体リーグ戦で当たることが判明。
 練習に行った谷塚小学校は谷塚チームの練習会場で、何となくだがチームの実力や雰囲気もつかめた。

 また、同じ業界の同年代の人がいて、卓球以外でも話が盛り上がった。Macが導入される前後の時代を共有し、その後の対応の経験も同様にあり、お互いになんとかして生き残っ話も面白かった。今度合ったら、もう少し具体的な話をしてみたいと考えている。

 結局、卓球練習は2時間で、その後の飲みニケーションは15人ぐらいで4時間。帰りは別の卓球仲間に途中まで案内してもらい帰宅。
 
 帰ってからすぐに、またYahoo!で地図を見て、帰り道を確認した。昨日は、卓球練習といい飲みニケーションといい、とても楽し一日を過ごせた。 感謝_(._.)_

posted by トモ兄 at 10:19| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

これから卓球練習へ_2.『課題の分離』

 3日間で予定通りに約10本の印刷入稿があった。その日は、順次原稿を入れていくと連絡があったので待った。22時ぐらいから待ち続けても来ない。3時ぐらいに仮眠を取り、6時起床。一部原稿が届いたのが9時。何のために待っていたのか分からない。結局、10本目の印刷入稿は14時に。それから、来週の準備を始めた。

 時間を見ると18時。不味い!慌てて卓球に関する物をバッグに詰め込んで練習会場へ出かけた。練習を始めるとすぐに熱くなり、下のジャージを脱ごうとすると、嘘でしょ卓球用の短パンをはいていなかった。つまり、慌てて出てきたのではき忘れた。もうその後は最悪で、呆れるは汗はかくは動きは悪いは。せっかく練習へ行ったのに、最大の目標であるストレスの解消が、逆にストレスを溜めてしまった。ここまでが、これから卓球練習へ_1。(気分が優れず、ブログアップを途中で止めてしまった)

 そして、これから卓球練習へ_2につづく

 こういうことが重なると、1年前は間違いなくバカバカしいほどエキサイトしていた。それこそ、春の荒し(嵐)になる。ところが、いまはそんなことが少なくなった。とてもいいことだ。

 アドラー心理学の『課題の分離』という新たな視点を得ることによって、自分自身に思わぬ変化があった。まるで、『課題の分離』は魔法の言葉で、とてもいい処方箋になった。

 今日、久しぶりにアドラーの動画(Youtube)を見た。
 
 アドラー
 広場恐怖症、承認欲求、課題の分離、幸せになる勇気
 https://www.youtube.com/watch?v=AgYIjXTyLyY

 たとえば、仕事や卓球ヘボコーチなどには悩みも多いが、特に『課題の分離』でほぼ自分の中で解決できる。


 卓球では多くの仲間がいるので、
 今日は初めての卓球練習会場へ足を延ばそうと思っている。

 今日は時間を決めて、見積もりの準備をする。 
 時間がきたら、まず卓球短パンをはくこと。
 
 まだ、ブログを書いている最中だが、
 とても気分がいい。

 今日の天気のように 感謝


posted by トモ兄 at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

今日から3日間、メーンイベント

 今週は毎日印刷入稿があったような感じがする。こんなことは珍しく、木・金・土曜日でおそらく中小合わせて、印刷入稿が約10本ある。まるで、春の嵐が吹いたような感じだ。飛ばされないように注意しないと。ファイト

 おそらく、この風は、5月の大型連休前まで吹き続く。

 そして、暫くは五月の風に甘えたし(柳家小満ん)となる。

 そうなれば、ほんといいんだけれど。

 ちょっと早いけれど
 汗ばむ夏がすぐそこに。一瞬の風薫る五月。
 暫くは五月の風に甘えたし。

posted by トモ兄 at 10:32| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

桜モードから仕事&卓球モードに

 3月から4月初旬は桜色に染まってしまった。それはそれで幸せなひとときだったが、そろそろ気分を変えないと。

 ということで、きっかけは
大好きなThe RaspberriesとEric Carmenで。

Raspberries - Ecstasy
https://youtu.be/ec-Zg49Lq-Y

Raspberries - TONIGHT - 1973
https://youtu.be/X5ecHynzptc

The Raspberries - On The Beach
https://youtu.be/3kKcWXnT0TE

All By MySelf by Eric Carmen
https://youtu.be/-o9gf_soFBM

ERIC CARMEN - NEVER GONNA FALL IN LOVE AGAIN
https://youtu.be/jewWk8k4V5k

Eric Carmen - I'm Through With Love (Official Music Video)
https://youtu.be/Zc8vH1lQ8N8

 自信はないが、仕事&卓球モードに
 ファイト^_^;
posted by トモ兄 at 11:53| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深夜の散歩DE雑感_2

 染井吉野は、接ぎ木の技術(クローン増殖)を利用して今も生き残っている。

 そういえば、僕も接ぎ木を...
2010年04月18日「朝の拾いもの」でこんなことを書いた。

 今の世の中では、全ての人が幸せになるとは考えられない。しかし、何とかして生き残ろう!
(花の枝と枯れ木の枝をバンドエイドで接ぎ木した)

 そんな時に
 その木になれば、「つぎきでつづき」
 オヤジギャグ m(_ _)m

P1010016.jpg


 ついでに、その周辺を歩き回ると
2010年04月12日に、伊東静雄詩集2の朗読をアップ。ところが記憶にない。なので久しぶりに「そんなに凝視(みつ)めるな」(11:00〜)を聴くとやっぱり凄い。こんなことを書くと、詩が趣味のようだが、そんなことはない。



ついでに、こんな写真を撮って遊んでいた。


Noスモーキング.jpg
 

P1010059.jpg P1010078.jpg

 桜を見ると、さまざまなことを思い出すらしいが、8年前にタイムスリップした。とても不思議な感じがするが、いまも、なんとか生き残っている。ファイト!なのだ。

posted by トモ兄 at 02:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする