2020年07月16日

今朝はアップグレードから始まり、応援することを考えた

 今朝、OSやアプリケーションソフト3本をアップグレードするために約1時間掛かった。偶然だったが、その間、昨日読みかけていた朝日新聞夕刊1面を読んだ。

 大見出しは、生産者SOS 贈って応援

 しかも、すぐ側に生産者の苦境を伝える「たべまる」のページが添えてあった。

 内容をざっくりまとめてみると、新型コロナウイルス感染拡大で困っているのは旅行業者だけではなかった。このままでは、日本各地に廃業の危機にある企業や生産者がいることだった。そのため、東京と宮崎の二つの会社が共同で、生産者らを支援する通販サイト「たべまる」を立ち上げた。

【たべまる】食卓から応援!食べてつなげよう支援の輪

 このサイトでは、コロナ禍で行き場を失った、品質折り紙付きの農水産物や加工食品を、お中元などの贈答品として活用してもらえないかと、「食卓から応援プロジェクト」を提案している。

 つまり、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの食品、食材が食べられることなく廃棄され、多くの生産者・事業者が悲鳴をあげている。「食卓から応援プロジェクト」購入支援キャンペーンとは、心を込めてつくった、旬の食材や加工食品を、贈答品や食卓から応援しませんか?という提案だ。

 そこで考えた。贈答品もいいが、たまには我が家にも。GoToキャンペーンは遠慮するが、美味しい物を味わって応援しよう。さっそく、【たべまる】へアクセスした。

 p.s.
 対象品目のご注文は送料無料!
 本プロジェクトでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、在庫の滞留や売上げの減少などが顕著な食材の販売促進を支援するため、対象品目の送料を補助する事業※に参加しています。

※令和2年度 農林水産省 国産農林水産物等販売促進緊急対策
事業 品目横断的販売促進緊急対策事業における
インターネット販売推進事業
URL https://www.ec-hanbai-suishin.jp/


posted by トモ兄 at 13:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

5:00起床、ひと仕事終えブログを書き出す

 昨日はいつものように、卓球&飲みニケーションで酔っ払って自宅に帰った。シャワーを浴びすぐに爆睡。起きたのが朝の5:00。すぐに仕事に取りかかり、7:00にメール。

 今日の予定は、新聞の印刷入稿(下版)があり、また次の新聞や広告を制作するための準備に取り掛かる。

 いつものように、合間をみて遊び始める。

 昨日視聴した【MORISAWA PASSPORT基本の「き」〜文字のかたち、フォントのしくみ〜】講師:小林 功二氏は、テーマが和文書体約970書体、欧文・多言語書体約230書体を、「文字のかたち+フォントの技術」という二つの視点で紹介。MORISAWA PASSPORTを使ううえで、フォントを正しく理解することによって、文字組やデザインなどの制作活動に役立てようとすること。 
 特に、フォントの技術面(テクノロジー)はほとんど知識がなく、ここの部分は見直しが必要で、今日も再度視聴する。
 
 版下制作で文字が写植だった頃、よく13Q.MM-OKLツメ行間21H(左右00p)の写植指定しボディーコピーを組んだ。そのイメージがいまだに残っている。昨日のフォントの技術面(テクノロジー)で、漢字のリュウミンKLに、仮名でリュウミンKOを合成フォントとして組むと、MM-OKLのイメージに近い。こんなやり方があるとは知らなかった。途中で寝なくなり6回ぐらいに別けて見てたが、ほんと良かった。時間をつくって試してみようと思っている。

 今日は10時前に仕事の修正メールが2本入った。こんなことはとても珍しい。今日のお昼頃まで忙しくなりそうだ。できるだけ、落ち着いてスピーディーに印刷入稿(下版)を行う。

 たぶんそれから、シェスタ。
 今日も(-_-)zzZいが、ファイト⊂^□^⊃!

posted by トモ兄 at 10:57| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

今日は映画ではなく、セミナー動画を視聴

 今月に入って、1日おきに映画を見ている。そこに卓球や音楽の動画やShort Filmも加わる。今日は、仕事の合間に、モリサワ【FONT COLLEGE Vol.3.5 オンライン】のセミナーを細切れ状態で視聴している。

 今日の学習動画は約10分ぐらいだが、モリサワのセミナー動画は約1時間30分。映画と違って一気に見られない。
 昨日も含めると、6回ぐらいに別けて見ている。

 映画だと2時間ぶっ通しで見るのはわけがないが、本と同じですぐに眠くなってしまう。ソフトなどの学習はどうしても必要だが、どうして眠くなるのだろ。

 各デバイスもそうだが、アプリケーションソフトやOSもバージョンアップするので、その都度最低限の学習は必要になってくる。
 
 あぁ (-_-)zzZ 先が思いやられる。
 ファイト⊂^□^⊃!
 
posted by トモ兄 at 16:35| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

最近、立て続けに運の悪い男の物語を見ているが...

 今日もかみさんからの強い希望があり、食後にプライム・ビデオで、映画を見る予定になっている。それは、最も不運なタイミングで、最も不運な場所に居合わせる、最も不運で簡単には死なない(ダイ・ハードという言葉には「なかなか死なない・しぶといヤツ」という意味がある)男で、ニューヨーク市警察本部の刑事(ジョン・マクレーン=ブルース・ウィリス)の『ダイ・ハード』。

 僕も『ダイ・ハード』のファンで、最近見た10本の内
 『ダイ・ハード』が3本、今日で4本目。
 1.『パラサイト 半地下の家族』
 2.『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』
 3.『ダイ・ハード/ラスト・デイ』
 4.『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
 5.『レディ・プレイヤー1』
 6.『天気の子』
 7.『タイムライン』
 8.『ダイ・ハード3』
 9.『ダイ・ハード2』

 そして今日、10.『ダイ・ハード4』予告編。今年になって80本目になる。第4作目はサイバーテロが題材だそうだ。

 なぜ『ダイ・ハード』は面白いのだろう。最も不運なタイミングと場所に居合わせる。ほんと最悪だが、3つ目の最も不運で簡単には死なないは、ちょっと意味が違う。ジョン・マクレーンには、生き残るためのかけ離れた素晴らしい能力があり、ほとんど奇跡に近い活躍にハラハラドキドキさせられる。ハリウッド映画でお決まりのヒーローもののプロットだが、それでも『ダイ・ハード』は最高に面白い。

 東京在住で、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を思うと、最も不運なタイミングで、最も不運な場所に居合わせせている。既に市中感染の状況にあるようだ。
 見えない敵と戦っているようにも感じるが、ジョン・マクレーンとは大違いで、どこにでもいる普通の能力しか持ち合わせていないが、簡単には、新型コロナウイルスに感染しない、感染させない。

 ファイト⊂^□^⊃!
 
posted by トモ兄 at 18:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

ちょっと、ピントがズレたりフォーカスしたり

 大きな地震はいつ来るか分からないが、最近よく小規模な地震がある。だから、防災用グッズを注文していた。3日前に、◎携帯トイレ/折りたたみ式簡易トイ(ポータブル便座)◎簡易トイレ/(抗菌性凝固剤(7g)×30袋/排便収納(650×500 mm)×30袋)◎防災用トイレキャンプ(1人用)が届いた。
 
 ベランダで災用トイレキャンプを組み立て、簡易トイレを試してみようと思ったが、何となく気が引ける。余計なことをすると疑われるような気がする。なぜならば、ベランダから見えるパチンコ店(現在休業中)や、古い言い方だが隣町で感染者が出たようだ。女性(主婦)たちのネットワークがこういう時には役立ち、情報収集のスピード感にはほんと驚く。

 新型コロナウイルス感染の拡大は、新宿や池袋の接待を伴うお店を中心に、その波紋は広がりを見せている。東京は母数の大小やサンプルの特殊性等が、信じられないがいまだに感染数の大小の理由付けになっている。後は引き続き本人の努力にお任せ。つまり身の安全は自分自身で確保。とにかくマスク着用と三密、そして、不要不急の他県移動控える「新しい生活用式」を実践すること。都はPCR検査態勢と病床数の確保に励む。

 東京の新型コロナウイルス感染の状況は、9日には過去最高の新規感染224人を確認した。ところが、政府は前倒しで「Go To キャンペーン」を始める。西村康稔経済再生担当相は、12日の記者会見を行い、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた地方などの需要喚起策が目的だが、首都圏での感染拡大が起きている現状を踏まえて「注意しながら進めていかなければならない」と語ったそうだ。また、今後の状況次第で4都県に新型コロナ対策の特別措置法に基づく休業要請を求める考えを示した。

 まるで、ブレーキを踏み、同時にアクセルも吹かせる。
 僕はブレーキを踏むが、たとえ今の時期に、宿泊代金の割引などのプレミアム感があったとしても旅行は難しい。

 身の安全は自分自身で確保することだと書いたが、今年の後半戦は、加えて様々なことが重なっている。

 1.高齢者用予防接種
  また、初めてだがインフルエンザワクチン接種
 2.在住区の年1回の健診
 3.持続化給付金

 また、健康な内に、
 やっておこうと思うことがいくつかある。

 ちょっとピンボケ、ちょっとフォーカス。
 人ごとのように話すが、実は自分ごと。
 後半戦も大変だ。


posted by トモ兄 at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

蒸気でホットアイマスクをしながら寝てしまった

 昨日のスケジュール表を見ると、活動時間(仕事)12時間。必需時間(睡眠時間)3時間半。自由時間(卓球・ブログ等)4時間。謎の時間4時間半だった。

0710スケジュール.jpg

 流石に、活動時間(仕事)12時間にはバテてしまったが、いつものようにプライム・ビデオで映画を見た。途中寝てしまい後半で起きた。だから一部分しか分からない。

 たぶん物語は、考古学者が遺跡を発掘していて、理由は分からないが、ある会社を訪ね帰ってこない。心配した息子や研究者たちは、発掘に何らかの原因があるのではないかと思い、発掘したノートを探ると、なぜか考古学者本人の筆跡でHelp me!を発見。つまり、タイムマシンでその発掘していた時代にタイムスリップしたらしいことが分かった。

 そこから、タイムマシンを使って考古学者を助け出しに行く。そして、現在に戻る人とその時代に残る研究者がいた。その残った研究者は、現在にいた頃、ある墓で片耳がない騎士に女性が寄り沿うように石に彫られていたことに興味を待った。不思議な話だが、その騎士は研究者で、女性はタイムスリップした時代で知り合った人だった。つまり、研究者は可笑しな話だが、騎士が自分であることに気付き史実を変えなかったことになる。
 タイムスリップする物語にはよくある話なのか。

 変な時間に起きてしまった。

 気付くと目が痛かったので、目を休めようと思い、蒸気でホットアイマスクを付け10分ほどしばしの休憩を取った。ところが、気付くと朝だった。昨日は活動時間(仕事)12時間と自由時間(ブログ)3時間は、ほとんどコンピューターを見ている。つまり、昨日は15時間コンピューターを見続けていた。当たり前だと思うが、目に負荷が掛かりすぎで目が痛くなった。

 だから、今日はコンピューターをそんなに見ないでノンビリしていた。これから、またプライム・ビデオで映画を見る。

 
posted by トモ兄 at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

疲労困憊 映画を見て寝る(-_-)zzZ


 明日、何を見たか報告するかも。
 
 今日はここまで

 お疲れ様でした。


ラベル:疲労困憊
posted by トモ兄 at 20:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

昨日はバテバテ、今日は...


 思いだしたことがある。2016年10月08日に、「かるみ」とは、...というブログを書き、冗談で面白がり単位付けした。

 再度、疲れの度合いを考えた。どこが忙しいのだろう。

 元気<疲れの単位は、ハイ<ビン<フツ<バテ<ヘタ<ヨタとなる。

 そこで、昨日の疲れの度合いを判定すると
 「バテバテ」だった。

 今朝6時5分頃、茨城県南部で最大震度4の地震があった。東京は震度2。かみさんは気付いたが、僕は全く気付かなかった。起床は6時30分。携帯の目覚ましで起きなかったので、もしかすると、地震は無意識の中で気付いていたのかもしれない。いつもだったら、かみさんは気付かなく、僕が気付く。

 今日も忙しくなる。昨今の事情を考えると、この忙しさには感謝するしかない。

 どこかのCMの用だが「ファイト(^_^)1発!」
 今日も1日頑張ろう!

posted by トモ兄 at 11:35| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

いきなり、仕事モードに

 昨日は雨の予定だったので卓球はできないと思い、朝の4時ぐらいまで資料を集めたりして遊んでいた。ところが雨は降らなかった。なので、ふらふらしながらヘボコー&飲みニケーション。家に帰ると、すぐにかみさん情報でパチンコ屋で感染者が出た。酔っ払っていたので反応ができなかったが、しっかりシャワーを浴びてすぐに寝てしまった。

 今朝はいつものように、GoogleアラートとDeskApp for YouTube見ながら、OneNoteにまとめようと思ったが、仕事のメールがあり、いきなり、仕事モードになった。

 今日から忙しくなるとは分かっていたが、
 まさか朝からとは思っていなかった。

 結局、まだまさかが継続中で、予測があたらないというか想定外というか。ほんと予定調和がなく不確実な現実が分かる。出たとこ勝負で、その偶然のような出来事を楽しむというようなレベルには達てしていないが、想像力をもって対応するしかない。朝から仕事。

ファイト(^_^)/o

posted by トモ兄 at 08:44| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

不味い、もしかして身近に...

 友人との電話で、新型コロナウイルス感染者が身近にいるようだと話があった。どうしてと尋ねると、毎月銀行の人が来た時、地域の話もするらしい。つまり、感染者の噂話があった。この手の情報は、信憑性について確かめることや、プライバシーの問題もあって扱い方が難しい。しかし、火のない所に煙は立たない。つまり、これまで人ごとだったのが、より具体的になり身近になってしまった。だから、友人にとっては、より注意を促す効果があったようだ。

 僕の場合は、かみさんに犬の散歩仲間から、長崎のことを心配してくれた電話があった。その時に、噂話として新型コロナウイルス感染者の話があり、友人と同様なことを感じた。また、朝刊にも在住区の感染記事があり、信憑性が高くなった。
 だから、僕にとって「遊び場」に注意しなければならなくなった。

 先日、「モード→チェンジよりもバージョンアップ」を書いた。コミュニティーには、「血縁」「社縁」「地縁」がある。

 コミュニティーを、ソウーシャルディスタンスの観点で捉えると、「血縁」の地域は長崎中心で遠く離れている。「社縁」に関しては一時期、カミさんよりも長い時間いっしょに過ごした仲間も、社内では身近な距離であったが、リタイアすると、お互いの住んでいる位置の距離は遠い。また、距離感だけでなく共通の利害関係がなくなることは必然的に縁が薄くなる。また、現在の仕事の活動システムはネットとテレワークで行っている。そのために、同期生はあっても、具体的なソウーシャルディスタンスの問題はない。
 
 ところが、僕にてって最も重要な「地縁」で、ソウーシャルディスタンスの問題がある。

 これまで時間を掛けて築いてきた「地縁」で、お楽しみの「ヘボコーチ&飲みニケーション」は、「3密」の回避(密集、密接、密閉)を強く意識して努力するしかない。

 今日は「ヘボコーチ&飲みニケーション」の日だ。
 とにかく楽しんでこよう。

 最悪、目の前のパッチンコ屋ででた。
 不味い、危険が一杯だ!!
 ファイト(^_^)/o

基本的生活様式.png
 


ラベル:「3密」の回避
posted by トモ兄 at 17:53| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

いつもの月曜日に...

 月曜日はノンビリとしている。少しだけ仕事をしてブログを書き始めた。

 起きると、まずOneNoteを開き、Googleアラートの60歳のニュースと卓球ニュース、DeskApp for YouTubeを見ながら、今日の音楽、学習、風景、Short FilmをOneNoteにまとめる。
 その中から、その日の気分で選択し「60歳のファイト」の右サイドバーに載せる。その作業は6時から始め8時迄に行う。終わり次第、朝食をとる。9時から仕事をスタートさせるが、もし予定がなければ、ブログを書いたり資料集を行う。また、原稿の待ち時間にも同様なことを行う。

 先月から「60歳のファイト」が変容を初めた。つまりこれもまた、新型コロナウイルス感染症に対する行動変容だろうか。しかし、もっとも影響したことはMacOSのバージョンアップだった。
 これまで右サイドバーに「今日の...」タイトルはなかった。つまり、環境の変化によって、DeskApp for YouTube等を楽しみながら対応したような感じになった。またブログの更新を毎日行っている。

 その結果、ブログのアクセススが、6月から今日迄の1日平均が500アクセスあった。今までの1日平均は約250アクセスぐらいだったので、驚いている。その内にまた200アクセスぐらいになり、毎日更新もできなくなる。それって全く問題ない。

 映画は、昨日75本目で『レディ・プレイヤー1』を見た。
 そんな見方はしないが、プライム・ビデオのランキングを見ると、1位が『パラサイト 半地下の家族(字幕版)』、2位が『レディ・プレイヤー1(吹替版)』、3位が『パラサイト 半地下の家族(吹替版)』、4位が『天気の子』、5位が『レディ・プレイヤー1(字幕版)』だった。
 
 だったら折角なので、4位の『天気の子』を見ていないので、今日にでも見ようかと思った。映画はやっと最近つくられた作品に近づいてきた。但し、どんなに古くたって初めて見る映画は、僕にとっては封切りなのだ。

 今日は忙しくないので、これから資料集めを行う。

posted by トモ兄 at 17:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

モード→チェンジよりもバージョンアップ

 4日、東京の新型コロナウイルス感染者数は、新たに131人確認され、100人以上は3日連続となり、5月25日に緊急事態宣言が解除されて以降では、最も多くなった。

 都内の最新感染動向

 どうすればいいのだろう。

 「新しい生活様式」の特に仕事のスタイルは、5年前から実践。グラフィック関係の仕事は、ほとんど電話とメールで済むようになった。だから、何の問題もなかった。ところが、流石に卓球&飲みニケーションを3カ月間休んだのは、かなりストレスが溜まったが元に戻った。ただし、今はコーチしている時、相手に触れないようには気を付けている。

 卓球の基本的なコーチングは、バージョンアップ

 バージョンアップはほぼ「進化」と同意味で、無駄な動きを発見し取り除き、新たに有意義な動きを獲得させ、パフォーマスを高めること。ところが、今の無駄な動きの自分自身を変えることなく、パフォーマスを最大化させようとする人がいる。それはそれで個性と認めるが、活用できる選択肢として、もう一つの動きを獲得できるようにコーチングする。

 と、人のことは簡単にいえるが
 自分のことになると、なかなか難しい。

 「新しい生活様式」の、特に仕事のスタイルをモード→チェンジよりもバージョンアップしようと考えている。1度苦労して変えた仕事スタイルを、再度チェンジすることはバカバカしい。なぜならば、卓球と同様に無駄(問題点)を発見し最小化することで効率化を図り、新たに有意義な何かを獲得することによって、パフォーマンスを最大化させること。

 新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践も、そういうことだと思っている。おそらく誰もが予想していると思うが、緊急事態宣言は再度行われない。なぜならば、セットである休業補償の原資が厳しいと思うからだ。
 だから、仕事でのパフォーマンスを最大化する最終目標は、新たな収入源の確保ということにある。

 そして、卓球&飲みニケーションで「僕の遊び場」は、男性版「公園デビュー」が済んでいて、地元で楽しめることがとてもありがたい。

 今から、新たな収入源を求めて資料収集を行う。
またこのブログを書き始めた頃のスローガンで、
「サバイバル」すべし。方法は「収入の多角化」に戻った。

 ファイト(^_^)/o

 
posted by トモ兄 at 13:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

もしかして、モードチェンジ


 今日の新型コロナウイルス感染者数で、
 自主的な自粛になるのか。東京都の感染者数発表を待つ。

 え! まさかの東京新規感染者は124人
 どうしよう


posted by トモ兄 at 13:35| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

また「サバイバル」なのか

 東京都で2日、新型コロナウイルス感染者が、新たに107人確認された。緊急事態宣言の解除後では最多で、100人を超えたのは5月2日以来。明日はどうなるのか、二桁に戻るのか急激に増えるのか。

 十数年前に、金欠病という大ピンチがあって、なんとか脱出できた。その時、スローガンは「サバイバル」すべし。方法は「収入の多角化」。そのキーワードを呪文のように唱えていて、「溺れる者は藁をもつかむ」を「溺れる者は言の葉にもすがる」と言い換えていたが、暇に任せてブログも開設。手当たり次第に動いた。

 今回のピンチは、質が全く違う。
 スローガンは「自粛」。
 密集と移動の厳しい制限。感染している人に近づくな。
 見えないのに、どうやって?

 今回の「サバイバル」は、動き回らないことなのか。

posted by トモ兄 at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

7月1日 後半戦が始まる

 変な癖があって北千住に反応する。後半戦の前日に40年前にフラッシュバックしてしまった。長崎の同級生のフェイスブックを見ると、フォークギターを持って歌っている動画があり、曲名は、なぎら健壱の「昭和の銀次」だった。

 歌詞が「北千住」から始まる。つい最近、「あいみょん – ハルノヒ」に、激しく反応を起こしてしまったが、「昭和の銀次」にも同様のことが起こった。しかもコメントを送ってしまった。
 同級生は歌の中でしか北千住を知らないそうだ。僕の北千住のイメージは、ちょっと危ない街だった頃が「昭和の銀次」で、今では東京第二の文京区が「ハルノヒ」だ。今は住んでいないが、北千住にはあまりにも想い出が多すぎる。

 「60歳のファイト」の6月のカレンダーを見ると、毎日ブログを書いたことが分かる。たぶん1カ月間通して毎日書いたのは初めてだ。アクセス数を調べてみると、1日平均約500アクセスがあった。更新が毎日だと、こんなことが起こるのだろうか。さて、7月はどうなるだろう。

 今日は、北千住の歌を聴きながら一気に40年間を駆け上がった。これから、どんな未来が...
 
 最初の変化は
 今日から半年間、読売新聞から朝日新聞に変わる。
 
posted by トモ兄 at 09:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

明日から、後半戦へ

 昨日書いたが、上半期はまさかの連続だった。しかし、いいこともあった。

 それは、2020年2月からgaccoの『SDGs 表現論ープロジェクト・プラグマティズム・ジブンゴトー』を受講したことだ。ただし、理由は若干怪しい。なぜならば、この講座の前に『教養としての言語論:言語は私たちをまやかし生きにくくさせる』が面白かったからだ。つまり、SDGsにさほど興味はなかったが、この担当講師(立命館大学 山中 司教授)の講座は間違いなく面白い。だから、受講した。
 
 僕にとって『教養としての言語論』や『SDGs 表現論』はタイトルからしてだいぶ荷が重い。しかし、仕事が忙しい中で、レポートをしどろもどろでも書けたことは、面白かったからだ。

 担当講師(立命館大学 山中 司教授)は、まるで落語家のような人で、楽しませながら教える達人だったのか。それは全く違っていて、講義の一生懸命さと迫力に圧倒された。かつ刺激的な内容が素晴らしかった。形容詞に難がある僕にとっては、面白いとしか言いようがなかった。

 『SDGs 表現論ープロジェクト・プラグマティズム・ジブンゴトー』 
 1-6. 答えのない問いへの覚悟のメモを見ながら、今の状況と後半戦のことを考えたい。

 まさか、今の状況を想定してしていたとは思いませんが、私たちのキャリアが、8割が予想しない偶発的なことによって決定されるという、Planned Happenstance Theory(計画的偶発性理論もしくは計画された偶発性理論などと訳されています)があります。つまり、決して運命的には決まっていないことを強調する考え方で、だったら、偶然であるということ。たまたまであるということを、積極的に引き受けていろんなことに挑戦してみる。

 まさかの連続を、諦めの理由にするのではなく、予定調和ではない世界で、不確実を楽しむ態度を持つことが人生を大いに豊かにするそうだ。

 Planned Happenstance Theoryを自分の言葉にして、自分の経験とともに、世に語った著名な実業家がいました。それが、スティーブ・ジョブズのドットの話です。
 スティーブ・ジョブス 伝説の卒業式スピーチ(日本語字幕)

 ジョブズは言います

 You can't connect the dots looking forward;
 you can only connect them looking backwards.
 So you have to trust that the dots will somehow connect
 in your future.


 人は誰も未来に向かって
 「点」をつなげることはできない
 過去を振り返ってみたときに初めて
 点と点がつながるんだ
 だから一つ一つの点がこの先の未来
 いつかきっと何らかの形でつながると
 信じてやってみるしかない 


 一見、キャリアを豊かにするためには、戦略的な点を意図的に、次の一手として打ち込んでいくように思えます。
 ところが、ジョブズはそんなことは一言も言っていなく、戦略的どころか、この点とこの点がどう結びつくかなんか「分からない」と言っている。

 つまり、戦略的に点なんてつなげないし、したたかに意図して点をつなげていこうとしても、そんな思い通りには、つながっていかないと言っているそうです。

 しかしあえて言うならば、できることは一つあります。それはできるだけ多くの点を作って行くことです。ただし、より良い方向に結びつけていくかは分かりません。もしかしたら悪い方向に結びつけてしまうかもしれません。つまり、リスクを引き受けるということです。

 しかし、良い方向に結びつくかもしれません。
 だったらやってみる価値があります。
 世界は決定論では動かない。

 そしてベースには、プラグマティズムがあります。

 山中司著『自分を肯定して生きる』
 プラグマティックな生き方入門

 「今、ここ」でできることの実践
 プラグマティズムの考え方とは

 自分自身の判断で、自分にとって「役に立つ/意義がある」と
 思う生き方を希望し、その希望の実現のために
 「今、ここ」でできることを確実に実践し、
 少しずつでも自分を理想の状態に高めていく生き方/考え方。


 ちょっと長くなってしまった。
 明日から後半戦が始まります。
 自分に役に立つこと、熱中できることを目指します。

posted by トモ兄 at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

上半期が終わり、下半期へ


 今年の上半期は、まさかの連続だった。

 これまでの5年間のスケジュールを調べても、上半期は忙しくない。特に2月は忙しくない。だから年1回の大腸内視鏡検査を行う。最近はポリープを1〜2個が発見されることが多く、その日に切除手術(病院に1泊2日)。ところが、今年は上半期で2月が最も忙しかった。

 そして、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、4月7日、7都府県を対象に緊急事態宣言が発令され、5月25日、東京など5都道県、緊急事態宣言を全面解除された。

 都内の感染者動向のグラフを見ると、とても不思議な感覚になる。感染者数が減少するとPCR検査数が少なく、都民の自粛の努力を称える。ところが、感染者数が増加するとPCR検査数が増えたことが理由になる。
 つまり、母数の変化は感染者数に大きく影響するようだ。感染者数を減少させるためには、PCR検査数を少なくする。そんな風に疑われてしまう。僕のような素人がいうのも危険だが、とても不思議なグラフだ。
 
 また、新型コロナウイルスが怖いことは、これからウイルスがどちらの方向へ進化するのか。つまり、強毒化か弱毒化に変化するのか。感染症の専門家によると、その答えは誰にも分からないが、弱毒化の方向に淘汰圧をかけていくことが必要だ。その方法は流行のスピードを緩やかにすることだ。

 ウイルスの毒性の変化は、人から人への感染のスピードが大きく左右する。毒性の強いウイルスはあっという間に人を殺してしまうために、強いウイルス自身が生き延びるためには、感染した人が亡くなる前に、スピーディに次から次へと人に感染する必要がある。ところが、人々が感染防止に十分に注意を払った場合、毒性の強いウイルスは、感染のチャンスを失い、毒性の弱いウイルスに感染することになる。

 つまり、感染のスピードを緩やかにすることは、毒性の強いウイルスを抑制でき、毒性の弱いウイルスだけを選択的に生き延ばせることになり、流行の速度の緩やかさが、弱毒化の方向に淘汰圧として働く。
 
 だから、流行の速度の緩やかにすることによって、治療法の確立や、ワクチンで集団免疫の獲得することを待つことなのか。それまでは、当たり前だが感染しないこと、感染させないこと。そして、医療が十分に対応してくれること。

 趣味の話をすると、卓球練習が3カ月間練習中止になり、6月に再開。ほんと余計だが、増えたのは体重で減ったのは体力と筋力だった。再開するときに問題になることは、基礎体力を回復させることだが、まさか、9月から練習会場の体育館が改修工事に入り、来年7月(予定)まで使えないとは。
 また、みんなが楽しみにしていた、千葉白子の合宿も中止になった。

 上半期は、まさかの連続だったといってしまえば、それで話は終わってしまうが、昨年考えたいろいろなプランは中途半端になってしまった。だから、自分自身でコントロールできることと、できないことを再確認する必要がある。

 下半期は、やりたいことを絞り込み、再スタートを切る。

posted by トモ兄 at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

Adobe Scanを使った

 今日は、請求書をプリントし、社判や印鑑を押した請求書をスキャニングしPDFで保存する。ところが、旧MacPRO用スキャナーが販売終了でドライバーのバージョンアップがない。

 だから、通常使っている、iMac用のスキャナーをPCデポで購入予定だった。ただし、iPhoneにあるAdobe Scanを試してからにしようと思った。

 結果は、Adobe Scanで十分だった。
 また、仕事でもほとんどスキャナーを使うことがない。

 今更だが、iPhoneは電話機ではない(いつの時代の話だろう)。あまりにも多機能なデバイスで、PCやiPadともつながる。あまりにも素晴らしすぎる。もっともっと、活用すべきなのか。最新のiPhoneを検討してみようかな。

 
ラベル:Adobe Scan
posted by トモ兄 at 20:34| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

気が抜けてしまった...

 卓球仲間に、食後酒飲んで読書する人がいる。つまり、ほんと好きなのだろう。そして、彼には睡眠効果どころか集中力が高まるようだ。酒も読書も嫌いなわけではないが、僕は全く逆で、食後のアルコールや読書は、もっとも効果的な睡眠導入剤となる。

 そしてもう一つ。月末に特訓と呼んでいる事務仕事(見積もりや請求書発行、スケジュール表作成)は、全く同じことになる。

 今週は予想に反してちょっと忙しかった。昨日夕方仕事は無事終了。そのためか気が抜けてしまった。今日はその特訓日だが、昼食後にいつも30分ほど昼寝する。ところが、特訓は眠りを誘う。起きたのは夕方だった。とにかく眠い。

 ブログのテーマで、睡眠導入剤三部作が書けそうだ。
 今から、特訓に入る。

 ちなみに、昨日の映画は
 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』だった。

 先日『パラサイト 半地下の家族』の感想を書いた。
 その前は『ジョーカー』を見ていた。
 見る映画は、だんだん今に近くなってきた。

 今の映画のトレンドだろうか、世界の二極化や格差社会の問題を描いてる、『パラサイト 半地下の家族』と『ジョーカー』。全く無節操に見ているようだが、どこかでつながっているように思えることもある。

 そして、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』最新予告編はその『ジョーカー』と別れた後のハーレイ・クインの物語。

 いつもは、朝の目覚めのブログだが、
 今日は、夕方の目覚めるためのブログになった。

 それから、何で聞いたか忘れたが久ぶりに、ジム・クローチの名前を聞いた。
 なので、ジム・クローチの『Jim Croce - Time in a bottle - 1973』を聴きたくなった。

ファイト(^_^)/o


posted by トモ兄 at 17:57| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

やっと終わり、ホッとしている

 金曜日は、いつものように映画を見る。
 また、ブログは原稿の待ち時間で書くことはないので、ほんとノンビリと書ける。

 思い出したが、エビデンスについて書こうと思っていて、2つのテーマを考えていた。

 1つは、ナイチンゲールと統計で有名な話がある。それと、エビデンスにはピラミッドのような形のヒエラルキー「階層(的構造)」がある。そんなことを調べていた。しかしだんだん気力がなくなった。

 たとえば、こんなことを書いていた。

ナイチンゲールと統計の有名な話がある。

 ナイチンゲールは、軍からの要請でクリミア戦争に看護師団のリーダーとして従軍し傷病兵を看護。クリミア戦争平和条約締結後、帰国したナイチンゲールは、バーリントンホテルにチームを集め、イギリス軍の戦死者と傷病兵に関する膨大な収集したデータを分析し、彼らが戦闘で受けた傷ではなく、傷を負った後の、病院内の不衛生が原因(蔓延する感染症)で死亡したことを明らかにした。さらに、統計資料やデータを斬新な方法でグラフ(「コウモリの翼」とか「鶏の鶏冠」とか呼ばれる)を作成し、軍に訴えて、兵士たちの衛生状態を改善することに貢献した。
 ナイチンゲールは「クリミアの天使」と呼ばれるが、統計学の先駆者でもあった。

 当時は、円グラフも棒グラフもなかったそうだ。なぜ、「鶏の鶏冠」のグラフ(レーダーチャート)を考え出したのか。そちらの方に興味を持った。

 時間が来た、そろそろ映画を見よう。

posted by トモ兄 at 20:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする