2020年08月01日

8月は梅雨が明けて「◎◎本番」に...

 午前中に請求書をコンビニで投函し、ついでに昼食のお弁当も買った。そしてやっと梅雨が明けて「夏本番」に...
 ついに、「ビールが美味い」季節になった。

 ところが、そんな悠長なことはいってられない。
 東京で昨日の新規新型コロナウイルス感染者は、463人。
 今日は、472人。3日連続で過去最多を更新。
 だから、本番は本番でも「感染本番」になってしまったのか。ネガティブスパイラルが加速度を増したように感じた。

 現在の感染状況は4段階で2段階目の「漸増段階」で、感染が徐々に増え、医療提供体制の負荷が蓄積される状況。感染者が増加している東京都、大阪府などがこの段階だそうだ。

 また、クラスターが多発するような状況は、「感染急増段階」。そして、一番深刻な状況を「感染爆発段階」とし、医療提供体制が機能不全に陥る。

 感染症対策危機管理の要諦は、次の段階に移ったことが分かってから対策をとっては遅すぎる。

 しかし、状況の分析と判断やその対策のスピード感よりも、新型コロナウイルス感染拡大のスピードが上回っているように思えて仕方がない。その一つの理由は、状況の分析・判断や対策の根拠になるエビデンスで、より信頼性の高い科学的根拠を求めるためには、タイムラグがある。つまち、より的確な意志決定をするためには時間が掛かるということになる。
 だから、感染症対策危機管理の要諦であるスピード感をもって判断するための、根拠であるエビデンスとのタイムラグは、スピード感において矛盾する関係にある。

 エビデンスにはピラミッドのような形のヒエラルキー「階層(的構造)」があり、大きく分けて5段階。それぞれ信頼性の低い順からいうと、「権威の意見」はヒエラルキー階層(的構造)」では最も低い。たった1人の実際の「事例報告」のデータは、「権威の意見」よりも強い根拠と考えられる。また、たった1人は例外的な可能性もあるので、複数の人たちのデータを集め適切な「調査の分析結果」がより強いエビデンスとなる。
 さらに強いのが、「調査の分析結果」の実証実験を行って検証した「実証実験の結果」が最も強い。そして、これまでに行われた複数の研究を集めて、その全体的な傾向から導かれた結論を「系統的レビュー」といい、ここまで行うと科学的根拠としてはほぼ完全に近い。このようにエビデンスをつくることによって、より的確な意志決定をすることに役立つ。

 このスピード感の問題はとても難しい。
 感染拡大をコントロールするためには、その根拠となるエビデンスはすぐにはできない。また、一方の治療薬やワクチン開発の安全性の根拠にも関わってくる。

 英国アストラゼネカのルード・ドーバー副社長は「各国と締結した新型コロナウイルスのワクチン供給契約には、ワクチンの副作用が発生した場合、自社が責任を負わないという内容が含まれている」と明らかにした。

 
 個人的には、まず接触機会の制限をより厳しくするしかない。ところが明日は、いつものように日曜日の午後は、かみさんと食材の買い出しに行くことになっている。

 スーパーにも、できれば「感染本番」にも
 長居は無用なのだ。
 
posted by トモ兄 at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

いつものように、原稿が来るまでブログ


 今朝のニュースショーで、昨日の新規新型コロナウイルス感染者数は367人だったのは、検査人数が増えた分、昨日の感染者数のカウントに間に合わなかったという話があった。つまり、予測通りの400人超なのか。本当だろうか? 
 
 勘ぐりすぎるが、
 統計(感染者数)はコントロールされているのか。まさか?

 積み残し分は、今日の感染者数にプラスされる。
 また、記録は更新されるのか。
 だから、今日の感染者数を待ちたい。

 最悪!東京463人感染 20・30代が7割超だった。


posted by トモ兄 at 09:58| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

おそらく、今日の出来事


 いつもの大特訓の木・金曜日に突入!
 
 昨日、クライアントは大阪サミットを開催。担当者は東京に戻り今日から原稿出稿。いつものように金曜日に印刷入稿(下版)。忙しいだろうと容易に想像できるが、僕も対応する。

 また、別の仕事では知り合いが急病になり、若干サポートすることになった。お互い様のようにも感じる。健康は特に注意しないと。昨日も書いたが、用心するに越したことはない。

 いつものように見積もりと請求書をつくったが、なぜかプリンターが上手作動しない。原因は最近OSをバージョンアップしたからだろうか。最新のプリンタードライバーをDLしインストール。プリントが正常に作動し、ホッとした。
 最近、バージョンアップが多いように思う。注意しないと、上手く作動しなかったり、時代に取り残されたり。

 それから、今日最も注目していることは、1日あたりの東京都の新規新型コロナウイルス感染者数が、最悪の400を超えるだろうと予測があった。当然そうなって欲しくはないが、自粛のお願いだけでは、感染者が増え続けてしまうのか。夜の街が震源地と言われていたが、今は市中に拡散しているらしく、身近に迫っているように強く感じる。

 とにかく、今年は1月からいろんなことが起こった
 いまだかつてない、想定外の1年と思ったが、まだ中旬
 しかし、そんなことに感心してもしょうがないが
 インパクトのある情報などに、惑わされてしまう
 つまり、一喜一憂してしまう
 さっき、揺れない緊急地震速報もあったし

 できるか分からないが、落ち着いて想像力をもって
 ファイト

 最後に、卓球の話題

【卓球ジャパン!AWARDS ベストプレーTOP5】最高のプレー『MVP』は誰だ?

posted by トモ兄 at 10:23| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

最近の出来事

 ここ1週間のブログのアクセス解析を見ると

 平均は約380アクセスで、156PVから963PV。28日間の平均アクセスは約450アクセスあった。今月のアクセス数はバラツキが大きい。
 
 アクセスの多いタイトルをざっくり見ると
 2016年04月23日
 カルパッチョとカラヴァッジョ展の感想(仮)
 2016年05月28日
 カラヴァッジョとレンブラントの違い

 僕は今年になってまだ1回も展覧会に行っていない。これまでそんなことはありあり得なかった。 
 アクセスの理由は勘違いかもしれないが、美術ファンも我慢を強いられている。だから強烈な印象があった「カラヴァッジョ展」にアクセスする人が多いのか。

 個人的には(アクセスの数は多くない)
 2016年09月03日
 レンブラント リ・クリエイト展2016(仮)感想

 意外で面白かったのは、「レンブラント リ・クリエイト展2016」で、いつもは上野か六本木に展覧会を見に行くことが多い。しかし、横浜まで足を延ばした甲斐があった。

 今日の俳句(アクセスの数は多くない)
 個人的な想いでは、似たような感情の人も多いのでは。
 2015年07月21日
 今日の俳句読本 夏休み

 今年は想定外で、あまりにも昨年と違いすぎる。
 「夏休みいつもどこかで孫の声」
 お隣の県に住んでいるが、小さな画面の携帯でしか会えなくなった。個人的には、来年こそ孫と会えることを期待したい。昨日、かみさんと一緒に考えながら夏休みの「プレザント」を贈った。


 卓球ヘボコーチ&飲みニケーションでは

 そして、昨日は卓球ヘボコーチ&飲みニケーション。ところが、とうとう&飲みニケーションが中止になった。やはり奥さん情報で、近くにも新型コロナウイルス感染者が出たらしい。
 あくまでも噂らしいが、この手の噂話が増えつつあることは、身近に迫ってきたと理解できるのでは。今の時期は、用心するに越したことはない。
 おそらく、&飲みニケーションは2カ月間は中止か?


 ダラダラと書いてしまうが

 今日の朝刊の雑誌の広告で、ルポ「足立区の首都」竹の塚クラスターを追うをDマガジンで読んでみようと思っている。ただし、このルポライターは、ほんとに竹の塚を足立区の首都と思っているのだろうか?ちなみに、飲み屋やタクシーの運転手さん情報だが、すぐ近くにある歓楽街で、条例が厳しくなって営業ができなくなり、その人たちが流れ込んできたらしい。ただし、それは新型コロナウイルス感染よりも以前にことらしく、直接的には関係ない。

 とにかく、今年はいろんなことがありすぎる。繰り返すが、


 とにかく用心するに越したことはない。

posted by トモ兄 at 10:40| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

今年は映画を100本以上見るだろう ふと、思った...


 映画は嫌いでなかったが、こんなに好きだったっけ。

 自分1人映画館で、封切りの映画を見たことはよく覚えている。そのタイトルは『明日へ向かって打て』で、最初は退屈でしょうがなく外へ出ようかと思ったが、どんどん面白くなった。結局、ポール・ニューマンとレッド・フォードとキャサリン・ロスの大ファンになってしまった。B.J.トーマスの『雨に濡れても』(→僕の上に雨は止みそうにないよ でも分かってることがある 幸せな日はもう目の前なんだ だから 僕は負けない)や、自転車のシーンもほんとよかった。

 しかし、僕にとってこの映画には前段があって、東京に1人就職試験を受けに行った。ところが、他の人たちがあまりにも優秀に見えショックだった。合格はほとんどないと思った。だから、東京はこれで見納めだと思い、入社試験で知り合った宮崎の人と秋葉原を見物し、帰路についたが長崎に帰られなくなり、静岡で途中下車し1泊。ついでに見物し帰路へ。

 それから、一時精神的に落ち込んだ。いつものように朝、バスに乗って学校へ向かったが、突然途中下車。その場所が長崎駅前の映画館で、『明日へ向かって打て』を見た。就職試験の結果はまさかの合格だった。いまだに不思議に思っている。

 映画を映画館で見るのは、5カ月に1本ぐらいだろうか。テレビでは映画をたまに見る程度だった。

 急に今の話になるが、

 Amazonプライム・ビデオに登録(500円/月)してから、テレビで週に1回見るようになった。ところが、今は週に3本程度見ている。こんなことは今までになく、混乱してしまい話がどうしてもダブってしまう。だから、エクセルで映画展鑑賞リストをつくり、最低限のことをまとめるようになった。

 昨夜見た映画は、実話が基になった映画で重かった。
 今年はコメディーの映画を多く見て、笑い転げながらスッキリしようと思っていた。とことが、そうもいかず「エリック・ローマクス氏」と「永瀬隆氏」をネットで検索し調べてみた。たまには、こんなこともある。

 もうすぐ原子爆弾投下の日と終戦の日。
 偶然だろうか、また別の視点で戦争の狂気を知った。

ラベル:ふと、思った
posted by トモ兄 at 12:20| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする