2019年09月19日

感想文を書こうと思っているが...

 丁度二十歳の頃、最悪だった。東京に本社がある会社に入社。研修が終わりどの部署へ配属されたいかと問われる。そこで広告の部署だと答えると、君は専門の教育を受けていない。確かに!それから1年後に退社。新聞奨学制度を使いデザイン学校へ通い始めた。それまでの住環境は新築の寮で1人1部屋、朝夕の食事付きが、いきなり地下室で、ベニア板で仕切られた2畳ぐらいの部屋になり、学生生活に必要な最低限の物と布団ですぐにいっぱいになった。その部屋でB全の課題をどうやってやるのだろう。現実は甘くなかった。もう最悪の環境で、その薄暗い地下室に5人が生活をしていた。当然だがすぐにその環境の脱出を考え、新聞奨学制度と同条件で北千住にある専売所でお世話になる。

 その地下室で読んでいた本が、『無知の涙』だった。しかし途中で辛くなり読むのを止めた。それから読んだ本が、三木清著『人生論ノート』。病気ではなかったが、不安定に回復。

 その話は、いらない話といわれそうだが、山中司著『自分を肯定して生きる プラグマティックな生き方入門』が、その当時にあれば、もっと自分なりの回復が早かったのかもしれない。
 これが、読書前と読書後でどのような変化が起こったかだ。というのは正確ではない。当たり前だが過去はもう変えられない。人生は100年だそうだ。まだまだあるぞ。つまり、これからの人生に役立つ。これまで学んだことや教えられてきたことに、プラグマティックな生き方も加え、様々な問題に取り組んでみること。
 だから、今から役立てることにする。
 これが、この本を読んだ感想だ。

 プラグマティックな考え方を、定義付けすると

目的:自分自身の判断で、自分にとって「役に立つ/意義がある」と思う生き方を希望し、(〜を達成するために)
方法:その希望の実現のために「今、ここ」でできることを確実に実践し、(〜をすることによって)
活動:少しずつでも自分を理想の状態に高めていく生き方/考え方。(〜の意図的な活動)

 次に、プラグマティックな考え方をノイラートの船で分かりやすく紹介します。 

 いつになるか分かりませんが、つづく...

posted by トモ兄 at 03:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

45年ぶりの再会

 今週は印刷入稿がない、チャンスだ!
 若干、昔々の卓球の話しをしたい。

 同級生からメッセージとラインが入った。
 何十年ぶりに再会する。特にN君とは高校卒業以来で45年ぶりになる。N君と僕は卓球の試合で共通のトラウマ体験がある。

 話は中学時代に遡る。中学最後の団体戦で事実上の決勝戦、僕はラストで、勝つと次の対戦校は問題ないので優勝する。ところが、負けるはずのない選手に負けてしまった。野球で喩えると、9回ツーアウト満塁。もう一つアウトを取ると優勝できる。なんでもないゴロが来てトンネルした。よく頭の中が真っ白になるというが、実は真っ黒に感じた。ほんとありがたくないトラウマが完成してしまった。ちなみに、同級生のN君はシングルスで優勝した。しかし、そんな経験をしたにも関わらず、団体戦は異常に燃えるようになった。
 
 今度はN君の話になる
 N君と僕は高校2年生でインター杯の団体戦要員として出場した。3年生になったとき、誰もが疑う余地がないほどチーム力は充実し、2年連続インター杯出場は確実視されていた。僕はシングルス第2シードで順当に勝ちすすむと、シングルスにも出場できた。

 また団体戦で事実上の決勝戦。
 準決勝は4-1ぐらいで勝てると思っていた。みんな個性的で強かった。僕は6番でエントリーされていて、あり得ないと思ったが、2-3で回ってきた。僕が負けると団体戦は終わってしまう。おそらく中学時代のトラウマのせいだと思うが、そのことが異常なエネルギーを生んだ。
 
 そこまでは良かったが、普段以上にフットワークを使いオールフォアで攻めた。ところが、人生で初めて試合中にひどい捻挫をすることになる。どうしてこんな時に。気落ちと足首の痛さで、あれよあれよという間に、カウントは逆転されてしまい、20-16となった。自分でも信じられないが、ここから6本連続してポイントを重ね逆転して勝ってしまった。ちょっと話をつくるが、2度目の同様なトラウマは勘弁して欲しかった。
 当然だと思うが、団体戦は今までにないほど騒然としていた。

 僕はラストのN君につないだ。
 そして、N君は中学時代の僕と同じようなヘマをする。
 つまり、トラウマ同窓生となった。
 その彼と、45年ぶりに再会する。

 興奮してきた。ちょっとインターバルを置く。

ラベル:再会 トラウマ
posted by トモ兄 at 12:40| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

今日はピンポンデイにする_2

  と思ったが、仕事をしている。とてもいいことだ。

 実は中国の孫 穎莎(ソン エイサ)の動画を見たい。噂では平野美宇のダミー選手だったと聞いたことがあった。つまり、「仮想 平野美宇」で練習用の相手だった。ところが、2018年のユース五輪団体戦で平野美宇との接戦を制し、また、世界卓球2019 女子シングルス3回戦では、伊藤 美誠も破る。

 不思議だが、孫 穎莎(ソン エイサ)は本家本元を超えてしまった。2019年9月の世界ランキングでは6位で、伊藤 美誠は7位、石川 佳純は8位、平野 美宇は9位。ランキングでもその実力は示された。

 現状の女子世界ランキングは、1位から6位まで中国選手だが、中国のオリンピック出場枠の3人目は現状6位の孫 穎莎(ソン エイサ)だと思っている。女子ダブルスを見たことがない。探して見ようと思っている。

 この選手は間違いなく、マークされている。

posted by トモ兄 at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はピンポンデイにする

 昨日、やっと高校卓球部の住所録を探しだし、何人かに連絡した。そのファイルの中にとても懐かしい写真もあった。ちょっと迷ったが、載せてみようと思った。

 大丈夫、僕のブログは誰も見ていない。
 それから、YouTubeやITTVで卓球観戦。
 夕方からは、ヘボコーチ&飲みニケーションに出掛ける。
 これで、1日が終了する。

 孫が遊びに来ると写真を必ず撮る。ファインダーを覗きシャッターを押す瞬間に、必ず変なポーズや顔をくしゃくしゃにする。なぜそんな表情をするのか、不思議でしょうがない。たまに腹が立つときがある。
 
 写真2点は僕がおそらく30代前半で、もう1人を除くと20代。パソコン通信で知り合った卓球仲間で、試合が終わってからの飲み会なのか、定期練習会なのか?普段はきちんとしているが、酒が入り写真を撮るといきなりこんなことになる。狂っている。孫のことはあまり言えないかも。なんでこんなアホな格好をするのだろう。
 卓球はみんな強い。飲んでいるときも、マニアックな話を真剣に議論したもりする。しかし、その時のギャップは素晴らしすぎる。

P1.jpg

P2.jpg


 たとえば、スピードスケートでカーブに入りかけているところの人。ちょっと古いが、天橋立でポーズをとる人。相撲とりのスタイルもいる。舌を出したパラノイア風の人。野球の審判風の人。しらっとしているクールな人。そこへ突然突入してきた人。

 この中にヘボコーチもいる。また、亡くなった人。ミスター卓球といわれていた人のお子さんもいる。P4MATCHを主催している人もいる。昨年東卓の5部団体リーグ戦で優勝していた人もいる。しかし、どう見ても卓球部には見えないが、この頃はとても懐かしくほんと面白かった。もし僕が卓球を続けられれば、またどこかで会える。そんなことを期待している。Ping-Pong Graffiti

 さて、これから卓球観戦。男子は韓国の鄭栄植(チョンヨンシク)と、女子は中国の孫 穎莎(ソン エイサ)を中心に観戦。この2人は東京オリンピックに出場できるときっと暴れる。現在2人とも微妙な世界ランキングだが、鄭栄植は兵役につくようなので難しそうだ。しかし、間違いなく日本にとって脅威になる選手だ。何か弱点はないものだろうか。そんな視点で動画を見ます。

posted by トモ兄 at 14:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

今日は帰崎デイだった

 思い立つと、急激にスピードアップする。
 先ず、時間別最安値の特別割引21で、東京-長崎間の往復航空券を購入した。それから、同級生に電話を掛けた。これで、ホテルの手配が済めば、ほぼ終了する。あとは、10月に仕事のスケジュールを早めに調整する。

 久しぶりに、るんるん気分になった。

 それから、ブログを書いていると、たまに意外なことが起こる。

 たとえば、「脱線するが、まとめてみたい」で、大丈夫、著者はこのブログを見ない。と書いたが、「ちゃんと見させていただいていますよ!」とコメントが付いた。
 僕は「マイフェアレディ」と「一九八四年」のビデオを借りて観た。またジョージ・オーウェルの本も購入し読んでいる。とにかくこの先生の講義は面白い。別の話だが、ゼミで1年間お世話になった先生(当時、東大特任教授)が、現在、産学連携推進機構理事長をやっておられ、初めて受講したセミナー(アキバイノベーションカレッジオープンセミナー)修了後に挨拶に行ったときに、開口一番「どう、面白かった」だった。ちょと驚いたが、面白いはほんと魅力的だ。できるだけ面白く楽しく生きていくことはミッション・ステートメントになっていて、全ての目標はこのミッション・ステートメントに資する。言っている本人が、だんだんこんがらがってきたので、この辺で止めよう。

 最近、あまり卓球のことを書かなくなったが、「坂本夕佳の混合ダブルス初優勝と雪辱」をアップしたとき、多分本人だと思うがコメントが付いた。

 また、「突然思い出した「雨ニマケ」」の作者である本人からコメントが付いた。それを受けて、「「雨ニ負ケ剣崎克彦詩集」剣崎克彦」をアップした。
 
 他にもあるが、やはりコメントが付くと嬉しいものだ。

 明日はヘボコーチの日。
 僕の場合はすぐに「雨ニ負ケ」てしまう。
 流石のヘボコーチで、雨の日は休む。

 今日は、そろそろ休むことにする。

posted by トモ兄 at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする