2019年11月02日

やっと普通に戻った感(人生行路)_1

 「教養としての言語論」を受講し、またその担当講師著の「自分を肯定して生きる プラグマティックな生き方入門」を読み、その講座のディスカッションに投稿した。
 その感想文で、ちゃっかりしているというか(←様々な問題を解決するために、変わり身の早さをポジティブに捉える)『プラグマティックな生き方をやらない手はないですね。』と最後にまとめた。

 おそらく間違いないと思うのですが、帰崎もこれから話す住宅ローン問題についても、この先生の教えに、背中を押された感じがします。(もう1人先生と思い込んでいる人がいるのですが、共通していることは、いいきっかけを与え、その後は自分自身で努力し実践すること...ということ)
 
 しかし、人生行路って古い。初めて使う言葉で、なぜか浮かんだ。あとから調べると、句例に波瀾に富む人生行路をたどる。教養がない僕にとって、この波瀾の波が目立って見え、人生行路が船舶などの航路に見えてきた。そうすると、これからの話にちょうどいいメタファーになると思った。

 まずは再度投稿になりますが、前置きです。

 プラグマティズムが興味ない理想論と問題点

 プラグマティズムのキーワードは「役に立つ」こと。ノイラートの船に乗り合わせた人は、海上で故障した船で理想論や悲観論を語っても無意味で、船が沈むようなことがあれば元も子もありません。もし嵐の状況だったら、それこそ呉越同舟です。船が出港してしまうと、つねに見るべきは現実で理想からの譲歩です。ネガティブに捉えると、問題点は現実との「妥協の産物」ということになると思います。
 つまり、プラグマティズムとは、「役に立つ」=「妥協の産物」です。ところが、理想と現実はかけ離れていても、ポジティブに「役に立つ」=「妥協の産物」という改善を繰り返すことで、理想とした状態にたどり着けるのかもしれません。プラグマティズムにとって、理想と現実は乖離する関係だけでなく、延長線上にある不思議な関係です。このことは、頭の中の出来事に留め置かないで実践し体験したいですね。今考えられるもう一つの問題点は、とある問題を解決する場合、これまでに培ってきた経験や考え方と、どうやって折り合いを付けていくかです。
 『教養としての言語論:言語は私たちをまやかし生きにくくさせる言語論』の根底に流れている哲学が、プラグマティズムであることを知りました。感想になってしまいますが、とてもよい学びができたことに感謝いたします。プラグマティックな生き方をやらない手はないですね。

 住宅ローン問題につづく...

posted by トモ兄 at 07:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

10月は、とにかくいろんなことがあった

 カレンダー制作やgaccoや帰崎や団体戦。具体的には書けないが、他にも様々なことが重なった。仕事で忙しいことは年に何回かあるが、それ以外のプライベートで忙しいことはほんと珍しい。

 そして今日は、毎年の内視鏡検査(入院)を予約するため病院に連絡。年内は取れなく来年1月になった。信じられないが年内の土曜日は満員だそうだ。

 さて、11月はどうなることやら。
posted by トモ兄 at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

珍しく霧が発生、これって僕の心象風景(笑)

 今朝6:00に起床、iPhoneで検索サイトをチェックすると、大手流通の人員削減や店舗閉鎖のニュースがあった。僕自身も様々な問題で悩みモヤモヤしている。

 さて起きようかとカーテンを開けてビックリ。こんな霧は珍しい。ちょっと強引だが、これってもしかすると僕の心象風景(笑)思わず、iPhoneを持って近くの公園へ行き映したのがこの写真。


霧.JPG

 
 (五里)霧中を早く夢中に転換しないと。

 あとは実行するのみだが、いまは足踏み状態。しかも以前と違って明るい悩みが多く、そんな悩みだったらやらない手はない。例えば、中国人プロコーチの卓球教室。他の問題も同様で、解決するためには、自分自身の効率的なリソースの振り分けに思えてきた。つまりアイディアがあり、あとは実行すること。だから結論は、毎日書いている1日のスケジュール表の中に答えがあり、僕の持ち時間の使い方に掛かっている。
 
 ブログにもアップしてるが、1日のスケジュール表は何回も作り直し改善もした。また最近は使い方にも工夫している。

 話は飛躍するが、ポチが裏山で「ここ掘れワンワン!」と吠え、掘ってみると小判がザックザック出てきた。もしかすると、裏山とは僕のスケジュール表であり、持ち時間で宝ものを採掘できるかもしれない。実行するもしないも僕次第。

 愛犬アルペが「ここ掘れワンワン!」と吠えた。
 汗をかきながら集中し、僕の持ち時間を使う。
 夢中になれることがあることは、いいことだ。
 
 すでに、霧は晴れていた。

posted by トモ兄 at 14:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

今日はいつもの特訓日

 今日のスケジュールは、前日の仕事が終了して書く。
その1日のスケジュールを見ると、まず新規の地図を描く。午前中に歯医者。それから、最終の修正があり印刷入稿(下版)。また、金曜日の印刷入稿の準備をする。

 そして、最も不得意な事務仕事が待っている。見積もりと請求書を準備し、見積もりはメールする。消費税を間違えないように。ほぼ仕事はレギュラーなので、コピペで済むことがあるが、これが注意しないと間違いの元になる。

 半分冗談だが半分本当で、請求書と打つとたまに請求症となることがある。未だにキーボードアレルギーがあり原因だ。しかし、それだけではないような気がする。以前に較べると遙かに事務仕事は楽になった。請求額は多くなったり、少なくなったり、少なくなったり。超零細な経済活動でも結構プレッシャーになる。バガみたいだが、1人で勝手にプレッシャーを掛けている。

 食後落ち着いた時間に、仕事ではないがある交渉ごとのために、資料収集し作戦を練る。これができれば、先日の優勝したような気分になれる。これで3回目の挑戦となる。ほんと何とかしたい。

 とにかく2、3日は忙しい。特に月末の週を特訓と呼ぶ。
 なので、ヘボコーチは難しそうだ。
 お休みすることに_(._.)_

ラベル:特訓
posted by トモ兄 at 07:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

今日のスケジュールは、ゆっくりと...

 今日はバスキア展(森アーツセンターギャラリー[六本木ヒルズ森タワー52階])へ行こうと思っていた。ところがそれどころの騒ぎでなかった。熱は出なかったが体が悲鳴をあげた。

 朝からお風呂に温めのお湯を張り、プカーンっと浮いていた。イメージ的には無重力状態になり、体の重みを解放し、少しでも筋肉に負荷を掛けないようにした(そう思った)。また、血の巡りも活発になり、疲れや痛みが早く取れるのか。

 今日は朝からさっそく、「やったー 優勝(^_^)/」をブログにアップした。それから、すぐに仕事の連絡があり、修正をメール。

 またさっそく、ガンちゃんから中国人プロコーチの練習教室に、体験入学のようなことをしないかと誘いの連絡が入った。今日は身体の調子がこんななので、こちらから必ず連絡することを約束。

 ヘボコーチの時は割り切って自分の練習はしない。つまり、相手の能力アップが目的で、自分の練習をやってしまうとどっちも効果が上がらないし身体も持たない。だから、中国人プロコーチの練習教室に興味を持った。

 しかし大失敗の経験がある。その時の失敗が肩の痛みの原因になっていて、未だに尾を引いている。
 その時の練習は基礎体力や筋力がないまま、厳しい球出しの練習をさせて貰った。そのたった1回の練習で、信じられないことが身体に起こった。

 あまりにもキツい練習だったので途中で中止。先にシャワーを浴び飲み会をするために休憩し待っていると、急に大きな蚊が目に飛び込んで来た。思わず手で払った。蚊が飛ぶ季節でなはない。若干はあったが、最悪の飛蚊症を発症。驚いて、眼科にすぐ通った。そして、五十肩の症状も発症し整形外科にも。そんな経験があり、また急に厳しい練習をすると、間違いなく身体が壊れる。

 中国人プロコーチの練習教室に行くまでに、少しでも基礎体力をアップさせようと考えている。それからでも遅くない。

 明日からまた特訓が始まる。
 昨日の歩数は約20,000歩。今日は何とたったの379歩。
 ゆっくりのんびりできた。

 今日、バスキア展に行けなくて大正解だった。
 バスキア展の会期は11月17日(日)で、まだ時間はある。
 
posted by トモ兄 at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする