2021年09月30日

9月は、なんとか乗り切ったかな

9月24日までに、タイトルなど小型のデザインから、新聞全面のレイアウトデザインを含めて、約50本制作できた。今年はまだ終わっていないが、間違いなくもっとも忙しい。それにしては大特訓の月末の週をのんびり過ごす。しかも、音楽を聴いたりブログも書いたり。本も取り寄せた。当然だが制作した量と制作時間は比例すが、実際には、制作時間がもっと掛かった。

9月の4週間(1週間に2回印刷入稿)、各週で12本を同時に制作し印刷入稿した計算になる。超零細な個人事業主にとって、年に何回かの売上アップのチャンスだ。ところが、同時に最大のピンチでもある。

たとえば『ルビンの壺』をイメージすると分かりやすい。人は2つの絵(人の顔と壺)を同時に見ることはできない。つまり、人の脳は2つのことを同時にできないらしい。しかし、頭の切れる人は、脳の回路のスイッチの切り替えが異常に早いのか。だから、さも二つのことを同時にできるように見える。

僕にはそんな芸当はできない。仮に『ルビンの壺』で、10種類の絵があったとする。瞬間的に10種類を切り替える必要はないが、約10本の絵(仕事)を1時間おきぐらいに切り替え制作することはかなり辛い。集中力を欠き、ついうっかりの大量生産になりかねない。ノイローゼになりそうだ。また、相当のエネルギー消費でかなり疲れる。

それがなんとかなったのは、クライアントの担当者が予定を早めに連絡してくれたことだ。そこで、実際にテキストや画像が入稿する前に分かる部分で整理整頓し、ダメ元で勝手にフォーマットなどを想定しつくった。それがたまたま上手くいった。僕のスピード感で、スイッチを事前に何度も切り替えながらいくつかの制作物をつくった。結果的に、実際に仕事が始まると、スイッチングも少なく効率的にできたのか。

しかし、問題はたまたまなのだ。つまり、良くも悪くもどっちに転んでも可笑しくなかった。だから、チャンスはピンチで、ピンチはチャンスということになる。

加えて、ほんと腹が立つことがあった。このブログを「王様の耳はロバの耳」の井戸にするわけにはいかないが、実は余計に制作時間が掛かった原因があった。しかし、僕にはコントロールできない。だから興味を持たないことにしていたが、次回は積極的に相談をしてみようと考えている。

本は、西鋭夫著『新説 明治維新』を取り寄せた。
先に、スタンフォード大学 西鋭夫 講演録「新説・明治維新」を聴いた。明治維新のイメージが変わるかもしれない。もしかすると、今まで英雄だった人たちは、テロリストになるかもしれない。歴史小説では、江戸時代後期から明治維新のころがもっとも興味がある。

また、アメリカのメジャーリーグで大活躍している大谷選手を見て、不思議なことがある。なぜ、DHは2番で3or4番バッターではないのだろう。なぜバント攻撃は少ないのか。ということで、蛭川皓平著『セイバーメトリックス入門』も取り寄せた。

10月は『まずは、1勝』。また、読書の秋。

posted by トモ兄 at 01:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月28日

今日はのんびりと舎人公園を散歩_1

舎人公園を散歩_1は、公園入り口から900mまでのジョギングコースをiPhoneで撮ってみた。

 舎人公園入り口.jpg 0.jpg 50-2000.jpg

 100.jpg 大池1.jpg 大池2.jpg

 200.jpg 300.jpg 400.jpg 

 500.jpg 600.jpg 700.jpg 

 800.jpg マウンド舎人(多目的広場).jpg 900.jpg 


400m付近から緩やかな登りになり、500m付近でいったん平坦になる。600m付近から、僕が勝手に呼んでいるマウンド舎人(多目的広場...舎人公園地下に日暮里・舎人ライナーの車両基地があり、盛り土がされ小高い丘のようになっていて、舎人公園の入口方向へ向かって緩やかな坂に。舎人公園の中心に大池があり、その周りを約2,000mのジョギングコースとなっている)に向かって、また登り始める。800m付近で坂を登り切るが、ここで息が切れる。ジョギングしている時は、ここからゆっくり散歩して帰る。以前は休まずに(とてもゆっくり)ジョギングできた。3年前までは。

そのころだと思ったが、盛んに練習している女性たちがいて、とてもスリムでフォームも綺麗で軽やかだった。僕は1周で彼女たちに2回追い越されることもあった。学生には見えないしどんな人たちだろう。
あとから卓球仲間が教えてくれた。彼女たちは、あるスーパーマーケットの駅伝の選手だそうだ。道理で早かった。そういえば、0m地点でタイムを測っている人もいたような。



posted by トモ兄 at 17:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はのんびりと舎人公園を散歩_2

舎人公園を散歩_2は、1,000mから2,000mまでのジョギングコースをiPhoneで撮ってみた。

 1000.jpg 1100.jpg 1200.jpg

 夕日の丘売店.jpg 1300.jpg 1400.jpg 

 1500.jpg 1600.jpg 噴水.jpg 

 1700.jpg 1800.jpg 1900.jpg 

 0.jpg 50-2000.jpg 舎人公園駅.jpg

1,200m付近に、夕日の丘売店がある。そこでたまにアイスクリームを食べながら休む。そこからは下り坂だ。ジョギングコースの回りの木は桜の木が多く、春になると花見しながらの散歩となる。また、今年はなかったが、1,600m付近には噴水があり、子供たちの水遊び場となる。

僕の散歩&ジョギングはドアツウドアで、約60分の3.5〜5qコース。また、2年前に購入した、メンズ フィットネストレーニング5点セット(タイツ パーカー ハーフパンツ 半袖 長袖 ランニングウェア)を久しぶりに袖を通した。格好だけは一人前だが、ジョギングの能力というのか実力は全く伴っていないが、それがどうしたなのだ。
しかし、間違いなくいい習慣になりそうだ。そうなるとこっちのも。

卓球の秋季団体戦で、チームに貢献したいと考えている。だから、まずは、楽しみながら散歩&ジョギングで足腰に負荷を掛け、最低限の体力と体づくり。そしてやっと「ポジティブシンキング」の自己肯定感になる。

目標は『まず1勝』だ。と、実は糖尿病対策でもある。

!(^^)!

※舎人公園は、入り口の真向かいに日暮里・舎人ライナー
「舎人公園」駅がある。



posted by トモ兄 at 17:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日は、10月の作戦会議

今月は早めに売上を締め、見積もりと請求書を発行。クライアントに10月の予定を聞くと、9月に較べるとそんなに忙しくなさそうだ。そこで、10月1カ月間の短期目標を考えることにした。

そのままでベタだが、目標は『まずは、1勝』

10月に秋季団体戦がある。
春季団体戦では自分自身を戦力外通知。謙遜に聞こえるかもしれないが、そのままの意味で勝てる気がしなかった。団体戦のオーダーを組ませて貰っているので、自分自身が試合で回ってこない5番手に。結果は1試合のみで1敗だった。それでも、団体戦は楽しい。

調子は春季団体戦より悪い状態かも。ただし、試合までに約1カ月間あるので、春より少しでも体力や筋力を鍛えたい。そうしないともっと最悪な状態になる。まずは絶対にスポーツをリスクにしないこと。現在、マウンド舎人を走り出したが、約2,000mのコースで、登りの800mの所で息切れで一休み。通しで1周をまだ走れない。他のランナーは息も乱さずすいすいと追い抜いていく。こんな状態では話にならない。
また、金曜日や土曜日に自分自身の練習ができればと考えている。結局、卓球の技術も体力づくりも練習量を増やすしかない。そんなことは百も承知しているが...

こんな作戦で、
『まずは、1勝』を目指したい。

10月は時間をつくれそうなので、仕事のマッチングサイトで、コンペにチャレンジしようと考えている。『まずは、1勝』を目指す。もちろん、当選すると売上げアップにもなる。

これもまた卓球と同じように、1勝を目指すためには、新たな作戦を考えないと、いい結果を出すたことは難しい。
その方法はないでもない。
たとえば、メールの受信数でもっとも多いのがPinterest(アイデアを画像や動画で検索できるビジュアル探索エンジン)。コンペにチャレンジするために、参考になり刺激にもなる。ただし、まだその活用方法は思案中だ。

現状は、Pinteresのメールを保存しているのみ。整理整頓はできていないが、コンペ目的に合わせて絞り込もうと思っている。現状の保存数を数えてみると1,235本あった。いいきっかけなので、思い切って必要でないものは消去し、コンペ制作のための参考にしたい。

こんな作戦で、
『まずは、1勝』を目指したい。

??結局『2勝』を目指しているのか??

posted by トモ兄 at 01:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月25日

昨日はアップデートと、古い記憶を辿った

恐る恐る最新のMacOSにアップデート。前回のアップデートで、ノーアウトラインでPDFに変換できなく、データ納品で困ってしまった。だからといって、古いバージョンに戻すことはかったるい。ファーストロットで、バグがあることはよく知られているが、一時的なリスクになる。だから、最新のOSにアップデートしすぐにPDFを試した。今回は問題なく変換できたので安心した。

それから、アップルサイトでmacOS Big SurmacOS Big Surで利用できる新機能。を調べた。

また、同サイトにmacOS Montereyに登場する新機能のプレビューを見る>があった。
macOS Monterey(モントレー)は、Mac OS X登場以来の大規模アップデートだった「macOS Big Sur」と比べると、使い勝手の向上に注力したアップデートとなる。とりわけ、iPadやiPhoneなど、他のApple製デバイスとの連携機能により磨きをかけているそうだ。

OSのアップデート自体は難しくないが、そのあとに思わぬことが起きることがある。つまり、「アップデート・リスク」だ。問題なのは、どんな「リスク」が存在するのか。「リスク」は不確実性でもあるので、事前に確認することは難しいが、どの程度の「リスク」ならば引き受けることができるのか。自分の対応能力が試されているような感じがする。しかし、もっとも困ることは、最新OSに対応するために、PCの能力アップも必要になってくることがある。つまり買い替えだ。そんなことをこれまでに何度か経験した。Macは仕事で使っているので何とかしたが、新たなシステムやアプリケーションソフトの習得や、買い替えするための最適なコストパフォーマンスの感覚も必要だ。仮に一時的なリスクとしても、ソフトとハードの両面があり、同年代の人たちは、将来を考えると悩みの種であることは間違いない。

最近のCMで、「リスクいいじゃないか リスクを冒さないことが最大のリスクだ
なんて嫌らしいタイムリーなCMだろう。ふざけるなと思いながら、僕にも「ぐさぁ!」

最新を検索し学ぶことはいいことだが、ほぼ同時に、中学生時代の過去にも遡った。意味不明。

最近、チューリップや吉田拓郎の歌をまた聴くようになった。

実は、僕にとってチューリップと吉田拓郎には共通点がある。中学生時代に、初めてのチューリップと吉田拓郎のライブを同時に体験した。しかも彼らを全く知らなかった。

昔々長崎にいた頃、ラジオの深夜放送を聴いていた。「オールナイトニッポン」は、深夜の3時頃から第2部を福岡の放送局にチューニングし聴いていたが、長崎放送局(NBC)でも聴けるようになった。1971年に「オールナイトニッポン(日本放送)」は、日本全国を縦断してリスナーと交流するという画期的な企画「ビバくりげ」が行われていて、その長崎大会に応募。その時のゲストがチューリップと吉田拓郎だった。

チューリップ 魔法の黄色い靴(ライヴ)
チューリップのメジャーデビューシングルとして1972年6月5日に東芝音楽工業から発売された。
たぶんこの曲を聴いたのか?ハッキリ覚えていないが。初めてのチューリップで、とても不思議な感じがした。

吉田拓郎 -今日までそして明日から-
1971年7月21日にCBSソニー(現・ソニー・ミュージックレコーズ)から発売。
吉田拓郎は全く知らなかった。ピアノ用の椅子とフォークギターをもって、ジーパン姿の人が現れた。最初は係員の人かと思った。「今日までそして明日から」を聴いたのはハッキリ覚えている。吉田拓郎はあまりにも強烈な印象だった。

それまでは、聴いていた曲は洋楽が多く、日本の楽曲にはあまり興味がなかった。この「ビバくりげ」で急に音楽を聴くジャンルが変わりだした。いまだに、吉田拓郎やチューリップ(財津和夫)は好きで聴いている。

まさか「ビバくりげ」を思い出すとは。9月の忙しさが終わりホットしたのか。最新のOSをアップデートしたり、古い記憶を辿ったり。とても懐かしかったが、「魔法の黄色い靴」と「今日までそして明日から」を聴いた。

こんな、新しいことと古いことを同時に組み合わせることは、僕の中でほんと珍しく、自分でも不思議で何かあったのだろうか。それは意図的でなく無意識で、単にバランスをとっただけだろうか。

昨日は、月曜朝1の提出予定だったラフ初稿2本を朝1でメールし、午後に印刷入稿も無事終了した。深夜はアップルミュージックを聴きレモンサワーを飲みながら、のんびりとブログを書いた。明日は、10月の作戦会議を行う。

posted by トモ兄 at 02:24| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

今日も目覚めのブログ

20:30就寝、4:00起床。
久しぶりに少し走っただけで、疲れてこんなことになった。
今日も晴れていたら、散歩する予定だ。

昨日は勝手に命名したマウンド舎人(多目的広場...Apple Watchのソフトでウォーキングを見ると、確か標高25m)を富士講(僕を、デスクトップから開放させる約1時間の散歩の時間、しかも健康的)と呼び富士山を眺める。残念だったが昨日は見えなかった。マウンド舎人を下ると夕日の丘の売店がある。

夕日の丘の売店で休んだと書いた。ここは軽食(焼きそばやパンなど)がとれる。以前はビールのメニューもあったように思ったが今はない。そのショップ内には、一部屋だがベビー休憩室や、軽食用のテーブルと自動販売機があって、左端にはアイスクリームがある。夕日の丘の売店での細やかな楽しみは、そのアイスクリームを左上から順々に食べていくことだ。久しぶりだったが、当然、アイスクリームを食べた。

 舎人公園.jpg IMG_0479.jpg

また昨日は、なぜか吉田拓郎の「旅の宿」を聴いた。
今日もその流れなのか、「夏休み」を聴くことにする。

まさか、吉田拓郎を聴き始めるとは思わなかった。
何があるか、わからないものだ。


posted by トモ兄 at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月22日

午前中に散歩、午後から仕事かも

午後から仕事が入る。それまでブログを書くことに。

10月に秋季団体戦がある。時間は約1カ月間ある。今回も状況は全く変わっていない。つまり僕は戦力外。今回は戦力外を何とかしないと。とにかく卓球用の体力がない。なので、今日は舎人公園内の大池ジョギングコース全長約2キロで、約1キロの登りを走ったり歩いたりを繰り返した。夕日の丘の売店は登りと下りの折り返し点で、ここでゆっくり休んだ。最初から無理は禁物なのだ。というか走るってこんなにキツかった?

それから、下りは歩きコースを外れ、自然観察園を横切り、みんなの広場に入り冒険の丘を抜け家路につく。

昨日の連絡では、午後から仕事が入る予定だったが。もう一つのレギュラーの原稿入稿があった。初稿は月曜でOKとあった。もちろんの今週中につくるがメールは月曜朝一にする。

さっきまで、ちょっと長めのシェスタ。

まだ予定の仕事が入っていないので、MacのiMacでリプレイ:2020年Apple Musicを聴きながら、舎人公園で撮った写真をブログ用にリサイズしようと思っている。

舎人公園 お花見広場

 舎人公園1.jpg 舎人公園2.jpg

 舎人公園3.jpg 舎人公園4.jpg

舎人公園 大池

 大池1.jpg 大池2.jpg

舎人公園ショウブ田 水路(カエル・メダカ)

 カエル.jpg メダカ.jpg

舎人公園 冒険の丘

 冒険の丘1.jpg 冒険の丘2.jpg


今日は平日で、舎人公園は人が少なかった。大池の側にショウブ田があり、回りにの水路にカエルとメダカを発見した。
冒険の丘も人はまばらだった。

iPhoneやApple WatchのソフトでDuffyを見ると、歩数は午前中で8,029歩。また、Apple Watchのソフトでウォーキングを見ると、合計時間は1時間41分。合計距離は5.62q。最近は2000歩前後。1日の目標歩数は8.000歩で、ほんと珍しく達成した。

午後から予定していた仕事が、
いま、出先からのGmailで取急連が入った。

ブログを中止、フォーマット制作しメールで提出。
それから、またブログを仕上げる。

posted by トモ兄 at 18:10| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

3~4週間ぶりのヘボコーチの日

俳句読本で今日の1句は

満月を揺らして独り野天風呂  

清水 奉人

いいな〜、わかるわかる。湯に浮かぶ月を独り愛でながら、しかも暗い森のシルエットに抱かれて、心がゆらりゆらりと癒やされる。
たぶん、僕はほとんど無重力状態になる。

今年はどこにも行けない。話は早いが、来年は新月だって隠れてでも湯を浴びに行きたい。

今日は、卓球のヘボコーチの日。普段だったら、いい汗をかいてシャワーを浴びて、焼き鳥屋へ一直線。約1年半前は当たり前だった。

あり得ないが、もしみんなで飲めたら、酒の肴には困らない。どんなことがあったのだろう。

と思いながら、ヘボコーチの準備をする。



ヘボコーチが終わり、すぐに帰りシャワーを浴び、食事をとった。
それから、電線と電線の隙間に浮かんでいる満月をとり、
お酒を飲みながら、
その写真に、今日の一句をレイアウト。

0921月.jpg


吉田拓郎の「旅の宿」を聴き
ほんと久しぶりだね、月を見るなんてと思った。




posted by トモ兄 at 17:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月20日

やることはなかったが..._2

運動学習プロセスにおける「軽微な忘却」には、運動指令を最適化するという予想外の効果があることを理論的に証明され、運動制御するためには、非常に複雑で数学的な計算が必要だが、脳に生得的に備わった「軽微な忘却」機能だけで最適化計算と同等のことが実現できることを示した。と書いた。

この説明は、たとえば人をロボットに喩えると分かりやすい。つまり、運動を制御するフレームワーク(構造)が必要だという世界観がある。

卓球で考えると、先ず目はカメラで相手の返球のコースや軌道などのデータを、脳というプロセッサーに入力し、次ぎに演算し最適な筋肉を動かすモーターに出力。とても単純そうだが全く違ってその指令は様々な体全体の部分に同時に継続的に行うことになる。また、その運動は回転運動を利用するために、関節はその回転運動の支点となり、モーターは各筋肉専用にある。

そこで、実際の運動制御を考えるとフレームワークはないのではないか。そのことは正確に説明できないが、二つのことが分かる。

一つは、仮に骨の周りに10本の筋肉があるとする。ある運動をするためには、10本の筋肉の中で8本目を動かすと、効率的にスピーディーに目的に沿った動きができるとする。だったら自分の意志で8本目の筋肉を動かそう。
これが運動指令の最適化だ。では8本目の筋肉を自分の意志で意図的に動かすことができるか。つまり、運動を制御するために計算通にできる人はいない。だから、フレームワークは使っていないのでは。(冗長性問題)とは、目的の動作を実現しうる筋活動パターンは無数に存在するために、様々な部分との組み合わせが多くある。それだけでなく、関節、神経細胞が関わる。つまり、運動は体の一分だけでなく全体に及び、冗長な自由度をどのように克服するかだ。
僕はある運動をするために、具体的なフレームワークを使って命令した覚えはない。

また、瞬間的に対応する運動は、非常に複雑で数学的な計算(フレームワーク)にかかる時間と、その瞬間的な運動の時間は、計算する時間よりも、瞬間的な運動時間が短いと考えられている。つまり、フレームワークでは運動制御は難しいことになる。

ところが不思議だ、個人差はあっても体は動いている。しかも様々なことに対応しながら継続的に動く。

卓球のヘボコーチをしている。学生時代に卓球練習の経験はなく、たとえば40〜50歳ぐらいから始めたひとが多い。ショートはできない。フォアのフォームはバラバラだ。無駄な動きも多すぎる。おそらく、冗長な自由度に遊ばれている。または制限を掛けられない。

どんなスポーツもそうだと思うが、うんざりするような繰り返しの練習でのフォームづくりは、感覚的に冗長な自由度に制限を掛けることによって、その目的の動きの最適化を行っている。つまり、ひとまず効率的で無駄のないフォームを習得し運動の自動化を求める。あとは応用できると思う。

面白いなと思ったことは、練習でショートのフォームよりもフォアのフォームが早くできると思った。ところが、たぶん無理かなと思っていた、ショートのフォームができるようになった。何故だろうと考えると、おそらく、バック側とフォア側での冗長性はフォア側の方が多いからだと説明ができる。

そして、冗長性問題は進化の問題に続く。
進化することは、ひとまずできあがった効率的で無駄のないフォームを再度見直して、無駄な部分を発見し、新たな動きを付け加えることらしい。そこで新たなパフォーマンスが生まれる。そんなことを繰り返す。またトレンドではないと思うが、打法が全身打法から上半身打法になった。どちらの打法もできた方がいいらしい。

そんなことを考えながら、卓球のヘボコーチを行っている。

コロナ禍で、やっと練習が再開されたが練習時間は圧縮され、ひとり約10分から5分になった。
僕自身も、3週間ぶりのヘボコーチ再開。やっと普段に戻る。

たまたま、記憶を検索し記憶の過程で忘却に刺激された。
なぜ、忘却に、東京大学の研究チームは、脳における軽微な忘却が運動制御指令の最適化に有効であることを理論的に初めて証明した、と発表があったのか。記憶の過程の紹介は特にスポーツの運動制御を説明するためのものではなかった。
とても不思議だった。軽微な忘却が運動制御指令の最適化に有効であることは、まだ理解ができていないが刺激された。

posted by トモ兄 at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

やることはなかったが...

20時就寝。3時起床。十分な睡眠時間だ。

やることはなかったが、思い出せないことが気になった。そこで、Wikipediaで記憶を検索。記憶の過程があり、記銘(符号化)→保持(貯蔵)→想起、起憶(検索)→忘却とあった。

忘却は、記憶されていたことを想起できなくなることを忘却(ぼうきゃく)という。
東京大学の研究チームは、脳における軽微な忘却が運動制御指令の最適化に有効であることを理論的に初めて証明した、と発表

軽微な忘却が運動制御指令の最適化に有効であるって、何?

出典に^ 忘却がもたらす驚くべき効果-軽微な忘却は、運動指令を最適化することを理論的に証明-東京大学大学院教育学研究科2012年7月13日閲覧とあって、

東京大学 PRESS RELEASES

忘却がもたらす驚くべき効果
―軽微な忘却は、運動指令を最適化することを理論的に証明―を読んでみた。

ちょっと難しいが、間違いも恐れずに解釈すると、もしくは気になったことは、

運動学習プロセスにおける「軽微な忘却」には、運動指令を最適化するという予想外の効果があることを理論的に証明された。

目的の動作を実現しうる筋活動パターンは無数に存在するにもかかわらず、その中で最も効率の良いパターンが選択されている。無数にある解の中から、一つの解を選ばなくてはならない問題(冗長性問題)は、非常に多くの筋、関節、神経細胞が関わる身体運動制御するために、脳内で非常に複雑な数学的な計算が必要だ。ところが、実際の脳でその計算がどのように行われているのかは明らかではなく、最適化計算の実態は謎に包まれている。

そこで、発想の転換を行い、最適化計算と同等のことを計算することなしに、脳に生得的に備わっている機能だけで行うことができるのではないかと考えたらしい。そこで注目したのは「忘却」。

「忘却」は、古くよりニューラルネットワークの分野において、ネットワーク性能を高める効果があることが知られている。
「忘却」が運動制御系において有効に機能すると、ニューラルネットワークは必ず最適な状態に達し、最も効率のよい神経活動パターンを出力できるようになるが明らかになった。一方、忘却が全くない場合は最適な状態に達する前に学習が終了してしまう。また、忘却が大きすぎる場合には、必要以上に神経活動レベルが低下して運動課題の遂行ができなくなってしまう。
つまり、軽微な忘却を有する時のみ、ネットワークは最適な状態に達することができる。

だから、脳に生得的に備わった機能だけで最適化計算と同等のことが実現できることを示した意義は非常に大きいと考えられている。

この研究の社会的意義や将来的な展望は、パフォーマンス低下を恐れるがあまり、心身に様々な問題を来たすケースも少なくない。しかし、適度な休息「忘却」を取り入れれば、むしろ効率のよい動作に導いてくれる可能性もあるので、今後、「忘却」の有効性に関する理解がより深まることで、適度な休息を含んだ効果的な練習スケジューリングの開発などにつながることが期待されている。

気になっていたことは「軽微な忘却」だが、実はもっと気になっていたことがあった。
それは、(冗長性問題)だった。

随分前、アフォーダンスについて本を読んでいたときに、
ニコライ A ベルンシュタイン著 工藤和俊訳 佐々木正人監訳『デクステリティ 巧みさとその発達』で、運動制御はなぜ難しいかかは、冗長な自由度をどのように克服するか、ということを知った。

それから、佐々木正人著『レイアウトの法則』で、
第4章 力のレイアウト拾い読みを始めた。


丁度そのころ、強烈な睡魔に襲われる。

しょうがない、5時頃から二度寝(-_-)zzZ


ラベル:冗長性問題
posted by トモ兄 at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

やっと? また? 戻った普段のイメージは

とにかく忙しかったが、忙しさはいつも限定付きで、やっと?また?普段に戻った。しかも世の中ニューノーマルやDXが進み、どこまで自分自身が対応でき、またコントロールできているのか。独り置いてきぼりにされるのはとても不味い。

この普段とやらが問題で、やっとの普段は「積極的な...新たな効率的な考え方や常態」のイメージがあり、またの普段は「消極的な...古い常識にとらわれた考え方や常態」のイメージがする。では、僕自身はどう普段に戻ったのか。

当然、やっと普段に戻った。

だとすると、「積極的な...新たな効率的な考え方や常態」なのか。????

最近、目標で「ぼくの脳力をバージョンアップさせるために、ブログのライフログ(僕の記憶装置)化で、的確に記憶を再生させること。」と書いたが、落ち着いて考えてみると、これって可笑しい。一言でいうと、記憶を頼りに脳力をバージョンアップさせることになる。そうだろうか。

ニューノーマルは、古い常識(古い記憶)を非常識とし、古い常識にとらわれることなく、新しい常識(常態)とする。つまり、古い常識は停滞するが、進化は日々更新され、記憶を保存することよりも、何かに気付くことを続けることによって、新しい常識(常態)の変化に対応すること。

スケジュール表にプロットされたタイトルは、リンクされていて、記憶装置は1日のスケジュール表で十分だ。
ただし、検索しやすいタイトルやラベルは課題だ。

だから、ブログは何かに気が付いたことを自由に書けばいい。

「やっと普段に」なのか「また普段に」なのかは、

戻った「普段」のイメージが微妙に違う。

そんなことに気付き、ブログにメモをする。
当然、やっと普段に戻った(^_-)-☆

posted by トモ兄 at 16:49| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

不動産ソリューションフェアに行ってきました

あまり人が多いところは好まない。ところが、イベントや展示会に行くと、ワクワクドキドキしてしまう。自分でもこの性格が不思議でしょうがない。

以前、ウインドートリートメント商品の広告制作をしていた頃は、新宿にあるコンランショップやリビングデザインセンターOZONE(カタログライブラリー...ここに行くとライバル関係にある全てのサンプル帳やカタログなどがある)や、約10年間、JAPANTEX(ビッグサイト)に通った。当時は他社の動向や商品知識がないと広告物制作はできないので、時間をつくり情報収集していた。

ところが、今はレイアウトデザイン制作がメーンなので、業界の動向を知るということはなく、制作するためのアプリケーションの習得に力を入れている。だから、展示会は今の興味などで見学し楽しめる。

面白かったことを書きたいと思います。

◎巨匠による手描きパース生実演中!が素晴らしかった
たまたま通りかかった。デスクに白い紙と鳥瞰した部屋のイラスト図面があった。何だろう思って覗いているときに、突然巨匠による手描きパース生実演中!が始まった。
ホントにみるみるうちに、図面を側に置いてモノクロパースを描きカラー彩色したパースができあがった。思わず拍手をしたくなったがそれは止めた。しかし、ほんとお見事だった。流石に巨匠だ。しかも、話も面白かった。

パース1.jpg パース2.jpg

繰り返しになるが、自分の興味や関心事で見てしまう。メルマガで水彩画が閉鎖されるまで購読していた。また、今はPinterestでよく見ている。水彩画はコピペし保存してある。俳句もそうだが、いずれやってみようと思っている。

◎酸化チタン?を吹き付けするサービス
(デモンストレーション)
そのブースを通りかかると、酸化チタンの光触媒には、抗菌・抗ウイルス・抗臭の効果があり、携帯などに酸化チタン?を吹き付けするサービスをしているので、試してみないかと声を掛けられた。面白そうなので、携帯に酸化チタンをコーティングして貰った。

実は、まだ紫外線でしか光触媒(分解と親水性)が起きない頃に、ブラインドに酸化チタンをコーティングした商品広告で、「セルフクリーニング」というコンセプトで制作していたことがあった。そして、光触媒作用は、可視光線でも効果が広がり使用用途も拡大し、世界に対する日本の戦略商品の位置づけとなっていた。

ところが、最近新聞に小さな記事で、ノーベル賞候補にも名前が挙がる藤嶋昭・東京理科大栄誉教授(79)とその研究チームが上海理工大で研究活動を行うと発表したことを読んだ。
え、もしたかて頭脳流出?と思ってしまった。
まだコロナを解消するまでは行っていないそうだが、近年は新型コロナウイルスの感染力を失わせる研究でも注目されているそうだ。

そんなこともあって、ついデモをしている会社の担当者と話し込んだ。現状では、病院関係にこの酸化チタン?を吹きつけする仕事をしているらしいが、展示会に出展した目的は、このサービルを拡販することだった。

◎シェアスペのレンタルスペース運営代行の説明を聴いた
最近、シェアハウスに関心があって、工事をしている卓球仲間からも話を聴いた。また近くにも女性専用のシェアハウスが建った。
そんなこともあって、社名がシェアスペなので工務店かもと思い話を聴くと、レンタルスペースを仲介する会社だった。なので、シェアハウスとは違ったが、担当女性の話が面白く、「お客様、感覚が古い古い」が面白くて、また話し込んでしまった。

やっぱり展示会は面白い。僕はその業界のターゲットではないが、一生懸命に説明してくれる。こんな機会はめったにない。

ただし、こんな時期なので1時間半の滞在時間で退館した。
せっかくなので、すぐ近くに海があるので海岸にも寄った。

クイーンズ.jpg ソリューションフェア.jpg 横浜港.jpg

それから、以外と展示会の楽しみは「戦利品」にもある。

戦利品.jpg

ドアツードアで1時間半、見学時間1時間半。結局4時間半。パンフレットやカタログを収集したのはいいが、何冊ではなく4Kgあった。ずーっと持ちっぱなしでこれで疲れてしまった。
昨日、20時就寝、今朝は4時起床。

やっぱり、展示会は面白い。
お疲れ様でした。

posted by トモ兄 at 13:18| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

そういえば、箱根極楽温泉ツアー...

今朝も散歩した。

いつものように、今日のスケジュール表に俳句読本の俳句をコピペした。その中の一句が

秋刀魚焼く煙はなぜに人恋し  

塚原 路子

分かるような気がする。

そしたら、さんま焼けたかー斉藤哲夫を聴きたくなった。

今日お昼までに、印刷入稿とデータ入稿もが終わった。
今は、見積もりを書いていて、ちょっと疲れて一休みする。

たぶん、明日は横浜。

そういえば、昨年こんなことがあった。

明日、そのまま箱根に行こうかなと思ったが、それは無理。

そういえば、箱根湯本で早雲寺の側にいい旅館があったな。
今度行くならそこだな。

新型コロナウイルス感染症が収束したら、
必ず行こう。♨でのんびりと...

たまには、極楽温泉ツアーもいいのだ(^_^;)


posted by トモ兄 at 14:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

久しぶりに聴きたくなった曲

いつものように5時起床。
6:30頃、散歩に出掛けた。

そこまでは良かったが、
My Jobの紹介です を書き始めたら、
嘘でしょう?
思い出したのか、疲れがドット出てしまった。

少しブログは控えようかな

こういうときは、久しぶりだったが
僕のフェイバリットソングを聴きたい(^。^)♪





posted by トモ兄 at 23:33| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

My Jobの紹介です

イベントの告知広告を担当させてもらっています。
昨年同様に、週刊ビル経営に掲載された全面告知広告を制作。


9月15日(水)〜16日(木)

10:00〜17:00

不動産業界新聞「週刊ビル経営」を発行する(株)ビル経営研究所による総合展示会。ビルオーナーが集う唯一のセミナー&展示会で、今年のテーマは「アフターコロナの不動産業界新潮流〜DX・非接触・デリバリー〜」です。

告知広告(概要案内).jpg


また、「賃貸住宅フェア2021in東京」と「リフォーム産業フェア2021in東京」が共同開催・同時開催されます。

「賃貸住宅フェア2021in東京」は、(株)全国賃貸住宅新聞社が企画・運営する、賃貸住宅業界最大のイベント。賃貸住宅市場で働く人が集うセミナー&展示会です。

「リフォーム産業フェア2021in東京」は、(株)リフォーム産業新聞社が企画・運営する、プロユーザー向け、国内最大規模の建築リフォームイベント。リフォームビジネスに特化したセミナー&展示会です。


9月15日(水)〜16日(木)の2日間は、

ビルオーナーや賃貸住宅市場やリフォームのビジネスに特化したセミナー&展示会で、コロナ禍を生き抜くためのヒントや最新情報を届けるイベント。しかも、パシフィコ横浜で同時開催なので、「不動産ソリューションフェア」事前登録(来場事前登録フォーム→来場登録申込)が完了すると、QRコードが発行され、登録情報およびQRコードが記載された入場証をプリントし、会場にご持参すると、「不動産ソリューションフェア」の入場証で、「賃貸住宅フェア」および「リフォーム産業フェア」の入場も可能です。

だから、

またとない様々なテーマの最新情報収集が可能で

こんなチャンスを活用しない手はないと思います。


posted by トモ兄 at 15:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

今日はのんびりと

完全に気が抜けてしまった。普段は5時ぐらいに起床し6時半に散歩したりする。ところが珍しく7時半に起床。ほんと珍しく朝寝坊をした。

レギュラーの仕事があるが、今日はのんびりしよう。

いつものように、今日のスケジュール表に俳句読本の俳句をコピペした。その中の一句で

うれしくて何か悲しや虫しぐれ
  
星野 立子

ぼ〜としながら読むと、「うれしくて」と何か「悲しや」がぶつかった。どういうこと、どんな意味?

だんだん目が覚めてきた。


鶯や餅に糞する縁の先 芭蕉

星野 立子さんは秋の気配を感じ、四季の移り変わりを喜び楽しんだ。ちょっと寂しい感じもするが虫しぐれ。

僕はかみさんの窓のすぐ側にある木で、初蝉を楽しみにしている。毎年その日をブログにアップしているが、不思議に今年はなかった?この木は朝、鳥たちの止まり木というか寄り道になっていて、セミは鳥の餌食になったのか。そんなことを想像してしまった。

そうこうするうちに、コオロギが鳴き出した。

俳句を詠む人は、秋を発見するのだろうと思ったが、僕の場合は、あぁ鳴き出したなというくらいだった。

秋は、夏と違って日本酒でしょう。ワインでしょう。

これから、生ワインを買いに行く(^_^)/□


ラベル:朝寝坊 秋の気配
posted by トモ兄 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また考え始めた(第3項のメモ)

やっと組合関係の仕事が終わったので、ブログのライフログプロジェクトとして、基本定義X.Y.Z.を書いた。

何もやる気なかったが...日常に戻るで、プロジェクトの基本定義X.Y.Zの公式には試し算もできると書いた。

そこで、試してみるとなんか変だ!

Y(手法):現状のフォーマット内容をよりタイムリーな、リサイズ(自分サイズ)すれば、Z:(活動)ブログのライフログ化ができる。

◎タイムリーな自分サイズのリサイズって、全く具体性がなく、それっていったい何?

そして、Z(活動):ブログのライフログ化ができれば、X(目的):「60歳のファイト」ブログを、僕の記憶装置にするために役立つ。

◎もしかして、ライフログと記憶装置は同じことを別の言い方にしたに過ぎないかも。

なので、タイトルにあるようにまた考え始めた。

X(目的):ぼくの脳力をバージョンアップさせるために、

Z(活動):ブログのライフログ(僕の記憶装置)化で、
     的確に記憶を再生させること、とした。

つまり、ブログのライフログ(僕の記憶装置)をつくり、的確に必要な記憶の再生できれば、僕の脳力をバージョンアップすることに役立つ。
これだったら、整合性があるかも。

問題提起、つまりテーマは、僕を取りまく環境が、コロナ禍のニューノーマルで、全てのことが変わりつつあるため、日々の仕事や暮らしで対応するためには、日々増殖する情報にも同時に対応し、記憶力を高めることと必要な情報をスピーディーに選択する必要性がある。それができないようであれば、様々なことが効率的に作動しない。一つの方法として、PCやネットのストレージを活用しない手はない。まずは、ブログをライフログ(僕の記憶装置)にできないかと考えた。おそらく、ブログを活用できれば、脳力をバージョンアップすることに役立つ。

また、人の記憶の話しで、意外だったことを思いだした。それは、記憶したことは脳に残っているらしい。しかし、なかなか思い出せないのは、その記憶を辿るための検索方法に問題があるらしい。

この推測は示唆に富んでいる。仮に僕のブログがライフログ(僕の記憶装置)になったとしても、検索方法に問題があると、結局は役に立たない可能性が高くなる。
つまり、次ぎに考える、Y(手法、手段)も重要になる。

だから、ぼくのポンコツな脳をバージョンアップさせるためにも、検索方法は、タイトルやラベルの質を考えることが、自分自身の記憶にもブログのライフログ(僕の記憶装置)にも必要だ。

このブログのライフログプロジェクトで、基本定義X.Y.Z.は、実は第3項目になる。

Y(手法)はそんなに簡単にでないが、これら実際に試す。

X(目的):ぼくの脳力をバージョンアップさせるために、
Y(手法):効率的な検索方法をつくることによって、
Z(活動):ブログのライフログ(僕の記憶装置)化で、
      的確に記憶を再生させること。
とした。

続きを読む
posted by トモ兄 at 01:43| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

昨日は20時頃就寝(-_-)zzZ

とりあえず僕の担当している仕事が終わった。
昨日は新聞下版の最終の締め切り日だが、まだ不確定な案件があるらしく、そのための待ちの態勢だった。

その待ちの空き時間に、マンション管理組合の理事長としての仕事をした。現状で3つの緊急工事があって、その見積もりや注文書を確認し提出する。その額は小規模工事(小額)なので管理組合で判断できる。ところが、このコロナ禍では、打ち合わせがままならず、他の理事には文章やメールで確認を取るらしく、実質は管理会社と管理組合理事長とのやり取りで決まり、管理会社との管理委託契約や、注文書などの書類に理事長印を押印する。何度も書くが、これまで理事長も経験したがこんなに忙しくなかった。また、管理会社のネットに登録し、管理組合に関連するメールが届く。これもまた面倒で、その内容は当管理組合専用ではなく、一般的な管理内容であって若干の違いがあったりする。すでに何回か担当者に電話連絡をした。
これもまた、コロナ禍のニューノーマルだろうか。

全てのことが、変わりつつある。

先週1週間は特別な忙しさだった。他のことをほとんど覚えていない。ニューノーマルとはほど遠い以前の問題で、記憶が飛んでいることは本当に不味いので、このブログをライフログにする必要性を感じた。

現状でも、講座の受講や、好きな卓球も再開し、映画鑑賞や美術館にも足を運ぶ予定だ。そんな楽しいことばかりでなく、忘れてはならない、税金など様々な支払いもある。

これから時間ができるので、

「60歳のファイト」ブログを、僕の記憶装置にするために、

現状のフォーマット内容をよりタイムリーな、
リサイズ(自分サイズ)することによって、

ブログのライフログ化を進めること。

昨日は20時頃就寝(-_-)zzZ
今朝は4時起床。たっぷり時間があったので、
僕のポンコツな頭の中のOSのバージョンアップについて、
もしかすると、
このブログを活用することはできないかと考えた。

やっぱりポンコツ
頭がショート起こし頭が痛くなった。

(-_-メ)トホホ(メ-_-)

これから、朝シャン


posted by トモ兄 at 12:03| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

何とか乗り越えたかだ...何とかなる

9月の10日までに、小さなデザインから、チラシや新聞全面のレイアウトデザイン大小含めて、約40本制作できた。

以前、企画しながらデザイン制作している頃では考えられない。たとえば、1本の制作物で、企画・制作・撮影・納品まで約10カ月間を掛けた。それから、その内容をベースに様々なツールをつくる。その年は1年間で10本も制作していない。

ところが、現状の仕事は約10日間で約40本。レイアウトデザインだけだが、様々な問題を解決しギリギリセーフで何とかなった。間違いなく今年最大の忙しさで、これからまた通常に戻りヘボコーチも再開できる。とりあえずホットしている。

クライアントの担当者は取材し記事を書き、その上で広告担当を兼ねていて、僕とは較べようもないほどの、忙しさであることは容易に想像でる。だから、僕なりにできる限りの対応をさせてもらった。

ライフログになるが、この中でカロリーがもっとも高い仕事で、その仕事が始まる前に準備した。約40のファイルボックスを用意して、現状で分かっているテキストと画像を半日掛けて情報収集、整理整頓した。まだ仕事が動いていなかったのでできたともいえるが、この情報を元に、無駄承知で先にデザインを制作。ラッキーだったが、概ねそのデザインで進行し、それに様々な追加修正が加わった。結果論だが、準備してて良かったといよりも、助かったが実感だった。

0908.jpg

また、0908のスケジュール表を見ると、制作時間のみで12時間。そんなスケジュールが1週間も続いた。しかし、来週からは嘘みたいに、のんびりとなる。

そんな中、マンション管理組合の仕事で、管理会社との管理委託契約や緊急工事等の見積もりの確認と注文書を提出する。当然だが、管理組合からその工事料金が支払われる。
これから、登録番号シールを発行するために準備する。
おそらく、こんなことが1年間続く。

昨日、

結局は、自分自身で自分自身のポンコツなOSをアップデートしなければならない...この現実に対応できない。
と、いったものの
実際にはどうすればいいのだろう。

もしかすると、贅沢な悩みかもしれない。

おそらく臨機応変にやるしかない。何とかなる。何とかなる。

そして最後に、ファイト!(^^)!




posted by トモ兄 at 12:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

今日を何とか乗り切ろう_2

思ったように忙しくなって、何とか乗り切った。
いつもの印刷入稿は金曜日だが、まだ不確定なことがあるらしく、土曜は待機ということになった。こういうことは年に2回ぐらいあり、しょうがない。

また、明日は管理組合理事長の仕事が溜まっていて、見積りや注文書を確認し、決済等も行う。これまでには感じなかったが、かなり事務処理能力とリテラシーが必要になってくる。

ひとこと、あ〜ぁ しんど^_^;
ため息がでる。

暮らし方や仕事のやり方など、昔の常識は非常識となり、新たな常識が標準になるのか。ニューノーマルを簡単にいうけれど、結局は、自分自身で自分自身のポンコツなOSをアップデートしなければならない...。この話はこの辺で止めよう、疲れてしまう。

こんな時期に、講座を受講したり映画も見ている。

一昨日、「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」を見たが、途中で寝てしまった。面白いのか面白くないのか全く分からない。これから、最初から見てみる。

ここ2〜3日は、だいぶしんどかったが、それはそれとして、楽しまnight。
ストレスコントロールできないと、不味い^_^;

posted by トモ兄 at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする