2021年09月06日

何もやる気なかったが...日常に戻る

二日間、意図的に気を緩めると、ほとんど何もやる気がなくなった。しかし、思い出したことがあった。それは、マンション管理組合理事長の仕事で、資源ゴミを計量した書類が届き、その書類を元に書類を作成し、区役所に提出する。

そうしないと、資源ゴミ回収業者やマンション管理組合にも資源ゴミとしての入金処理が行われない。だから、僕の個人的なやる気の問題ではないので、書類を書き郵送した。ついでに、昨日と違った公園を散歩した。

何もやる気しなかったが、ブログを読むと可笑しなところがあったので修正。また、「新型コロナ対策に専念」と「管首相 退陣へ」がしっくりこないと思い考えた。

以前に教わった、プロジェクトを基本定義(XYZの公式)にあてはめて考えてみた。

X.Y.Zの公式とは、
X(目的〜するために)
Y(手法、手段〜することによって)
Z(活動〜を行う)
のことで、公式であるから試し算もできる。

まずは、Xすることは、Yすることは、Xすることは、いいことだという大前提(世界観)がある。

また、目標とは、X(目的〜するために)とZ(活動〜を行う)をつなげると意味付けできる。

そこで、YすればZができる。
ZができればXに役立つ。つまり、目的が達成や獲得できることになるが、その試し算ができれば(整合性があれば)、そのX.Y.Zの公式は正しいということになる。

この基本定義(XYZの公式)で、プロジェクトを言葉で見える化でき確認することになる。

たとえば、管首相の達成したいプロジェクトを、総理大臣になったときの最大目標であった、新型コロナウイルス対策(拡大を阻止すること)だったとすると、

X(目的)は、新型コロナウイルスの拡大を阻止するために

Y(手法、手段)は、総裁選挙の出馬を
          断念させることによって、

Z(活動)は、残された約1カ月間で、
       総理大臣全てのエネルギーを集中させ専念し、
       問題解決を行う(意図的な活動)。

こんな、プロジェクトの基本定義をつくってみた。
政治活動には全く疎いが、ある意味で管首相のいいたいことは分かる。ある種の整合性は理解できる。それは、これまでになかったほどの、未体験な問題が世界で同時多発。だから、総理大臣になった当初の最大の目標であった、新型コロナウイルスの拡大阻止に、総裁選出馬の断念を決断することによって、問題解決するために専念したかった。つまり、総理大臣の心境の吐露だった。だから、その意味合いおいては、整合性がある。

しかし、新型コロナウイルスの拡大阻止問題を解決する、具体的な対策としての整合性はない。ここに最大の問題があるように感じた。

人の欠点や間違い探しは、噂話と同様に蜜の味なのだ。

しかし、当たり前だがそんなことに味を占めるために、プロジェクトの基本定義(XYZの公式)を教わったわけではない。

これまで、学校や会社などでは、目的がもっとも重要だと教わってきた思う。ところが、もっとも重要なのは活動だ。

なぜならば、目的を一言でいえば『頭の中の出来事』だ。つまり、実際には何も達成や獲得もない。
だから、現実につくり上げるためには、『意図的な活動』がもっと重要である。という教えだ。

しかし、分かっていても、それがなかなかできない。
結局、悲しいかな『分かっていない』ことに等しい。

さて、今日からおそらく1年間でもっとも忙しい1週間になる
予定^_^;だ。

実は何もやる気ないと書いたが、オリンピックやパラリンピックをテレビ観戦し応援した。普段テレビをあまり見ない。だから、これまでと違った疲れ方をした。こんな疲れ方は、もう2度とないと思う。つまり、東京2020オリンピック・パラリンピックで、幸せな1カ月間だったともいえる。

昨日、20時就寝、今朝は3時起床。
気合いを入れ直すために、朝から余計なことを書いた。

5時頃 完全に目が覚めた。
さて、いつもの日常に戻る。まずは朝の散歩から(^_^)

posted by トモ兄 at 06:22| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする