2020年07月17日

久しぶりに、ラジオ深夜便を聴いた

 昨日は眠くて22時に就寝。3時半頃に起きた。メールチェックをすると、1時半頃に原稿入稿があり、すぐに原稿を組版しレイアウトにも手を加えた。

 それから、ラジオ深夜便を聴く。
 タイトルは、
 明日へのことば「数学で脳の秘密を解き明かす」
 理化学研究所栄誉研究員…甘利俊一

 なんだか難しそうだが、数学的な難しい話は避けているようでラッキーだった。内容は、様々な現象の法則を発見し数式で表すことによって、再現性を確認できたり、現象をより深く理解できるようになるそうだ。
 また、AIについてこれまでの歴史とこれからの未来。そして、人とAIとの関係についての話もあった。

 コンピュータ(AI)の計算と記録の機能と統計的な
判断はどんどんスペックが向上するが、人とAIとは共存できるのか。そんな疑問に、とてもシンプルな回答があった。

 それは、なぜ人類が他の動物と違った進化を遂げ、また生き残ったかを考えると、そこにヒントがあるそうだ。人類が誕生した頃の厳しい地球環境の中で生存するためには、ある能力が生まれた。心ともいっていいそうだが、具体的には、好奇心と向上心だった。
 
 コンピュータ(AI)の特徴であるスペックの向上は日進月歩であるが、人の心に当たる部分(好奇心と向上心)はない。
 つまり、「なぜ」がない。
 だから、人とコンピュータ(AI)は生きる世界を分担でき、共存でき生き残ることができるそうだ。なるほどと思った。

 大袈裟な話になったが、人には「なぜ」の感覚がないと、それこそ、コンピュータ(AI)に仕事を奪われたり使われたり。また人ごとのようにいうが、これから( -_-)大変だ(-_-;)

 ファイト⊂^□^⊃!

 p.s.
 人と新型コロナウイルスについても、同様なことがいえるそうだ。 


 
posted by トモ兄 at 21:40| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。