2021年02月24日

印刷入稿までブログを書く

 2月24日水曜日、朝刊読売新聞1面に
「若者の孤立」対策強化 コロナ禍 自殺防止「最重要」
 政府大綱改定案の大見出しがあった。

 読んでいると、「ヤングケアラー」という言葉があった。

 「ヤングケアラー」って何?

 介護が必要な家族の世話や家事を行い、それによって学校生活に影響が出ている若者を「ヤングケアラー」といい、今回の改革案では必要性を強調するらしい。

 記事内容の順番は前後するが、文部科学省によると、昨年1年間に自殺した小中高校生は479人で、前年よりも140人増え過去最高だった。
 自殺の原因は、「学業不振」や「その他進路に関する悩み」、「親子関係の不和」だそうだ。

 なぜかこの記事に反応してしまったのか。1面だったからではない。おそらく、もっと反応するのは「中高年や高齢者の孤立」で、年齢的にも環境的にも、より具体的に理解できるからだ。
 なのでついでというか、ネットで調べてみた。
 
 中高年男性の社会的孤立について
 格差社会の中高年男性クライシス
 ニッセイ基礎研究所
 土堤内 昭雄
  
 高齢者社会的孤立問題の分析視座
 立命館大学大学院
 小 辻 寿 規

 みんなの介護
 最新調査で判明した「孤独死」の実態!
 孤独死は若年化している⁉40・50代でも孤立の危険が…


 話は元に戻し、なぜ「ヤングケアラー」に反応したのか。

 それは昨夜のテレビ番、フジテレビ『青のSP(スクールポリス)』で、ドラマのテーマとは別に、「ヤングケアラー」の問題が描かれていた。正に中学生(若者)による介護問題や貧困問題で、生徒に悲運が襲う。

 このドラマの舞台である赤嶺中学校では、まぁ1週間置きに次から次へと問題が起こるもんだと関心してしまった。それは冗談だが、「ヤングケアラー」が、僕にとって、今日の新聞と昨日のテレビドラマでリンクし、とてもタイムリーな問題になってしまった。また、現実の問題と捉えると、加えてコロナ禍も重なる。

 時代は違うが僕にもどん底があった。そんなとき、三木清著『人生論ノート』や小林秀雄著『考へるヒント』を真っ暗な中で読んだ。内容はすっかり忘れてしまったが、なんとかなった。本はなかなか即効力は難しいが、いずれ役に立つことがある。

 僕の場合は、かなり図々しく兄や姉、また友人に頼ったが、それもできない人は、今は本よりもSNSの活用なんだろうな。もしくは何か発信してもいいと思う。見てよ、このブログのタイトルは『ファイト』だよ。若者も高齢者もほんと大変な時代だ。前々から書いているが「サバイバルすべし」なのだ。

 とにかく、ここ一番は図々しく生きてもらいたいものだ。
 ねばると、何とかなることもある。


posted by トモ兄 at 13:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。